100万本のコスモスが咲き誇る!和歌山「鷲ヶ峰コスモスパーク」


2017.09.18

トラベルjp 旅行ガイド

和歌山県「有田川町」にある「鷲ヶ峰コスモスパーク」は、秋になると毎年約100万本のコスモスが咲き乱れる県下最大のコスモスの名所です。また標高約586mの鷲ヶ峰からは、天気のいい日には遠く紀伊水道や淡路島、四国まで見渡せ、コスモスとの大パノラマの競演が楽しめます。一面に咲き誇るコスモスと心地良いそよ風を感じに鷲ヶ峰コスモスパークに行って見ませんか?
鷲ヶ峰コスモスパークへのアクセス
「鷲ヶ峰コスモスパーク」へのアクセスは、阪和自動車道の有田ICを降りて北へ進み、田殿大橋を渡って信号を左折、国道480号から北部農免道路を経て、車で約30分ほどです。途中の山間部では離合困難な場所もありますので、運転には十分注意して下さい。ほかに手前の下津ICから行くルートもありますが、こちらはほとんどが約1車線の狭路なのでおすすめできません。
なおコスモス開花シーズンの週末は、見物客でかなりの渋滞が発生しますので、できれば早朝に行くか、夕日のきれいな夕方に訪れることをおすすめします。
鷲ヶ峰コスモスパークのコスモスの開花時期は、毎年9月下旬から10月初旬です。開花状況は気候や台風の襲来によっても左右されますので関連MEMOでご確認下さい。ちなみに2017年度は若干遅れ気味です。
山頂には鷲をかたどった「コスモスと風の館」があります。毎年9月から10月は概ね開館していますが、天候等により臨時休館の場合もあります。開館日は関連MEMOをご確認下さい。なおコスモスと風の館は、休憩所と自動販売機とトイレがあるだけで食事施設はありませんので、コスモスを見ながら食事を考えている方は途中の紀の川SAなどで購入しましょう。
鷲ヶ峰コスモスパークとは
鷲ヶ峰コスモスパークからは、くねくねと蛇行する有田川と湯浅湾の絶景が楽しめます。視界のいい日には遠く淡路島から四国まで望むことのできる眺望絶佳の地です。
鷲ヶ峰コスモスパークのコスモスは約100万本といわれ、和歌山県では最大のコスモスの名所です。山頂は風が強いため、かつては風力発電の風車が1基立っていました。この風車は2000年から14年間に渡って稼動してきましたが、2014年に老朽化による故障のために撤去されました。長らくコスモスパークのシンボルとして親しまれてきただけに残念です。
このコスモスパークは夕日と夜景の名所でもあります。ロマンチックな夕日と有田市の夜景を楽しむのもおすすめです。
コスモスパークからの眺望を楽しもう
このコスモスパークから俯瞰する光景は、いつまで見ていても飽きないほどの素晴らしさです。湯浅湾に浮かぶ鯨のような形の2つの島は、「鷹島」と「黒島」です。ともに神秘的な島で、鷹島に縄文遺跡があったり、黒島には「湯浅湾の緑の洞窟」と呼ばれる光る洞窟があったりします。どちらもシーカヤックなどでアプローチ可能です。詳しくは関連MEMOをご覧下さい。
眺望としては大蛇のごとく蛇行する有田川の景観も見逃せません。有田川は源を高野山に発し、有田川町のほぼ中央部を流れ、有田市で紀伊水道に注ぐ延長94kmの二級河川です。手前の2本の橋は阪和自動車道のもので、奥に架かる橋はJR西日本の在来線で最長の紀勢本線の有田川橋梁(912m)です。撮り鉄の方にはおなじみの橋でもあります。 

read-more
鷲ヶ峰コスモスパーク
place
和歌山県有田郡有田川町長谷244-2
phone
0737528562
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら