No LOVE,No ROSE! 静岡 熱海「アカオハーブ&ローズガーデン」


2017.06.25

LINEトラベルjp 旅行ガイド

熱海の名勝「錦ヶ浦」越しの美しい透明度の海を望む、丘陵地。そこに世界一広いガーデンを目指す「アカオハーブ&ローズガーデン」があります。アカオリゾートのホテルマンたち自身がガーデナーとなり愛情の肥料たっぷりで育てている胸キュンエピソードの庭。
世界中でここしかないコンセプトガーデンの演出に、恋人だけでなく、ご夫婦でも、ご家族でも…きっと大切な誰かに様々な「愛」を叫びたくなる!
愛をスタート&リフレッシュするなら「プロポーズガーデン」で!
アカオハーブ&ローズガーデンは、丘陵地の自然を残しつつその広大な斜面に12のコンセプトガーデンがつくられています(詳細は関連MEMOリンクを)。
丘陵地の下、チケット売り場横から園内バスで最上部へシャトルされ、帰りは歩きながら園を回り下りてくるのが通常のルートです。
おみ足が悪い場合でも、ベビーカーでも、園内バスは手を上げればどこでも乗降することができるので安心。
写真は、このガーデンの順路終盤に設えられている「プロポーズガーデン」。なんともキュンとくるストレートなネーミングですが、これを何より先に知っておかれていてください。
そうです、順路である園内上部から花を愛でながら歩くうちに、知らず知らずフル充電になった様々な愛のパワーを、今そこに一緒にいる恋人、友人、家族…大切な人に放出する順路最後の場所なのです。
溢れるバラで豪華でありながら、爽やかなナチュラルハーブの繊細な美しい花に覆われるベンチ。人生最大のプロポーズでも、はにかみながらの日頃の感謝もいい、とにかくここで伝える言葉は、パワーがあり甘く、そしてドラマティック。
恋人愛、夫婦愛、親子愛、友愛。様々な愛を、プロポーズガーデンのベンチでスタート&リフレッシュしましょう。全ての愛は、恒に“更新”が必要…それならここが絶好のスポット!
さて!願い事を叫べる人は叫んで頂きましょう(そんなに大声でなくても響きます)。ここは、プロポーズガーデンよりもう少し下りた「ハーブガーデン」にあるパワースポット。
相模湾を間近に、約100種類のハーブに囲まれるイタリア式ガーデン。絶景をバックに、そびえ立つハーブの森を前に、設置された看板の通り山頂に向かって願い事を叫びます。
これは、ガーデン最上部にある「曽我浅間神社」に祀られる、コノハナサクヤヒメ様に願い事をお伝えするのです。妻の守護神、安産、子育ての神と言われる神ですから、恋愛や夫婦のお願いに強いパワースポットであることは間違いありません。さぁ!思い切って!
妖精が住む庭を歩こう
プロポーズガーデンまで、気分が高まるプロセスは様々なコンセプトガーデンにある、とお伝えしました。同時に思わず写真を撮りたくなるスポットも多く、カメラもスマホも出したままになってしまいそう。
写真は園内上部にあり、撮影スポットとして人気のある「イングリッシュローズガーデン」。
イングリッシュローズの庭に妖精が住んでいるかのようなミニチュアの家が写真映え最高!借景の山と森、そこに残された大木の影にあるこの庭の様子は、まるでおとぎの世界!
園内各所に感じる、自然そのものの姿との“シームレスな”美しさ。これも人の目を留める要素です。クスノキの大木の根本に植え込まれたバラ。
このような風景がガーデンの其処ここに表現され、「世界一」の「世界にここにしかない」を目指し、世界バラ会議で“最優秀庭園賞”を受賞したことに納得の眺めです。
あの木陰で妖精が遊んでいる、そんな感じがしませんか?
バラの谷(写真)をはじめ、園内にあるアーチやパーゴラの登るツルバラが、香りと共に上から降り注ぐ様子は、やはり女子の心をグッと掴みます。
写真はほんの一部。ベビーピンクやショッキングピンク、ホワイト…というバラの色を「女子力」と併せて表現するのは少し物足りないとさえ思うくらいですが、女子の心をキュンキュンさせる色彩のバラをくぐり抜けながらプロポーズガーデンに向かいましょう。
“バラの谷”を歩こう
ガーデン内はどこもが撮影スポットで、花の写真を存分に撮ることができます。伊豆半島の海沿いの名勝「錦ヶ浦」を含む景勝地を走る国道135号線、海を臨む眺望と花のコラボはここならではの魅力。
さぁ、目の先に海、両脇に溢れる花を愛でながら谷を下って行きましょう。
12個のコンセプトガーデンを持つこの庭園の中央にある“バラの谷”…グッとくるネーミング、まさにバラに溢れかえる谷。
その最上部からの眺めは、少し時間をかけて眺めることをおすすめします。谷の両脇を伊豆半島気候が育む力強い常緑樹が谷を作り、その谷間にバラの色彩が重なり合います。晴天時のみ開店するオープンカフェの白いパラソルも美しいものです。
斜面を左右に折り返しながら下りていくのですが、ガーデナーの手入れ風景を目にすることが多いのもこのあたり。古い花弁を摘み取ったり、株を植え付けたり、これらは全てアカオリゾートのホテルマン達というのも驚きます。庭師やプロではない、愛情だけで暑い日も寒い日もこの世界一のガーデンを育てている…まさにLOVEスポットの究極と言えます。
甘い夢に萌える「ウェディングガーデン」でスイーツを
このビビットカラーのバラにむせ返るような「ウエディングガーデン」。プロポーズガーデンからウエディングに。花に囲まれた一つのガーデンでストーリーが完成して、アカオリゾートのホテルでウエディング…そんな甘い夢を抱かざるを得ない、この雰囲気。
晴天時は、白いパラソルが開きオープンカフェが開店します。2017年7月9日(日)までは「熱海ローズフェスティバル」と併せ「ガーデン・スイーツ祭り」として特別スイーツメニューを楽しむことができます。
イベントや開店時間等の詳細は、関連MEMOリンクでご確認ください。
「ガーデン・スイーツ祭り」開催中、オープンカフェで人気の「バラのアイスクリーム」。香りは不自然にきついものではなく、自然なバラの芳香を感じられる季節感たっぷりのアイスクリーム。シャキシャキとしたバラの花弁の感触が爽やかで、甘いものが苦手な方も召し上がりやすいもの。
その香りを嗅ぐだけでも美肌になるバラ。主力の栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール。ストレスホルモン(イライラ)の分泌を抑える効果や、体の免疫力を高めてアレルギー症状を改善など嬉しい効能があります。
そして、加齢臭や口臭も抑える効果も高く、その上4大恋愛ホルモンの一つ「エストロゲン」の分泌を促し異性を引き付ける作用も。LOVEパワースポットとしてこの効果も特筆しておくべきでしょう。
ここだけのおススメスポットはここにも。
ガーデンの一番上部にある「曽我浅間神社」。家族・夫婦・友情の絆を象徴した神社ということで、このLOVEパワースポットとしては、ここも参拝しておきたいものです。
富士宮の浅間大社から正式に御分霊の儀式をして、コノハナサクヤヒメを降霊、来宮神社の宮司による合祀の儀式の瞬間、雷鳴が鳴ったというスピリチュアルなエピソードもあり、そのパワーの強さも感じるところ。
曽我浅間神社のすぐ下、青い海を借景に一見縮尺感を失うような日本庭園「天翔」。世界最大の盆栽「鳳凰の松」は必見で、衰えを感じることなくまだまだ青々とこの後も生き続けていくような強さを感じます。
近年の盆栽ブームで海外からの観光客もここでは長く時間を過ごし撮影に余念がないとか。間近で撮影できる舞台が用意されていますが、庭園入口上部(写真)からは相模湾を一望する庭園がまるでジオラマのようでいて、かえってその大きさも感じられるスポットです。
写真の奥は、2017年秋にオープン予定のカフェの工事現場。こちらも絶景であることは必然、カフェの全貌がわかるまで楽しみです。 

read-more
アカオハーブ&ローズガーデン
rating

4.0

276件の口コミ
place
静岡県熱海市上多賀1027-8
phone
0557821221
opening-hour
9:00-17:00(最終入園16:00)[12…

この記事を含むまとめ記事はこちら