菜の花、桜、ハナモモまで!長野県・小布施町「千曲川河川公園」で春を感じる!


2017.03.31

LINEトラベルjp 旅行ガイド

長野県の北部、長野市の東側に位置する小布施町は長野県で一番小さな町(自治体)です。葛飾北斎の天井絵のある「北斎館」や、栗の産地として有名で、名前を聞いた事のある方も多いのではないでしょうか?
そんな小布施町にある「千曲川河川公園」では、春になると様々な種類の花々が一度に楽しめてオススメです!北信濃で春を感じてみませんか?
千曲川河川公園ってこんな所
小布施町と長野市を結ぶ千曲川にかかる「小布施橋」。この橋の右岸のたもとにあるのが「千曲川河川公園」です。「リバーサイドパーク」とも呼ばれるこの公園は、建設省千曲川工事事務所(整備当時)と小布施町によって「千曲川の持つ本来の自然や風景、水や緑との触れ合いの場」として整備されました。
公園面積は約10.8ha。春に菜の花、八重桜、ハナモモ、りんごの花や桃の花など様々な花を楽しむ事が出来ます。
オススメは菜の花と八重桜。両方とも例年の見頃は4月下旬~5月中旬と遅めの時期です。まだまだお花見し足りない!と言う方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?
一面に広がる菜の花と山々のオススメビュースポット!
約1.5haの菜の花畑は小布施橋を真上に挟んで左右に広がっています。
なんでも江戸時代、千曲川の中州の周辺は一面の菜の花が咲き、その風景を地元の人々は「黄金島(こがねじま)」と呼んでいたそうです。その景観を守ろうと、今では地元の有志の方が管理していらっしゃいます。
一面に広がる菜の花は絶景!見頃の時期には菜の花の上に鯉のぼりが展示され、菜の花畑の中には迷路も出現します。天気が良い日は、この場所から遠く北信五岳も見る事が出来ます。のどかな北信濃の山々の風景と一緒に、菜の花を楽しんでみてはいかがでしょうか?
菜の花と一緒に楽しめる遅咲きモコモコの八重桜のトンネル!
「千曲川河川公園」の側の千曲川堤防沿いは「桜堤(さくらづつみ)」と呼ばれ、約4kmに渡っておよそ530本もの八重桜が植えられています。この「桜堤」は高速道路との狭間地を利用して整備されていて、上信越道下りの小布施PAでは高速道路を降りなくても道沿いの桜を楽しむことが出来ます。
花びらの枚数が多い八重桜はモコモコとしていて可愛らしく、ソメイヨシノよりもボリューミー。植えられているのは「一葉」という八重桜の中でも遅咲きの品種です。平成5年から整備が始まったので、まだまだ勢いのある若い桜の木ばかり。そこまで背も高くありませんので丁度目線の高さで楽しめるのもオススメのポイントです。
八重桜はキレイに均等に二本、三本と並列に植えられていて、春には見事な桜のトンネルを作り出します。見頃は例年4月下旬~5月中旬あたりまで。見頃の時期にはライトアップもされます。
4月下旬頃だと菜の花も丁度見頃です。黄色とピンク、鮮やかな花々を一度に楽しむ事が出来てオススメです。
ハナモモ、りんごの花も楽しめる!
その他公園周辺では色鮮やかな「ハナモモ」も楽しめます。一つの枝に赤、白、ピンクと色とりどりの花が鮮やかなハナモモはゴールデンウイークあたりまで見頃です。連休にお出かけを予定されている方にもオススメ。
その他にも周辺には「りんご」や「桃」の畑も見られ、4月中旬あたりにはそれぞれの花も楽しめます。公園にはベンチやシートを広げられる木陰のスペースもあります。周辺を散策した後は、のんびりピクニックをするのにもオススメですよ。 

長野市リバーサイドパーク
place
長野県長野市豊野町浅野
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら