群馬・こんにゃくパークが楽しい!無料の食べ放題と工場見学を満喫


2017.09.15

LINEトラベルjp 旅行ガイド

群馬県甘楽町にある「こんにゃくパーク」では、こんにゃくをアレンジした様々な料理の食べ放題を無料で実施。他にも、こんにゃく作り体験や工場見学、足湯、こんにゃくのお土産や新鮮な農産物の販売と楽しみ方が盛りだくさん。今回はそんな魅力いっぱいのこんにゃくパークをご紹介!
こんにゃくパークへ行こう!
こんにゃくの生産量で日本のシェア90%を超える群馬県。そんな群馬県ならではの施設として生まれたのが「こんにゃくパーク」です。
最寄りの駅からは離れているので、車で行くのが一般的。上信越自動車道富岡インターから約10分、世界遺産「富岡製糸場」からは約15分ほどの距離にあります。
工場見学も食べ放題も予約の必要はありません。入口で受付だけ済ませてから入場しましょう。
休日は行列必至のこんにゃく食べ放題!一時間待ちも覚悟
お土産売り場の奥にある、こんにゃくバイキングの会場。無料で誰でも楽しめるため、休日のお昼時は1~2時間待ちの長い行列が出来たりします。しかも、整理券などはないため、列を離れることもできません(代表者だけが並んでもOK)。行列を避けたいなら夕方か、平日に行くことをおすすめします。
こんにゃくのアレンジ料理は約20種類ほど。定番の味噌田楽や煮物などはもちろん、カレーやうどん、焼きそば、らーめん、レバ刺し、ゼリーなど「こんなものまでこんにゃくなの!?」と驚きの料理が棚に並びます。
お皿を持ち、こんにゃく料理を順番に取っていきます。お皿一枚に全種類は乗らないので、食事系とゼリー系に分けて、2つのお皿を利用するのがおすすめです。
こんにゃくで作った料理はどれも美味しくとってもヘルシー。いろんな種類を食べ比べして楽しみましょう。
こんにゃくをアレンジした面白いお土産が盛りだくさん
とても広いお土産売り場。こんにゃくをアレンジしたお菓子や食材、加工品が豊富に並んでいます。食べ放題で試食した商品も、こちらで購入することが可能です。
こんにゃくハンバーグやこんにゃくそば、こんにゃくアイス、こんにゃくパン、こんにゃくカステラなど食べてみないと味が想像できないような商品もたくさんあります。見ているだけでもワクワクするような楽しいお土産がいっぱいです。
こんにゃくやゼリーの詰め放題も実施。ビニール袋を破れない寸前まで広げてからゼリーを縦詰めしていくのがポイントです。ビニール袋の上は縛らなくてもOK。何個詰められるか友達同士で競い合ってみるのも楽しいですよ。
こんにゃくのすべてを学べる工場見学
施設の2階から見下ろすように工場見学を行います。カラフルな通路の途中に、パネルや映像が設置されていて、こんにゃくについての製造工程や歴史、雑学なども学ぶことができます。
楽しみ方いろいろ!こんにゃくバイキングに並ばずに入れる優待券も
こちらは小さい子供が喜ぶ体験キッチンコーナー。完全予約制で前日までに電話で予約をする必要する必要があります。小学校1年生以上が対象です。体験を利用した人には、こんにゃくバイキングに並ばずに入れる優待券がもらえます。もちろん、同伴者も一緒に入場可能です。
内容は3コース。
<Aコース>
手作りこんにゃくゼリーフルーツ体験コース 
料金:大人800円、子供400円 
所要時間:30分
<Bコース>
こんにゃくカラーマジック体験コース
料金:大人500円、子供250円
所要時間:30分
<Cコース>
手作りこんにゃく体験コース
料金:大人1,000円、子供500円
所要時間:60分
※予約の電話番号や詳細は記事一番下にある<MEMO欄>のこんにゃくパークHPを参照してください。
敷地内中央に、バリエーション豊かな5つの足湯があり、こちらも無料で楽しめます。お湯は甘楽町の名水百選・雄川堰の地下水を汲み上げたもの。敷地内の工場から出る蒸気でお湯を沸かし、循環器で綺麗に浄化しています。足を拭くためのタオルを忘れずに持参しましょう。
工場見学や食べ放題のある施設とは別に、群馬県や近隣の農産物を販売する広い建物があります。朝採りの新鮮な野菜や旬の果物が豊富に並び、大袋に入った商品などは格安で販売。複数人でシェアできればかなりお得な買い物になるはずです。 

read-more
こんにゃくパーク
rating

4.0

288件の口コミ
place
群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
phone
0274604100
opening-hour
[平日]9:00-16:30(最終受付16:…

この記事を含むまとめ記事はこちら