白黒どっち?能登島・ひょっこり温泉で食べたい!のとじまバーガー


2017.02.17

LINEトラベルjp 旅行ガイド

能登半島の七尾湾に浮かぶ能登島には、日帰り天然温泉「ひょっこり温泉」があります。オススメは温泉で販売されている「のとじまバーガー」です。B級グルメ準優勝のご当地バーガーは、白と黒の2種類のバンズが基本。アレンジで能登ふぐ仕様もあります。
温泉たまご施設で温泉たまごを作りながら、お風呂に浸かって、希少食材を使った「のとじまバーガー」をいただきましょう!「ひょっこり温泉・島の湯」をご紹介します。
穏やかな七尾湾は、世界最北の野生のイルカ生息地!
能登半島の七尾湾に、ひょっこり浮かぶような能登島は、能登を代表する温泉地である和倉温泉から、能登島大橋を渡って数分です。能登島水族館やガラス美術館、キャンプ場などは、能登半島の観光スポットとしても知られています。
能登島の中心部にある「ひょっこり温泉・島の湯」の前は、夏には海水浴も楽しめる砂浜が広がります。正面には、富山湾へと続く穏やかな七尾湾と七尾の市街地や海岸線を眺めることができる絶景スポットです。
七尾湾では数年前から、野生のイルカが棲むようになり、その家族も増え、現在は6頭が生息しています。世界最北の野生のイルカ生息地とも言われ、夏は野生のイルカウォッチングや、イルカと一緒に泳ぐツアーも開催されています。
温泉に行く前に、まず温泉たまごを準備しよう!
ひょっこり温泉から数分行くと、「温泉スタンド」「温泉たまご施設」があります。
看板はありますがつい見落としがちな目立たない看板です。施設のすぐ横には、能登島コミュニティセンターがあるのでこれを目印に。またすぐ手前にコンビニもあります。生卵を持参しなくても、コンビニで生卵をGETすることもできますよ。
温泉たまごの場所には、源泉がぽこぽこ湧き上がる石囲いの湯釜があります。温泉たまご作るための金笊も用意されています。ここは近隣の宿泊施設からも温泉たまごを作りにくるほど、穴場の施設です!
写真は、生卵を源泉に浸けたところです。ぽこぽこ湧き出るお湯に卵が揺れているのがわかるかな?!
ここには、温泉たまご施設のほか、いっぷく足の湯や温泉スタンドがあります。温泉スタンドは温泉の自動販売機です。
温泉たまごを作る源泉の温度は、約70度ほど。たまごができあがるのに30~40分です。
さぁ、たまごを笊に入れて、出来上がるまでひょっこり温泉へGO!
大きな露天風呂が自慢!いろいろな家族風呂も
「ひょっこり温泉・島の湯」は大きな露天風呂が自慢の天然温泉です。和風、洋風のふたつの浴場は、交代で男女が入替わります。七尾湾に浮かぶ小島が見える大きな露天風呂がとても開放的です。ひょっこり温泉は、このエリアでは和倉温泉の総湯に、勝るとも劣らないオススメの温泉です。
能登地区では珍しい炭酸泉の寝湯も毎週金曜日に実施されています。家族用の貸切風呂もありますよ。
玄関を入ると、能登島で採れた野菜が販売されています。
白、黒、ふぐ、どれにする?ご当地「のとじまバーガー」
ひょっこり温泉の自慢は温泉だけではありません。ぜひ味わってほしいのが食堂で販売されている「のとじまバーガー」です。2014奥能登B級グルメで準優勝のご当地グルメです。
ミルクがたっぷりの「白」バンズには県内でもなかなか希少な能登島三元豚とんかつが!イカスミ入りの「黒」バンズには、能登ミルクとアオリイカのクリームコロッケが!
そしてもうひとつ「ふぐ」は、能登でとれた天然の能登ふぐの唐揚げパティが挟まれている超豪華版です!
さぁ、「白」「黒」「ふぐ」、どれをいただきましょうか。家族や友達といろいろ食べ比べもいいですね。ちなみに「ふぐ」は、白バンズ、黒バンズに変更もできます。
のとじまバーガーの真っ赤なキッチンカーはイベントにも出店します。見かけたらぜひご利用ください!
温泉たまご忘れずに
ひょっこり温泉は、食堂のみの利用やテイクアウトもできます。足湯につかりながら「のとじまバーガー」をいただくこともできますよ。
ちょうどいい頃合いに出来上がった温泉たまごを、忘れずにお持ち帰りくださいね。 

read-more
ひょっこり温泉 島の湯
rating

4.0

21件の口コミ
place
石川県七尾市能登島佐波町ラ部29-1
phone
0767840033
opening-hour
[通年]9:30-21:30(最終受付20:…

この記事を含むまとめ記事はこちら