札幌一望!絶景のスカイレストラン「丹頂」でランチ会席(JRタワーホテル日航札幌)


2017.06.10

LINEトラベルjp 旅行ガイド

スカイレストラン「丹頂」は、北海道一の高さを誇る「JRタワーホテル日航札幌」の35階にあるレストランです。眺望の良いレストランで、お食事をしながら札幌の街並みを一望、夜は日本新三大夜景も楽しめます。
北海道の旬の食材を取り入れたこだわりの献立を提供しているレストラン丹頂。今回は、旅行者も気軽に楽しみたい、季節の「ランチ会席」をご紹介します。
スカイレストラン「丹頂」はJRタワーの35階!
スカイレストラン「丹頂」は、JR札幌駅東側タワーの35階にあります。ここから見下ろす景色は素晴らしく、札幌の風景を眺めながらお食事を楽しみたいという旅行者にぴったりの場所です。
スカイレストラン「丹頂」からの景色
店内のどのテーブル席からも、素晴らしい景色を眺める事ができます。北側は開放感いっぱいの大きな窓から、遠くに石狩湾や石狩平野が見渡せます。
写真は、4人掛けのテーブル席。仕切りがついているのでゆっくりお食事がいただける雰囲気です。洋室、和室の個室もあります。
窓からの景色は、方角により異なりますが、円山や藻岩山等の札幌市内の山々も見渡す事ができます。各テーブル席には、ここから見渡している景色がどの方向なのが、街のランドマーク的存在のテレビ塔の方向や、山々の名前が分かる地図状のカードが置かれていて、景色に飽きがこないよう工夫されています。素敵なおもてなしですね。
夜は新日本三大夜景を眺めながら、ディナータイムを満喫する事ができます。札幌の夜景は2015年10月9日に、日本の「新 三大夜景都市」2位にランクインしました。札幌の夜景の魅力は、何と言っても広い平野に光の量が多い事ですね。
北海道の旬の食材でこだわりの「ランチ会席」!
レストラン丹頂の中村功二料理長は、北海道の地産地消を念頭に、旬の食材の美味しさを最大限に引き出す事を命題としています。写真は、食前酒と前菜。食前酒は若桃の甘露煮が甘酒の中に入っていて、桃の風味のフルーツ甘酒。甘酒の中に入っている甘露煮の桃の実は、食べても柔らかくてとても美味しいのです。前菜は、よもぎ豆腐の美味だし汁、ワラビやちまき等、春の香りがする食材です。
お造り(造里)は、マグロと帆立貝、うるいの新鮮な刺身です。緑の大葉と緑のわさびとのコントラストが美しく、とても美味しい一品です。
焼物は、すずきのバター風味焼きに雲丹のソースが掛かっています。そして赤井川の有機グリーンアスパラガスが添えてあります。すずき独特の臭みもなく、雲丹のソースと絡めていただけば、重層的な海の風味が楽しめる一品です。
「ランチ会席」蓋物とお食事!
蓋物は、おくら饅頭の旨出汁餡かけです。おくらのお饅頭なので、つるつるした食感です。木製のスプーンでいただきましょう。だし汁に絡ませていただくと、異なる美味しさを二度体験できます。
〆のお食事は、牛ゴボウと椎茸の炊き込みご飯、香の物、麩と岩海苔のお味噌汁です。ふっくらと炊き上げた炊き込みご飯には、椎茸の香りがしてとても香ばしくて、お味噌汁や香の物との相性も抜群。丁度良い量の〆のお食事です。
デザートの甘味!
緑、赤、白、水色のコントラストが美しい、ランチ会席最後のデザートは「抹茶のわらび餅と苺」です。抹茶のわらび餅は、小さな器に付いている、黒胡麻ソースに付けていただくと大変美味しくいただけます。苺は、生クリームでいただきましょう。 

JRタワーホテル日航札幌
rating

4.5

1798件の口コミ
place
北海道札幌市中央区北5条西2-5
phone
0112512222

この記事を含むまとめ記事はこちら