SNS映え抜群!「上富良野トリックアート美術館」でオモシロ写真を


2017.09.01

LINEトラベルjp 旅行ガイド

ラベンダー畑で有名な北海道の富良野。県道237号からは美しい田園風景が見渡せるのですが、そんな風景の中でも一際目立つ観覧車があるのが「深山峠アートパーク」。そしてこのパーク内には、富良野へ行ったらぜひ足を運んでほしい「上富良野トリックアート美術館」があります。SNS映えするオモシロ写真をぜひ撮って観ましょう!
子供から大人まで楽しめる、深山峠にあるアートパークの代表的な施設
北海道の富良野・美瑛を南北に走る国道237号は色鮮やかなお花畑が立ち並び、通称「花人街道」と呼ばれる北海道を代表する美しい観光道路となっています。
そんな237号で遠くからもひと際目立つ観覧車があるのが「深山峠アートパーク」。このアートパークには、物産館、観覧車など、遊び心がぎっしり詰まった施設がありますが、代表する施設が、大きなグレーの建物の体験型ミュージアム「トリックアート美術館」です。
遠くから見ると、沢山の窓がある大きなヨーロッパ風の建物に石像が経っているように見えますが、実はこれももうトリックアート!近くで見ると石像や窓はなく、絵が書いてあるだけなんです。
SNS映え写真を撮ってみよう!
トリックアートとは、目の錯覚を利用して遊ぶ、不思議で楽しいアート作品です。広い館内には、絵が飛び出して立体的に見える絵画や、見る場所によって絵の見え方が変わる不思議な作品が沢山展示してあります。館内の作品は自由に撮影したり触ることもできるので、SNSで目立つような面白い写真を撮ってみましょう。
こちらの作品は、壁から車が飛び出した壁画。子供でも力一杯押したら押し戻せるかも?
こちらは、水槽からイルカが飛び出てきた、幻想的な作品。イルカとキスしているような幸せな気分になれます。
作品は壁に限らず、天井や床と、色々なところにあります。足元の井戸からは大きな巨人の手が!!!みんなで力を合わせて巨人を引き上げてみましょう!
国内最大級のトリックアート作品も!
でっかいど~~にある美術館の作品は、やっぱりでっかい!!展示室の先にある中央のアクションスペースの天井画「天と地」は、なんと畳100畳ぶんの大きさ!国内最大級のトリックアート作品です。
4隅の白い柱を見ながら部屋を移動していくと、だんだん柱が伸びて長くなったり、見る角度によって男女の位置が上下逆の位置に入れ替わったりします。
館内ガイドによる作品の説明も聞ける!
館内の1番奥のイベントスペースでは、1日に十数回、館内ガイドによる作品説明を行なっています。部屋の照明を消して、光る天井画を見ながらの解説をしてくれます。
解説を聞かないと気がつかないようなトリックを丁寧に教えてもらえます。入館前にガイドの時間を確認してみましょう。
遊び心がぎっしり詰まった複合施設「深山峠アートパーク」
トリックアート美術館を満喫した後は、「深山峠アートパーク」の他の施設もゆっくり楽しみましょう。
美術館の隣にある物産館には、アート体験コーナーがあります。グラスの表面に傷をつけて模様を描くエッジングの作品や、押し花ガラスコースター、スノーボール作りなどが楽しめます。子供の夏休みの工作にもピッタリですね。
物産館内の深山アイス工房では、ハスカップ、かぼちゃ、ラベンダー、蕎麦の実など、ここでしか味わえない北海道産のフレッシュな素材を使用したオリジナルフレーバーのジェラードが販売されています。
物産館の屋外テラスには、バーベキューテーブルがあります。食材の持ち込みも可能ですが、手ぶらでも楽しめるように、ジンギスカンや野菜も1回用のパックで購入することができ、お値段もリーズナブル。目の前に十勝岳が広がる北海道らしい大自然の絶景を楽しみながら、開放的なオープンテラスでBBQを楽しみましょう。
「深山峠アートパーク」のシンボルともなっている大きな観覧車「十勝岳アートビュー」から雄大な上富良野の風景を楽しむこともどうぞ忘れずに。観覧車の中にはオルゴールも置いてあるので、オルゴールの音を聞きながら広く美しい大自然を上から眺め、絵本の世界にとびこんだような優雅な11分間を楽しみましょう。 

read-more
トリックアート美術館
place
北海道空知郡上富良野町西8線北33号深山峠
phone
0167453788
opening-hour
5月-10月 9:00-18:0011月-4月 …
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら