納豆だけじゃない!水戸市で見つけたおいしい茨城県のお土産


2017.07.02

LINEトラベルjp 旅行ガイド

日本三大庭園"偕楽園"があることで有名な茨城県・水戸市は、1年を通して四季の移ろいの美しい街。そんな水戸のお土産と聞いて多くの人がまず最初に思い浮かぶのは「納豆」ではないでしょうか?しかしここには、他にも多くのおいしい特産品・名産品が存在します。
記事では水戸市ならではのものを中心に、旅の途中で見つけた贈って喜ばれる茨城県のお土産をご紹介いたします。
茨城を代表する老舗が作る素材を生かした優しい味わいの銘菓
まず最初にご紹介するのは、その包み紙に"水戸銘菓"と書かれる茨城県を代表するお菓子「のし梅」。梅の香りと爽やかな酸味が特徴の、竹の皮に挟まれた弾力のあるゼリー状のお菓子です。さっぱりといただけるので暑い季節にもぴったりですよ。
写真は創業明治5年の老舗「あさ川製菓株式会社」のもの。他にも株式会社亀印製菓・株式会社井熊總本家と、水戸を代表する老舗3社で作られています。
こちらも水戸を代表する銘菓「水戸の梅」。白餡を求肥で包み、赤紫蘇の葉を丁寧に巻いた和菓子です。紫蘇の香りと優しい甘さはお茶請けにもぴったり。梅の実を模したその姿は、見た目にも水戸を感じられるお菓子です。
写真は「あさ川製菓株式会社」のものですが、こちらの商品も株式会社亀印製菓・株式会社井熊總本家などでも作られています。味比べも楽しいですよ。
次は昭和10年創業の手作り甘納豆の老舗「甘納豆のつかもと」の絶品甘納豆をご紹介します。
定番の金時・小豆などの豆類がオススメなのはもちろんですが、茨城県産の"さつまいも"を使った甘納豆も絶品。写真の通常のさつまいもの他に、紫芋・金時蜜芋があり、どの商品もお芋の優しい甘さに幸せを感じることでしょう。
酸味が苦手な人も注目!おいしい梅はいかがですか?
水戸市内のお土産屋さんには、梅に関係する商品もたくさん並んでいます。しかし、酸味が苦手な方も中にはいらっしゃることでしょう。
そんな方にもオススメなのが、天保元年創業の老舗・吉田屋の「スイート梅」。梅干し特有の酸っぱさや塩分は控えめで、香りと甘さを楽しめる、まるでスイーツのような梅干しです。デザートにおひとついかがですか?
もう1つ梅干しが苦手な方にもおいしくいただける梅をご紹介。
写真の「梅玉」は、原材料は梅と砂糖のみで作られる体にも嬉しい梅肉エキス飴です。登山やハイキングのお供にもオススメですよ。
茨城お土産大賞を受賞したコルカリーノの「薫るかりんとう」は茨城県産素材にとことんこだわったおいしいかりんとう。日本一の生産量を誇る県産メロン果汁を使用したお味や、県産衣栗の渋皮煮ペーストを使用したお味など、バラエティ豊富な種類も魅力的です。
水戸の酒蔵「明利酒類」の梅酒「百年梅酒」を使用したかりんとうもありますよ。
茨城県産紅茶や地ビール!おいしい飲みものも揃っています
茨城県はお茶の栽培も盛んな地域。そんな県を代表するブランド茶の一つが、県西部で栽培される濃厚な味と香りが特徴の「さしま茶」です。緑茶だけではなく、和紅茶にも加工されているのも嬉しいポイント。茶葉の販売だけではなく、手軽に飲めるペットボトルの販売もありますので、水分補給にもぴったりです。
かわいいイラストのペットボトル「水戸水」は、なんと楮川ダムより採水した水道水。水戸の水道水のおいしさを知ってもらうために、水戸市水道部が製造を手がけているお水です。
水戸の梅を使用した「うめ濃縮液(梅シロップ)」を割って飲んでもおいしいですよ。
茨城県は大手ビールメーカーの製造工場も多く存在するビール生産量日本一のビール王国。
各国で金賞受賞する、世界中で愛されるクラフトビール「常陸野ネストビール」を作る木内酒造があるのも茨城県です。芳醇な旨味と爽快な香りを感じる淡色ビール"常陸野ネストラガー"や、芳醇な旨味・香り・苦味の絶妙なバランスが味わえる麦わら色のビール"ペールエール"など種類も豊富に揃っていますよ。
茨城県といえば蓮根も有名!
茨城県の特産品"蓮根"を使ったおいしいお菓子をご紹介します。
写真の「霞ヶ浦れんこんチップス」は、素材そのものの味を楽しめる、佃煮屋さん(あべ佃煮)製造のおいしいチップスです。おやつだけではなく、お酒のアテにもオススメ。ビールにもよく合いますよ。
生姜と蓮根の優しいお味の飴、水戸市の"ゆたりや"の「蒸し乾燥ショウガ飴」もオススメ。生姜と蓮根の他の原材料は、甜菜糖や蜂蜜の糖類+柚子といたってシンプル。風邪の引きはじめや、喉がイガイガする時にも嬉しい飴です。そのお味は、蓮根はそれほど主張せず、生姜と優しい甘さを感じるおいしい飴ですよ。
作付面積全国2位を誇る落花生もおいしいお土産です。
パッケージに書かれている「さやか」とは落花生の種類。ほのかな甘さが特徴の香ばしくおいしい小粒の落花生です。栽培には手間がかかるため幻の落花生…とも言われてます。
やっぱり外せない!「水戸納豆」
水戸市のお土産といえばやっぱり外せない「水戸納豆」。
お土産屋さんの店内には昔ながらの製法で作られたおいしい納豆が並んでいます。写真は水戸を代表する納豆メーカー"だるま食品"の「だるま納豆」。藁苞(わらつと)に直接大豆を包んで発酵させた小粒の納豆は、香りもよく最高のご飯の友。賞味期限は10日ほどと短いですが、冷凍保存が可能ですよ。
納豆を持ち帰るのはちょっと心配…そんな皆さまにも水戸納豆を楽しめる商品もあります。乾燥納豆もその1つ。他にはレトルトの納豆カレーや納豆ふりかけ、チョコ納豆なども。意外とおいしいですよ!
納豆に負けないくらいご飯の友にぴったりな"卵"。そんな卵かけご飯を更においしくしてくれるのが、黄門様のパッケージがかわいい「常陸の国からの卵かけご飯専科」です。こちらの醤油は県産大豆と小麦に、県産の乾し椎茸の出汁をなじませた絶品醤油。卵かけご飯だけではなく、納豆のたれの代わりに使ってもおいしいですよ。 

read-more
あさ川製菓株式会社
place
茨城県水戸市元石川町325-19
phone
0292478080
no image
偕楽園
place
茨城県水戸市常磐町1-3-3
phone
0292445454
opening-hour
[2/20-9/30]6:00-19:00[10/1-2…

この記事を含むまとめ記事はこちら