神奈川の隠れ家温泉ならココ!足柄の森に佇む「おんり~ゆ~」


2017.08.09

LINEトラベルjp 旅行ガイド

都心から車で1時間程度。電車と無料送迎車でのアクセスも可。南足柄の森の中にお洒落な温泉リゾートがあります!
ぬる湯の露天風呂はのんびりと心を解き放ち、木漏れ日のハンモックが忙しない日常を忘れさせてくれます。「モダン湯治スタイル美肌の湯 あしがらの温泉おんり~ゆ~」で贅沢な休日はいかがですか。
大人の贅沢な休日におすすめ!足柄の温泉「おんり~ゆ~」
神奈川県の森の中に隠れ家のような素敵な温泉があると聞けば、「箱根」のどこかしらと思う人も多いかもしれません。でも実はここは南足柄。箱根まで足をのばさなくても、「モダン湯治スタイル美肌の湯 あしがらの温泉おんり~ゆ~」でリゾート気分を味わえるのです。
大人が休日を過ごすのにぴったりで、まだ知らない人がいたら教えてあげたくなる、「おんり~ゆ~」はそんな温泉です。
「おんり~ゆ~」の日帰り温泉は手ぶらでOKです。入館料にフェイスタオル、バスタオル、館内着のレンタルが含まれていますので、受付をしたらまず番台で、タオル類の入ったバッグを受け取ってください。
館内のカフェやレストランも館内着での利用が可能。浴室脱衣所のロッカーには館内用スリッパも用意されていて、リラックスして過ごすことができます。
木漏れ日の露天風呂はゆっくり入りたい!
筆者が「おんり~ゆ~」で一番お勧めしたいのが露天風呂です。広々とした岩風呂が二つ並んでいますが、柵も塀も無く目の前が緑の森。この洒落た雰囲気には、ロケーションにうるさい女子も大満足間違いなし!
さらにこちらのお風呂は見た目だけじゃありません。片方のお風呂は38度という「ぬるゆ」。体温より少しだけ温かいこの温泉に入れば、ゆっくりと長湯できるうえ、副交感神経が高まりリラックス効果が倍増。まさにお疲れの心にも体にも効くお風呂です。
季節や天候によりもっと温まりたいという場合は、42度のお風呂もありますのでどうぞご心配なく。
「おんり~ゆ~」で使用している温泉は自家源泉の単純硫黄泉。地下1,500メートルから汲み上げたpH9.5のアルカリ性のお湯は、美肌に効果があるとされています。
「おんり~ゆ~」でヘルシーな食事を
「おんり~ゆ~」には食事ができる場所が三ヵ所あります。まず湯上りにお勧めしたいのが「森カフェ」。浴室から一番近いので最初に目に入るかもしれません。
森林浴をしながら読書をしたり、ハンモックでうたた寝したり、そんな緩やかな時間が楽しめます。オリジナルドリンクを片手に森の風を感じてください。
食事をするなら「レストラン悠瑠璃」か「カフェラウンジ守破離」へどうぞ。写真は「レストラン悠瑠璃」。ひときわ目を引くのは天井から下がるユニークな照明で、日本在住のオランダ人工芸家・ロギール・アウテンボーガルト氏の作品。蔓で骨組みを作り、手すき和紙で笠を張ってあります。
「レストラン悠瑠璃」の食事はバイキング形式。地元野菜をふんだんに使ったヘルシーな料理が並びます。ついつい目移りしてあれもこれもお皿に盛ってしまいそう。ドリンクやデザートも種類が豊富ですよ。
「おんり~ゆ~」を拠点に足柄森林公園へ遊びに行こう!
「おんり~ゆ~」の特徴の一つに営業時間内の入退館が自由というものがあります。つまり、日帰り温泉「おんり~ゆ~」を拠点に、周辺の観光名所を楽しむこともできるのです。
おすすめは徒歩5分の「足柄森林公園 丸太の森」。広い園内にはバードウォッチングや森林浴をしながら歩ける散策コースがあり、移築された古民家(写真)や、旧南足柄市立福沢小学校の木造校舎などが点在しています。
日本最大級のジップライン「飛天狗(とびてんぐ)」も園内に!このアトラクションではワイヤーロープと滑車を使って森の中を川の上を飛翔できます。
「飛天狗」は完全予約制。文末の関連MEMOに公式サイトをリンクしますので、必ず事前予約してからお出かけください。
また、2017年7月にアジア初のパカブもオープンしました。パカブとはカラフルな漁網を利用したフランス発のまったく新しいアトラクション。足元が弾みまくる楽しさをぜひ体験してみてください。
パカブも事前予約を推奨します。パカブについてはたびねすの別記事で詳しく紹介していますので、宜しければ関連MEMOをご覧ください。
「おんり~ゆ~」は入退館が自由ですから、まず到着したらカフェで一休みして、それから「足柄森林公園 丸太の森」に遊びに行き、また戻ってきてお風呂でのんびり汗を流し、最後に食事をして帰るという楽しみ方もできますね。 

read-more
モダン湯治 おんりーゆー
place
神奈川県南足柄市広町1520-1
phone
0465721126

この記事を含むまとめ記事はこちら