駅から徒歩2分、展望も最高!岩手・盛岡「ホテルルイズ」で盛岡情緒に浸る


2017.02.10

LINEトラベルjp 旅行ガイド

岩手県盛岡市の町のシンボルである開運橋のたもとに建てられた「ホテルルイズ」。JR盛岡駅から徒歩2分と立地条件が良いこともさることながら、周囲に高いビルはなく、夜は夜景、そして朝は岩手山を一望でき、歌人 石川啄木が愛した盛岡の情緒に浸れるとても素敵なホテルです。
「開運橋」に最も近いホテル
盛岡市の駅前商店街と北上川を挟んで反対側の大通り商店街をつなぐ「開運橋」。この橋は盛岡のシンボルであり、また、就職などで盛岡を離れた人が帰省した際には、必ずこの橋を眺めてから実家に帰ると言われるほど、市民の心のよりどころになっています。
写真は客室最上階の13階の部屋から見た夜景。ホテルの東向きの部屋からは、2015年にムーンホワイトに塗り替えられた光り輝く様に美しい開運橋と、盛岡の夜景が一望できます。
この街並みの向こう側には、盛岡で生まれ、新婚時代を過ごした石川啄木が「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし 十五のこころ」と歌った盛岡城址があり、県庁所在地でありながら静かで城下町の風情を残す盛岡の街並みが、盛岡情緒として旅の思い出の1ページに刻まれることと思います。
多彩な客室と「エグゼクティブフロア」
ホテルルイズの客室は、シングル、ダブル、ツイン、和室など多彩な6タイプで全190室。写真はツインルーム。クリーム色を基調とした落ち着いた雰囲気でベッドも大きく、ゆったりくつろげます。
料金は、ツインルーム二名利用で一泊9000円以下(朝食バイキング付き)ととてもリーズナブル。駅前のシティホテルなのに、ビジネスホテル並みの料金設定はうれしいですね。
こちらの部屋は、2016年10月に誕生した「エグゼクティブフロア kaiun」のシングルルーム。9階のフロア全体がエグゼクティブフロアで、シングル、ツイン、ダブルの3タイプの部屋を用意しています。
このフロアのベッドには全て「エアウィーブのマットレスパッド」を採用。卓球の福原愛選手やテニスの錦織圭選手も愛用するマットレスが、朝までの快適な眠りを約束してくれます。
また、バスルームのアメニティには海藻のミネラルたっぷりの「資生堂 uminera」を採用。他の部屋よりも格段にサービスが充実したエグゼクティブフロアの部屋ですが、料金はシングル一泊8500前後とこちらもリーズナブル。ご宿泊の際には是非ご検討下さい。
館内に和食処、本格中華、コンビニイートインも可能
ホテルルイズ館内には地下1階に和食処、1階にコンビニ、2階に本格中華のお店があり、極寒の夜など外に出たくない時にはとても便利。
地下1階の日本料理店「開運亭」は料亭風で高級感あふれる雰囲気とは裏腹に、天ぷらや海鮮、そして岩手県産黒毛和牛などがリーズナブルな料金で頂けるお店。
2階の本格中華「萬花京(まんげきょう)」は、フカヒレやアワビ、北京ダックなどの本格的で洗練された中華料理が頂けるお店。四千円から一万円程度のコース料理がメインで、ちょっとリッチな気分を味わいたい時に最適のお店です。なお、萬花京は盛岡市内でもトップクラスの人気店なので、宿泊時でも事前にご予約されることをお勧めします。
また、ホテル1階にはコンビニ(セブンイレブン)があり、ロビーの一角がイートインスペースになっていて購入したコーヒーを飲んだりすることが出来るので、外出時など外から迎えに来る友人を待つときなどとても便利です。
朝食のバイキングは和洋折衷で多彩なメニュー
ホテルルイズの朝食は、14階の展望レストラン「ラ フォンテーヌ」でのバイキング。大きな窓からは開運橋と盛岡市内、そして岩手山が一望できます。
和洋折衷で多彩なメニューのバイキングは、ご飯でもパンでもどちらでも満足できる品揃えですが、朝はお腹に優しいものをという方には、本格中華「萬華鏡」の中華粥がお勧めです。トッピングはザーサイやピータンなどお好きなものを選ぶことが出来ます。
一方、朝からガッツリという方には朝カレーがお勧め。大きめにカットしたブロッコリーやカボチャ、ジャガイモの温野菜をトッピングすれば「野菜ゴロゴロカレー」の出来上がりです。
開運橋ライトアップと岩手山
開運橋は毎年12月中旬から翌年の2月中旬までライトアップが行われます。ライトアップは赤や青などの単色のバージョンと、七色のレインボーバージョンがあり次々と変化していきます。
盛岡の冬は極寒で、ライトアップを眺めたくても外では寒さに耐えきれませんが、ホテルルイズであれば暖かい部屋から満足行くまで見ていられるので、ライトアップを眺めながら、1階のコンビニで購入してきたお酒で部屋飲みなんていうのも良いですね。
なお、開運橋のライトアップについては、関連MEMOに記載した「盛岡市「観光についてのお知らせ」(開運橋ライトアップ情報)」でご確認して頂けるようお願いします。
朝食会場となる14階の「ラ フォンテーヌ」からは障害物無しで「岩手山」を眺めることが出来ます。岩手山は、岩手を代表する歌人である石川啄木が「ふるさとの山に向ひて言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな。」と歌った山で、岩手県民の母なる山。
岩手山をほぼふもとから障害物無しで眺められるのも「ホテルルイズ」ならでは。渡り鳥の群れが来ればより更に旅情がそそられる、そんな思い出を作ることもできる、とても素敵なホテルです。 

ホテルルイズ
place
岩手県盛岡市盛岡駅前通7-15
phone
0196252611
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら