名古屋城を優雅に堪能、限定カクテルやシャチホコ土産も!ホテルナゴヤキャッスル


2018.02.19

LINEトラベルjp 旅行ガイド

名古屋城のエレガントな楽しみ方!名古屋城のライトアップを見るのに一番良い場所は?名古屋城から一番近いホテルは?部屋から名古屋城が間近に見られるホテルはある?その答えはぜ~んぶこちら、「ホテルナゴヤキャッスル」です!
名古屋を代表するラグジュアリーホテルの、お城好き歴史好きなら必ずチェックしたいポイントをご紹介します。
ホテルは名古屋城の真正面!すぐそこにシャチホコがひょっこりと…
名古屋を代表するラグジュアリーホテルの一つ、ホテルナゴヤキャッスル。60年来の伝統と高クォリティなおもてなしで、ビジネスにも観光にも、結婚式などの特別な機会にも人気のホテルです。その客層は幅広く、旅行者はもちろん地元の方から外国人観光客まで、さまざまな層から好まれています。
そんなハイクラスなホテルナゴヤキャッスルは何処にあるかと言えば、名前の通り、名古屋城の真ん前なのです。真ん前と言ったって遠いのでは…と思った方、ご安心ください。お堀を隔てて真正面の真向いという、これ以上お城に近づきようがないほど間近な立地です。ホテル入り口から見ると、公園の木々のすぐ向こうにシャチホコがふたつ覗いているほど。
しかも名古屋城の正面は西向き。つまりお城の正面側と相対する形なのです。日本の城は数あれど、お城の本丸の正面とこれほど間近な距離で向かい合うホテルはこちらだけ。お城の正面ビューを基準にするなら、なんとこちらのホテルは「日本で一番お城から近いホテル」なのです。
ちなみに名古屋城の正面が西向きなのは、築城時、家康が大阪城へ対抗するために大阪方面を正面にしたからと言われています。
迫力の名古屋城、ライトアップを正面から眺められるのはここだけ!
部屋から見える名古屋城がこちら。まるで覗きこまれているかのような迫力です。ホテルナゴヤキャッスルの部屋はキャッスルビュー・シティビューの2種類。シティビュー側では次々と開発の進む名古屋駅周辺の景観を臨むことができ、高層ビルの夜景などはたいへんロマンティックですが、やはり人気が高いのはキャッスルビュー側です。
写真の部屋はもちろんそのキャッスルビュー側。お城の間近・真正面ならではの迫力の名古屋城を楽しむことができます。特に人気なのは名古屋城のお堀沿いに桜の咲き誇る初春の季節で、その時期の部屋の予約は一年前にうまるほどです。
もちろん桜の季節でなくとも、部屋の景観は値千金。朝には金のシャチホコが朝陽に光り、昼には緑の屋根が青空に映え、そして夜には名古屋城ライトアップが待っています!
城下の緑の木々の中、照らし出される名古屋城の雄姿。幻想的でありながら雄々しく浮かび上がるこの姿は、城好き歴史好きはもちろん、そうでなくとも思わず見惚れてしまうほど荘厳です。
名古屋城のライトアップは基本的に毎日23時まで行われていますが、夜にはお城が閉園してしまうため間近で見ることはできません。ですがこちらからならその雄大な姿を間近に眺めることができるのです。下から見上げるのではなく正面に見る名古屋城…、その昔に高台から城を臨んではどう攻めるべきかを考えたという武将たちが見ていたのも、こんな光景だったのかもしれません。(毎月8日名古屋の日にはライトアップはありません)
ホテルの優雅なお食事は、もちろん名古屋城とご一緒に
名古屋城が見えるのは部屋からだけではありません。ホテル最上階レストラン「コンテンポラリー・ダイニング クラウン」は周りがぐるりと窓ガラス、名古屋城はもちろんのこと、名古屋城公園の緑から名古屋駅周辺の高層ビル群まで多彩な趣きの景観を楽しむことができます。
名古屋城の眺めを堪能するなら、おすすめは「コンテンポラリー・ダイニング クラウン」の中でもフレンチダイニング。宿泊客のみならず、地元の方の特別なお食事にも人気の高いレストランです。こちらの料理長・鈴木直也氏はドイツの「第24回世界料理オリンピック」個人部門・カリナリーアートにおいて金メダルを受賞した実力派。ランチとディナーがあり、季節感のある旬を活かしたお料理をいただくことができます。
名古屋城に一番近い窓際席は、やはり大人気。予約の際に席の希望も伝えておくのがおすすめです。
名古屋城のオトナな楽しみ方は?ここだけのオリジナルカクテルも!
更に優雅にロマンティックに名古屋城を楽しみたい…、そんな時はバーへどうぞ。先ほどご紹介したフレンチダイニングの奥のバーは、ピアノの生演奏の中でライトアップされた名古屋城をゆったり眺めることのできる、大人エレガントな名古屋城ポイントです。
名古屋城好きならこちらでぜひいただきたいのが、名古屋城をイメージしたオリジナルカクテル。グラスの縁にちょこんと乗ったシャチホコが可愛らしいですね。名古屋城の屋根をイメージした緑色の、グリーンパッションリキュールとグレープフルーツを使った爽やかなカクテルです。
実はこのカクテル、店内のメニューには載っておりません。せっかくだから何か名古屋らしいカクテルを…とご希望の方に作っていたら、いつの間にか定着していた裏メニューなのです。さらりと優雅に注文できたらかなりカッコいい、此処でのみいただけるカクテルです。
帰りにシャチホコ買っていこ!そこには秘密の「裏」情報も…
名古屋城尽くしな滞在の後には、名古屋城らしいお土産も欲しいところ! そんな時は名古屋城のシンボル・シャチホコが可愛いおせんべいになった「金のしゃちせん」はいかがでしょうか。
お味は二種類、名古屋名物八丁味噌を使ったほんのり甘辛の「八丁味噌七味」と、ピリ辛が苦手な方でも大丈夫な優しい甘みの「味噌」。詰め合わせはもちろん一枚からでも購入できるので、プチギフトにも人気です。
こちらのおせんべいを購入できるのは、ここ「ホテルナゴヤキャッスル」と名古屋駅前のホテル「キャッスルプラザ」のみ。ちょっとレアなお土産なので、他人と被りにくい・名古屋に良く来る人でもなかなか知らないのが嬉しいですね。もちろん宿泊しなくとも購入可能、1階のショップで取り扱っています。
ちなみにこちらのおせんべいの包み紙、よーく見ると何か文字と図形が透けているような…? 実はこちらの裏は折り紙の「しゃちほこ」の折り方講座となっているのです。お城のシャチホコは雄と雌で夫婦一対とのこと、ぜひ二匹一対で作ってみてくださいね。 

この記事を含むまとめ記事はこちら