隅田川に川床付きのホテル!? 清澄白河「LYURO東京清澄」


2017.04.23

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2017年4月14日、東京下町の風情が漂う清澄白河に「LYURO(リュウロ)東京清澄 -THE SHARE HOTELS-」がオープン!京都の鴨川で見られる川床のような「かわてらす」を配置しており、宿泊者から地元の住人まで集えるシェアスペースにもなっています。ホテルでは隅田川をテーマにしたデザイン、リバービューならではの滞在を満喫できますよ。夏にかけて水辺ならではのひとときを楽しんでみませんか?
隅田川沿いのリバービューホテルが誕生!
東京の下町エリアに位置する江東区の清澄白河(きよすみしらかわ)。江戸時代から物流の拠点や倉庫街として発展してきた川沿いの街です。現在では東京都現代美術館やブルーボトルコーヒー1号店などもあり、アートやカフェの街としても知られています。
アクセスは、都営大江戸線の清澄白河駅から徒歩10分ほど。隅田川沿いに位置する建物が「LYURO 東京清澄」です。1980年代に建てられたオフィスビルをリノベーションしており、当時のポストモダンと隅田川のモチーフを取り入れた斬新なデザインになっています。
一番の見どころは、隅田川を見渡せる開放的な「かわてらす」。東京都建設局が、河川敷地を活用して飲食店を営業する目的で設置したもので「LYURO 東京清澄」はその事業者に認定されました。宿泊者がレストランやブルワリーを楽しんだり、地域住民が思い思いに過ごせるシェアスペースとして開放しています。
フロントは、青と白を基調にした開放感あふれるスペース。受付前では青の照明がゆらゆらと照らされており、まるで水面にいるような気分に。一番奥はギャラリースペースとなっており、クリエイターやアーティストの作品なども展示されています。
フロント入り口で目を引くのが、ブルーの本棚「SHARE SHELF KIOSK」。水辺をモチーフにした書籍や写真集、繊細で美しい江戸切子などの工芸品、ホテルオリジナルのグッズなども販売しています。見た目にもおしゃれなのでお土産としてもおすすめです。
青で統一された館内と遊び心のあるデザイン
「LYURO 東京清澄」の空間デザインは、プロジェクトデザイナーの佐藤利樹氏が担当。館内は隅田川をイメージしたという鮮やかなブルーの空間が広がっています。ロゴフォントも漢字の「川」にならい、3本の線で構成されたり波状の動きも出すなど遊び心を感じさせます。
客室のある4階~6階の廊下は、奥に行くにつれて濃くなる青のグラデーションに。まるで水の中を潜っているような不思議な感覚です。夜になると照明が落ち、客室の部屋番号のサインが淡く光るので、さらに幻想的な雰囲気に変わりますよ。
客室の部屋番号のサインも斬新!厚みのある手作りガラスを用いたことで、下から照らす光が揺らぎ水面を思わせる表現に。ポストモダンの要素を散りばめたデザインとなっています。
隅田川を臨む開放的なリバービューバス!
隅田川を望める個室タイプの客室「リバービューダブル」。白を基調としており、所々に間接照明を用いていることでリラックスできる空間になっています。洋室のようにも見えますが、壁紙には葛飾北斎の浮世絵を組み合わせたブルーの模様が…!江戸時代と現代、両方の隅田川の景色を交互に描いているところがおもしろいですね。
特に注目したいのは、隅田川を臨む開放的なリバービューバス!取材時は残念ながら雨でしたが、夜には東京スカイツリーや清瀬橋のライトアップを一望できるバスタイムを満喫できますよ。ちょっと恥ずかしいかも…という方はブラインドを下ろせば大丈夫です(笑)。
女性専用のドミトリータイプも用意
3階には、2段ベッドの男女共用ドミトリーもあります。プライバシーを考慮したカーテンや、鍵付きセキュリティボックスも完備しています。1階の女性専用のドミトリーには、室内にシャワーやトイレも設置しているので安心して過ごすことができますね。
ドミトリーの宿泊者が利用できるパウダールーム。シンプルで広々とした洗面台には、ハンドソープ、ティッシュ、ドライヤーが用意されています。歯ブラシセット、ヘアブラシ、カミソリ、コットンは個別包装のストックがたっぷりあるので、急に必要になった時に買いに行かなくても良いのが嬉しいところ。一番奥にはランドリーのスペースもありますよ。
本格バーベキューとクラフトビールを堪能!
2階にあるのが本格バーベキューレストラン「PITMANS(ピットマンズ)」。スロースモークバーベキューをテーマにしており、じっくり調理したプルドポークやスペアリブなど、本格的な肉料理を味わえますよ。特に低温で長時間スモークしたプルドポークは、口の中でほろっととろける逸品ですのでぜひ味わってみて下さいね。
バーベキュー料理にピッタリのクラフトビールも要チェック。アウグスビール初のブルワリー「清洲橋醸造場」も併設されており「清洲橋オリジナルクラフト」をはじめ、様々な種類のビールを味わえますよ。香り、コク、甘みのバランスが良い「谷中ビール」、フルーティで爽やかな味わいの「アウグス ホワイト」など、ビール好きにはたまりませんね!
夜の「かわてらす」では東京スカイツリーや清瀬橋のライトアップを独り占め!今後は隅田川花火大会の観覧スポットとしても注目されるかもしれません。夜風に吹かれながら皆でバーベキュー料理やクラフトビールを味わえば、さらに美味しくなりそうですね。 

LYURO東京清澄
place
東京都江東区清澄1-1-7
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら