都心から2時間の海外リゾート!?「コルテラルゴ伊豆高原」


2017.06.06

LINEトラベルjp 旅行ガイド

日本にいながら海外のリゾート気分を満喫したい!と思う方も多いですよね。そんな願いを叶えてくれるのが、都心から約2時間の距離にある伊豆高原のリゾートホテル「コルテラルゴ」。客室は7室のみでサンタフェ、バリ、地中海など、様々なリゾートを意識したインテリアになっています。全客室のテラスに天然温泉の露天風呂があるのも魅力。海外のようなゆるやかな空気が流れるホテルで、何もしない時間を楽しんでみませんか?
海外気分を楽しめるリゾートホテル「コルテラルゴ」
伊豆高原の閑静な別荘地に位置するリゾートホテル「コルテラルゴ伊豆高原」。太陽の光を受けて輝くオレンジ色の屋根と真っ白な壁が印象的です。スペイン人の建築家が南仏プロヴァンスの別荘をイメージして設計したもので、日本にいることを忘れそうになりますね。
「コルテラルゴ」とは、イタリア語で「短い」と「長い」という意味の言葉を掛け合わせた造語。短い間の滞在でもゆったり寛いでほしいというオーナーの思いが込められています。日常の喧騒や忙しさから解き放たれて、何もしないことを楽しむリゾートなのです。
色とりどりの花が植えられたアプローチ階段を上がると、異国の雰囲気が漂うかわいいエントランスがお出迎え。フロントの一番奥にはメキシコ製のヴィンテージの豚革椅子が置かれており、ゲストがこちらに座って記念撮影をすることも多いようです。
実はエントランスの天井にツバメの巣ができており、オーナーがその様子を見守っているというエピソードも。たまにカラスに狙われることもあるため、普段はカーテンで閉めているそうです。そんなところからもオーナーの人柄が伝わってきますね。
最高の展望で海外のスパ気分を味わえる「サンタフェ」
コルテラルゴの客室はわずか7室のみ。サンタフェ、バリ、地中海など、様々な国のリゾートを体験できるのが一番の特長です。元デザイナーであるオーナー夫婦がインテリアコーディネートを手がけているため、部屋の至る所でセンスの良さを感じられますよ。
最初にご紹介する客室は、ネイティブアメリカンやスペインの文化が融合した魅力あふれる「サンタフェ」。天井が高く陽の光がたっぷり差し込む開放的な空間です。鹿の角のシャンデリアや素材感のある家具など、芸術の町とも言われるサンタフェらしさを演出しています。
「サンタフェ」の魅力はテラスに設置された天然温泉の露天風呂!現地の建築様式をイメージしており、太陽のモザイクタイルがワンポイントになっています。大きなパラソルとジャグジーで海外のスパ気分を味わえますよ。一番の展望を誇るテラスなので、晴れた日には伊豆の海まで見渡せることも。夕暮れや夜明けの時にはさらに幻想的な光景を満喫できますよ。
全客室のバスアメニティには、英国を代表する最高峰ブランド「アロマセラピーアソシエイツ」を採用。 無農薬の芳香植物から抽出した貴重なエッセンシャルオイルを丁寧にブレンドしたもので、世界のラグジュアリーホテルや高級スパにも置かれています。使う度にその優しい香りと洗い心地にきっと癒されていきますよ。
プールと露天風呂を独り占めできる「地中海スイート」
イタリアのアマルフィ海岸を思わせる「地中海スイート」も人気の客室。1階はリビングルームとテラス、2階にはもう一つのリビングとベッドルームがあるメゾネットタイプで、ゆったり広々と寛げますよ。ベッド周りは爽やかなブルーのファブリックで、かわいいヒトデのオブジェがあるなど、地中海リゾートの雰囲気を感じさせます。
「地中海スイート」の楽しみは、テラスの温水プライベートプールとジャグジー付きの天然温泉露天風呂を独り占めできること!昼間はプールで浮き輪に乗って遊んでみたり、リクライニングチェアで日光浴をしてみたり…。夜は露天風呂でのんびり寛ぐなど、バカンスのように自由気ままに過ごすことができますよ。
もう一つのポイントは、室内のティーセットと共におしゃれなミニバーがあること!かわいいミニボトルが照明付きの棚にディスプレイされているなんてフォトジェニックですよね。写真ばかり撮ってしまって、実際飲むまでに時間がかかりそうです(笑)。
バリの世界観を完璧に再現した「バリスイート」
バリの高級ヴィラに滞在しているような気分を味わえる「バリスイート」。家具やファブリックは全てバリから直輸入したもので、オーナーのこだわりを感じさせます。1階にリビングルームとテラス、2階に天蓋付きのベッドがあるメゾメットタイプの客室です。
室内外の床は、天然の大理石を使用した上質な空間。茅葺き屋根のガゼボ付きの専用庭には、ガネーシャの像と流れ落ちる滝がライトアップされています。さらにプールがついてると思いきや、なんと天然温泉の露天風呂!実際に入る時は湯気がモクモクしているそうなので、最初はビックリしてしまうかもしれません(笑)。
コルテラルゴの客室では、東洋式と西洋式のエステを体験できます。部屋によってはパートナーと2人同時に受けられることも。特に「バリスイート」では、先程ご紹介した庭で受けるので海外リゾート感たっぷり。日常の疲れやストレスも忘れてしまいそうになりますよ。
東洋式のバリセラピー・トリートメントは、全身の気の通路である「経絡」やツボへの刺激が心地良く、身体の内側から活性化されます。さらにゲストの好みや体調に合わせたアロマテラピーを行ってくれるので、極上のリラクゼーションタイムを体験できるはず。
伊豆高原を見渡せるサンラウンジで料理を堪能!
1階のレストラン「CL Dining」では、名門ホテルでキャリアを積んだ熟練シェフによる創作料理を堪能できます。店内にもテーブル席がありますが、伊豆高原を見渡せるサンラウンジ席がおすすめ!全面をガラス窓で囲んでいるので風の強い日でも安心して過ごせますよ。
朝食のエッグベネディクトは、ふわーりとろとろのポーチドエッグとカリカリに焼いたベーコンがクセになります!エビ、アボカド、トマトを合わせたマリネも瑞々しくてジューシー。自家製ドレッシングを使用したサラダや具だくさんのミネストローネなど食べ応えがあります。
ディナーは本格イタリアンのフルコースをいただけます。伊豆の契約農家から直送された有機野菜や、駿河湾でとれた新鮮な魚介類など、近郊の食材をふんだんに使用したメニューです。大切な記念日にはサプライズでケーキを用意することもできるので相談してみて下さいね!
パブリックスペースでは、ビリヤードのルーツとも言える「スヌーカー」のテーブルを設置。日本ではビリヤードが知られていますが、海外ではスヌーカーの方がメジャーなのだそうです。折角なのでこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか?
スヌーカーを楽しんだ後は、カウンターバーで一杯頼むのも良いですね。テキーラやラムをベースにしたリゾート気分たっぷりのカクテルで酔ってみたいところです。スタッフやゲスト同士で気軽に語り合う夜というのもまた旅の醍醐味ですよね。 

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら