「リスさんが乗ったよ!」子連れで行く東京「まちだリス園」!


2017.02.11

LINEトラベルjp 旅行ガイド

「リスが子どもの肩や頭に乗りチョロチョロ動き回る―」。そんな光景は物語の世界で、日常生活ではなかなか遭遇できないものです。でも東京都にある「まちだリス園」は広い敷地内にたくさんのリスが放し飼いにされた自由なスタイル。至近距離で触れあえるので、もしかしたら絵本のワンシーンのような“リスとのショット”が実現できるかもしれませんよ。今回は子連れ目線で見るリスの楽園の楽しみ方をご紹介します。
リスと仲良くなろう
「まちだリス園」内のメイン舞台といえるのが、ガラス扉のゲートから出入りする「放し飼い広場」。外周200メートルもある広場には、手づくり感あふれる木箱があちこちに並び、約200匹ものタイワンリスが生活しています。走りまわったり、人用の通路を横切ったり、木のぼりやジャンプ移動といったアクティブな姿も見ることができます。
リスに食べさせることができるエサとして、ひまわりの種が1袋100円で売られています。エサやりをする時には、キルトでできたミトンを手にはめることが重要で、園内で気軽に借りられるようになっています。子どもはじっとしているのが苦手なので、ミトンから種を落としてしまうこともしばしば。リスのいる近くでまず子どもを座らせて、大人が種を乗せてあげるとスムーズですよ。
リスとより密に触れ合いたい時には、ひとつ目の種をミトン上に乗せ、二つ目を手首辺りに、3つ目を腕に乗せて静かに待ってみてください。種を追ってリスが腕に乗ってくれるかもしれませんよ!ただしリスは木をひょいひょい登るだけに爪は鋭いのを忘れてはなりません。冬用の上着やダウン着用時なら大丈夫ですが、薄手の服や半袖だと傷ができてしまうので注意してくださいね。なお昼行性のリスは色や明暗の識別はできるようなので、種を置く洋服は黒っぽい色より白っぽいものの方が発見しやすく追ってくれるかもしれません。
巣箱を楽しむ
「放し飼い広場」内には、手づくり感あふれる巣箱があちらこちらに設置されています。中には天守閣や集合住宅のような造りもあるので、子どもと一緒に「リス城かな!?リスマンションかな!?」と、リスの街を想像しながら見て回るのも楽しいですよ。
普通サイズの巣箱は、同園で開催されているリスの巣箱作り体験会でつくられたものだそうです。「巣箱メイキングセミナー」は年に数回開催されていて、参加費無料なうえに入園も無料!訪れるならこの体験会に狙いを定めるのもおすすめです。定員があるので、イベント開催日をホームページでチェックしたり、電話で問い合わせてみてくださいね。
リス以外の「カワイイ」もいっぱい!
「まちだリス園」は、エントランスを入ってすぐの広場にモルモットやウサギ、テンジクネズミ科の最大種「マーラ」もいます。モルモットスペースでは、たくさんのモルモットが柵の内側から次々と顔を出し「ご飯ちょうだい!」とアピール。モルモットのエサはレタスとニンジンが乗って1皿100円で買えるので、ぜひあげてみてくださいね。小さい子でも簡単にあげやすいので、もしリスへのエサやりが上手にできなかったら、モルモットにあげれば子どものご機嫌も復活するかもしれません。
土日祝日にはモルモットやウサギが抱っこできる「ふれあい広場」が行われます。開催日に訪れることができるなら、抱っこさせてあげると子どもは喜びますよ。
園からの出口と兼用になっている売店は子どもにとって“最後の楽園”というべきでしょうか、たくさんのぬいるぐみが販売されています。「まちだリス園」は最新の施設ではありませんが、そこから想像すると思った以上に種類が豊富。カワイイぬいぐるみのお土産があるので大人も嬉しくなってしまうかもしれません。
リスや、ウサギにモルモットといったぬいぐるみがメインですが、動物モチーフのパペットやマグネット、キーホルダーもあります。本物の動物たちと触れ合った後ならなおさら、子どもたちは釘付けですよ。 

町田リス園
rating

4.0

149件の口コミ
place
東京都町田市金井町733-1
phone
0427341001
opening-hour
10:00-16:00[4-9月の日祝]10:0…

この記事を含むまとめ記事はこちら