ブラタモリにも登場!江ノ電・極楽寺駅すぐ「極楽寺坂」で鎌倉の歴史と景色を楽しむ


2017.06.30

LINEトラベルjp 旅行ガイド

江ノ電沿いには、鎌倉特有の海と山の近さがおりなす風光明媚な有名無名の坂道が多数あります。今回はそんな鎌倉にある多くの坂道の中でも、ブラタモリにも登場し、タモリさんたちもくまなく歩いた、江ノ電・極楽寺駅からすぐの場所にあり鎌倉時代から存在する切通しでもある「極楽寺坂」を中心に紹介します。
鎌倉七切通しのひとつでもある極楽寺坂
「極楽寺坂」は、江ノ電・極楽寺駅からすぐの場所にあります。鎌倉七切通しのひとつとしても有名な由緒ある坂道です。現在の道は昔より深く掘り下げられ、極楽寺駅から海岸線のほうに抜ける道路として整備されています。
坂名の由来は、坂上あたりにある極楽寺に由来しており、この切通し(坂道)自体が極楽寺の僧である忍性によって開削されたものと伝えられています。またこの切通しは、新田義貞が鎌倉を攻めた時に、幕府軍が強固な木戸で切通を閉ざして、数万の兵力によって侵入を防ぐなどの攻防があった合戦場だったという記録も残っています。
また、坂の途中には坂の名前の由来が記された石碑があります。昭和7年(1932年)に建立されたもので、史跡と呼んでもいい石碑だと思います。ぜひ坂道を歩いた時は気にかけてみてください。
坂の途中からは鎌倉時代にはなかった切通しの崖面が道の両側に顔を出しており、独特の景観になっています。現在の崖の高低差具合から、当時、いかにこの地が難所で、鎌倉を守る要所だったかということを想像してみるのもいいかもしれません。
極楽寺坂に点在する史跡
極楽寺坂の坂下あたりには、「星の井」というロマンチックな名前の井戸が隣接しています。この井戸は、鎌倉十井のひとつで、昔、井戸の底をのぞくと昼間でも水面に星の影が見えたことからその名がついたと言われています。
またすぐ近くには、江戸時代から存在するという石碑も坂道沿いに残っています。字体が古すぎて判読は難しいですが、実はブラタモリでも登場しています。番組では「長谷観音への近道であることが書かれている」との解説をされていました。
なお、石碑のすぐ隣には「力餅家」という古い佇まいが印象的な和菓子屋さんもあります。総業300年という老舗で、こちらもブラタモリの番組内でタモリさんたちがお店に立ち寄ってあんころ餅を食べていました。極楽寺駅から坂道を歩いていくとちょうどいいところにありますので、ふらりと休憩がてら立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね。
鎌倉時代の切り通しからはこう見えていた?
極楽寺坂の途中には成就院というお寺が隣接しています。1219年に別の地で建立され、1700年頃の江戸時代にこの地に移り、現在に至っているという歴史があり、アジサイのお寺としても知られています。
極楽寺坂からは切通しの階段を上った山上にあります。境内には由比ヶ浜を一望できる場所があり、そこからの眺めは絶景です。極楽寺坂に訪れたならぜひ立ち寄ってほしい場所です。
なお鎌倉時代の極楽寺切通しは、急勾配の細い崖道だったことが記録に残されており、現在の姿になる前の切通しは、成就院の山門前あたり(ちょうど撮影者が立っているあたり)を通っていたという説が有力です。
江ノ電唯一のトンネル
極楽寺坂の坂上あたりには、「極楽洞」と呼ばれる、トンネルがあります。明治40年に竣工し、建設当時の煉瓦張りがそのまま残されている江ノ電唯一のトンネルでもあります。またこの極楽洞は、鎌倉市の景観重要建築物などとしても指定されています。ふらりと歩いているだけではそのまま通り過ぎてしまいそうな場所にありますので、極楽寺坂を歩いたときには気にかけてみてください。 

read-more
極楽寺坂切通し (坂ノ下)
place
神奈川県鎌倉市坂ノ下
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら