田園風景の中で楽しむ花菖蒲!埼玉県「ときがわ花菖蒲園」


2017.05.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

埼玉県西部に位置する「ときがわ町」は、都幾川の河畔に田園風景の広がる、自然の豊かなところです。町の東部に置かれた役場の裏手には、河畔の農地を利用して「ときがわ花菖蒲園」が設けられています。6月になると美しく咲き誇って、鑑賞に訪れる人たちで賑わいます。緑濃い風景の中に咲き誇る花菖蒲は味わい深い景観です。「ときがわ花菖蒲園」の風景をご紹介しましょう。
約8000株の花菖蒲が咲く、見事な花菖蒲園
「ときがわ花菖蒲園」はときがわ町役場の“裏手”、都幾川(ときがわ)河畔の遊休農地を利用して設けられています。地元住民の有志グループ「花菖蒲を育てる会」によって、地域活性化のために始まったものです。1ヘクタールほどの花菖蒲園に8000株を超える花菖蒲が育てられ、梅雨空の下で美しく咲き誇って見事な景観を見せてくれます。
6月は梅雨の時期、雨が続いてお出かけしようという気分にならないことも多いですね。でもそんな時期にしか出会えない風景を求めて、出かけてみましょう。花菖蒲は明るい晴天の日より、小雨や曇り空の方が似合います。湿り気を帯びた空気の中で、しっとりとした風情を漂わせる花菖蒲は何とも言えない美しさです。
豊かな自然の中、“花菖蒲の咲く風景”を楽しもう
ときがわ町はそもそも自然の豊かな町ですから、花菖蒲園の周囲も緑濃い風景が広がっています。特に役場側から都幾川の方を向いて眺めると、花菖蒲園の背景には木々の緑が見えるばかり。花菖蒲の花そのものが美しいのはもちろんですが、“花菖蒲の咲く風景”の美しさも存分に楽しめる花菖蒲園なのです。
花菖蒲園の横を流れる都幾川は、河岸も自然のままで、大きく蛇行して流れていきます。こんな川の風景は、都市部ではすっかり見ることができなくなりましたね。都幾川の風景も楽しんでおきましょう。
配慮が嬉しい!車椅子対応の木道
ときがわ花菖蒲園の中は車椅子も通れる木道が整備されており、転落防止用のガードも取り付けられています。車椅子を利用している方や、お子さん連れでベビーカーを利用している方でも、支障なく花菖蒲を観賞できるのが嬉しいですね。
玉川橋の姿も必見!河岸の田園風景も楽しんでおこう
花菖蒲を満喫したら、周辺へと散策の足を延ばしてみるのもお勧めです。役場前の道路を少し北へ辿ると、都幾川を渡ります。架けられている橋は玉川橋。埼玉県で最初の鉄筋コンクリートアーチ橋として大正10年に竣工したものですが、今では埼玉県で最古の鉄筋コンクリートアーチ橋になってしまいました。玉川橋は美しいデザインの橋です。橋マニアでなくても、ぜひ見ておきましょう。
玉川橋の袂から、都幾川の河岸を辿ってみましょう。遊歩道が整備され、のんびりと河岸散歩が楽しめます。河原に降りてゆくこともできますし、川床に設けられた飛び石で川を渡ることもできて楽しいですよ。河原から上流側を見れば、玉川橋の姿がよく見えます。これもなかなか“絵になる”風景です。
河岸には長閑な田園風景が広がっています。6月、田植えが終わったばかりの田圃では若い苗が風に揺れています。田圃と玉川橋がひとつのフレームに収まる景観も素敵ですね。
花菖蒲園は来園者で賑わっていますが、この辺りへ足を延ばす人はほとんどいないようです。緑濃い風景の中で、静かにのんびりと散策を楽しみたい人にはお勧めです。周囲を見渡してみても人の姿がない。その中をのんびり歩く。日々の喧噪をすっかり忘れてしまいますよ。ぜひ足を延ばしてみましょう。 

read-more
ときがわ花菖蒲園
place
埼玉県比企郡ときがわ町玉川2490
phone
0493651521
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら