関門海峡の夕焼け・夜景を一望!山口・海峡ゆめタワー


2017.10.04

LINEトラベルjp 旅行ガイド

山口県下関市と福岡県北九州市を隔てる関門海峡は、多くの船が行きかったり、工業地帯の幻想的な風景が見られたりと、展望台から360度ぐるりと見渡したい絶景が広がっています。オススメは下関にある「海峡ゆめタワー」。地上143mから眺める絶景は圧巻!おススメの訪問時間、割引、夜景スポット、レストラン、お土産など、お得情報から楽しみ方までガイドします。
海峡ゆめタワーのアクセス、ライトアップ情報
山口県下関市で一番目をひく「海峡ゆめタワー」は、8700枚ものガラスを使い、時間帯によって変わる関門海峡の景色を映し出しています。143mの高さにある展望台からの眺めは目を奪われるほどの美しさ。下関にいったら、外せない観光スポットです。
アクセスは徒歩!JR下関駅から徒歩7分、キラキラ輝くタワーをめざして歩けば迷うことはありません。
昼間は空や雲、関門海峡のきらめく海の色を映し出している海峡ゆめタワーですが、夜になると611灯ものライトがタワーを美しくライトアップしてくれます。
月:ホワイト、火:グリーン、水:ブルー、木:イエロー、金:レッドブルー、土:ブルーグリーン、日:レッドとなっています。
金・土曜日限定で毎正時に7色を1分間隔で点灯など、いろんなライトアップも!遠くから眺めても、下から上を見上げてもどこから見ても美しいタワーです。
地上143mから見る関門海峡の夕焼け・夜景
海峡ゆめタワーに行くなら夕方からがオススメ。真っ赤に燃える夕焼け、太陽が沈んだ直後のブルーモーメント、キラキラ輝く夜景とさまざまな表情に出会えるからです。
シースルーエレベーターから下関の街並みを見ること1分強、あっという間に総ガラス張りの展望室に到着です。最上階にある展望室は、360度の景色が一望できるパノラマ構造となっており、関門海峡や下関、北九州両岸の絶景を堪能できます。
まずは、北九州方面に落ちる夕日を堪能しましょう!無数の煙突から流れ出る煙が夕日に照らされ、ノスタルジックな雰囲気。日没後、ほんの数分だけみられるブルーモーメントは感動もの!
北九州方面と反対側にいくと下関市内の街並みと関門海峡にかかる関門橋を見ることができます。写真左側が下関、対岸が門司港で、関門海峡を挟んできらめく街並みにうっとり。
展望室には建物や山の名称が書かれた案内図があるので、実際の景色とあわせてみてください。
恋人たちの聖地でもある!
海峡ゆめタワーは、山口県で初となる「恋人の聖地」に認定され、恋人たちが愛を誓うデートスポットとしても人気です。まずは、恋人の聖地に来た記念撮影を!
海峡ゆめタワーをバックに好きなハート色を点灯させて二人でハートの中におさまっちゃいましょう。ピンクやオレンジ色のほか、青、レインボーなどいろんな色を楽しめますよ。ストロボありなしで違ったテイストの写真が撮れるので試してみましょう!
なんと縁結び神社もあります。屋根にハート型の銅板が飾られた神社は、お願いすると恋愛が成就するのだとか。二人で訪れたら永遠の愛を誓えるかも?!
かわいくデコレーションされたカップル席もあります。恥ずかしがらずに二人で思う存分ラブラブして夜景を堪能しましょう。
ここでカップルにお得情報!
金曜日に、チケットの窓口で「夢かなう 恋かなう 海峡ゆめタワー」というと、入場料金2割引き、恋みくじ引換券2枚がプレゼントされます!
カップルじゃないと割引ないの?というファミリー、友人同士の方にはWEB割クーポン券がHPに掲載されています。入場料が10%OFFになるので印刷、もしくはスマフォに転送をお忘れなく。
関門海峡の今昔を学ぶ
壇ノ浦の戦いや巌流島の決闘など数々の歴史の舞台になった関門海峡。弥生時代から現在までの下関の歴史をパネルやモニターで学ぶことができます。簡潔にわかりやすく書かれているので要チェック!
その他、海峡ゆめタワーの4階には、50種類以上の料理がずらりと並ぶ、ビュッフェレストランがあり、山口の地酒も味わうことができます。レストラン横には、山口県が誇る、ふく、うに、クジラなどの加工品やひれ酒など特産品を購入することも可能。
夜景も見られて、食事もできて、お土産も買える海峡ゆめタワーは下関観光では外せないスポットです。 

海峡ゆめタワー
place
山口県下関市豊前田町3-3-1
opening-hour
9:30-21:30(最終入館21:00)

この記事を含むまとめ記事はこちら