信州白馬「栂池自然園」は驚きの色彩美!白・赤・緑の三段紅葉を堪能


2017.09.20

LINEトラベルjp 旅行ガイド

北アルプス連峰がより大きく感じられる中部山岳国立公園の栂池自然園は、標高1900m、オオシラビソの原生林に囲まれた高層湿原です。約100haの園内に5.5Kmの遊歩道が整備され、一周約3時間半で季節ごとに移りゆく大自然の営みを気軽に観察できます。9月に入ると周囲の山々から紅葉が下りてきて9月末には園内が秋色に染まります。色とりどりの絵具をまき散らしたような秋の色彩美を撮りに出かけてみませんか。
天空への旅は非日常の醍醐味「栂池パノラマウェイ」
標高839mの栂池高原駅で栂池パノラマウェイ往復乗車券+入園券(大人3600円)を購入します。ゴンドラとロープウェイをあわせて、全長5320mの「栂池パノラマウェイ」を使っていざ天空へ出発します。
ゴンドラ近辺の紅葉は10月下旬ですが、緑の色すら次々に変わり、目にも鮮やかに楽しませてくれます。まさに動く展望台で、上空へ向かうにつれて、気分までスッキリしてきます。栂池ゴンドラリフト「イヴ」は6人乗りで20分の空中散歩の後、標高1582mの栂の森駅に到着します。ちょうど26号柱からは北アルプスや山麓の絶景がみれますのでゴンドラ支柱の番号に要注目です。
栂の森駅から栂の森遊歩道を250m下ると栂大門駅で71人乗りのロープウェイが待っていてくれます。乗車時間5分で標高1829mの自然園駅に到着です。ロープウェー乗車間の紅葉は10月中旬に見頃を迎えます。
「ミズバショウ湿原」から一周5.5kmの遊歩道で4つの湿原をわたり歩く
自然園駅から400mの舗装された坂道を、山麓にかかる雲海を振り向き振り向き楽しみながら上っていきます。「栂池ヒュッテ」や「栂池山荘」の前を過ぎ、ビジターセンターからは大きなリュックを担いだ登山者が、白馬大池方面へと分かれていきますよ。
赤い屋根がひと際映える「栂池ヒュッテ記念館」の前からがいよいよ大小さまざまな湿原が点在する中部山岳国立公園「栂池自然園」の始まりです。遊歩道が整備されていて、下界とは異なる季節感を気軽に楽しめるのも人気の秘密です。
栂池ヒュッテ記念館は、栂池登山のベースキャンプとして70年以上にわたり愛されてきた旧栂池ヒュッテ。登山用具などの展示館となっています。写真はミズバショウ湿原より「栂池ヒュッテ記念館」を望んだものですが赤い屋根が印象的です。(入館無料)
白馬乗鞍岳の火山活動に伴ってできた階段状の断層にある平坦面の窪みに池ができ、ミズゴケやワタスゲなどの植物が自生しました。冷涼な地域ではこうした植物が枯れても腐ることなく泥炭化して長い年月をかけて堆積して生まれたのが栂池自然園の湿原です。
最初に出迎えてくれるのが、標高1860mにある「ミズバショウ湿原」。名のごとくメーンステージは6月末から7月上旬にかけてのミズバショウの群生が見られる時期ですが、この時期は黄金色に染まる草紅葉の上に黄葉と白い幹のダケカンバ等が鮮やかに紅葉する木々と北アルプス(写真正面が小蓮華山)が望めます。(紅葉本番は10月上旬)
色とりどりの絵の具をまき散らした「ワタスゲ湿原」と「浮島湿原」
岩の間の残雪が冷たい風を吹き出す天然クーラー(この日は9℃でした)の風穴を過ぎたあたりから標高1870mにある「ワタスゲ湿原」に出ます。7月中旬から8月上旬にかけては、ニッコウキスゲの黄色い花とワタスゲの白い花穂が日光とそよ風に吹かれてキラキラ輝く場所です。が、この時期は丁度、ウラジロナナカマドが目の覚めるような真っ赤に染まり、落葉したダケカンバの白い幹とネマガリダケの緑が見事なコントラストを見せ、一押し撮影スポットです。
ワタスゲ湿原をあとにして清流・楠川を渡ったあたりから急な上り坂になりますが、急に開けたところからが標高1920mの「浮島湿原」です。大きく開けた湿原中央に小さな池があり、その中に丸い浮島が頭を出している様子が由来で、高層湿原の象徴的な湿原風景が広がります。静寂に包まれた池糖に映る白馬岳の姿は園内随一の撮影スポットになっています。チングルマやクロマメノキの草紅葉が広がり、斜面には緑から黄色へと色付き始めたダケカンバ、さらに上には針葉樹のオオシラビソが緑を添えています。
ワタスゲ湿原と浮島湿原は、絵具箱をひっくり返したような印象的な景色が広がります。
清らかな冷たい北アルプスの湧水である「銀命水」を過ぎると、食中植物のモウセンゴケが群生する小さな池「モウセン池」があります。木のベンチがあって休憩にはおすすめの場所です。スタート地点の栂池ヒュッテからここまで約1時間半、距離にして約2.5Km、高低差140mを登ってきました。
「展望湿原」で間近に迫る「白馬大雪渓」と三段紅葉に感動!
モウセン池で一休みしたあとは、20分ほどで自然園の奥に位置する標高2010mの「展望湿原」に到着します。間近にせまる白馬三山の雄姿と白馬大雪渓の展望が楽しめる絶景スポットです。白馬大雪渓は標高1570mの所から全長約3.5km、標高差600mというスケールの大きさで日本三大雪渓のひとつに数えらえています。
白馬大雪渓のある中央の山が杓子岳で、右手の稜線つたいに白馬岳、左手奥に白馬鑓ヶ岳が望めます。大雪渓の白、オオシラビソの緑、ウラジロナナカマドの赤が織り成す三段紅葉に大感動です。
標高2020m自然園内最高地点、ヤセ尾根のピークには展望台があり、ここからも白馬三山や白馬大雪渓を間近に望むことができる絶景スポットです。
ヤセ尾根を下っていく急な階段の途中にサラサドウダンの燃えるような紅葉がすばらしく、右手眼下に広がる広葉樹林の紅葉の中に雁股池や栂池の眺望も素敵です。標高差での紅葉の移り変わりを楽しみながら戻っていきます。
日本唯一の天然水素温泉・白馬八方温泉「樅の木ホテル 庄兵衛の湯」
疲れた身体を癒してくれるのは温泉です。白馬八方温泉の源泉は、白馬鑓ヶ岳直下の蛇紋岩層から湧き出ている温泉で、岩層を通りぬけたことによる粒子のこまやかさに特徴があります。また水素イオン濃度(ph)は11.3と全国一の強アルカリ度を示し、美肌効果の高い「美人の湯」としても有名です。
薬効豊かな八方の源泉を引いているのが、白馬八方和田の森に建つ、「樅の木ホテル」です。館内は石と木が調和した落ち着いた雰囲気で、リゾ-トホテルならではのゆとりある空間を演出しています。
温泉への情熱を傾けた14代庄兵衛に因んだ「庄兵衛の湯」でゆったりと湯浴みを楽しみます。サウナもある大浴場と露天風呂には無色透明な湯が注がれ、強アルカリ性の湯は肌にやさしく、さらりとした肌触りが気持ちいい。
しばらく浸かっているうちに、角質がとれてツルツルすべすべに、また入浴後は湯冷めもしにくく温浴効果も上がるといいます。そのほかハイキングの疲労回復にはもってこいなのです。 

read-more
白馬樅の木ホテル
place
長野県北安曇郡白馬村北城4683-2
phone
0261725001

この記事を含むまとめ記事はこちら