東京以北最大の歓楽街「さっぽろ雪まつり・すすきの会場」で氷を楽しもう!


2017.01.24

LINEトラベルjp 旅行ガイド

札幌の冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」は、毎年2月上旬に開催される雪と氷の祭典です。日本国内外から多くの観光客が訪れる、北海道で最も大規模で伝統的なイベントです。
さっぽろ雪まつりは、大通公園、つどーむ、すすきのと3つの会場で開催されます。今回、東京以北最大の歓楽街すすきので開催される、氷を楽しむがテーマの「すすきのアイスワールド」で、大小様々な氷像や氷とのふれあい、楽しみ方をご紹介します。
「すすきのアイスワールド」は歓楽街のど真ん中!
「さっぽろ雪まつり・すすきの会場」は、市営地下鉄すすきの駅から地上に上がるとすぐそばにあります。すすきの交差点やニッカひげのおじさんでお馴染みのすすきのビルが目印です。
すすきのは、東京歌舞伎町、福岡中洲と合わせて日本三大歓楽街と呼ばれ、飲食店や風俗店、大型商業施設、外資系ホテルまであらゆるジャンルが混在する巨大繁華街でもあります。そのど真ん中でアイスワールドが開催されます。
すすきのアイスワールドは、南4条から南6条までの西4丁目線の市道で開催されます。すすきのビルとススキノラフィラの間、写真のアイスワールドの看板のかかった氷像から始まります。
2015年から「すすきのアイスワールド」と呼ばれ、氷を見るから氷を楽しむにテーマが変わりました。
氷彫刻コンクール作品を鑑賞しよう!
毎年行われるイベントの一つに、氷彫刻コンクールがあります。開催日から丸一日かけて制作された氷彫刻のコンクールの結果が翌日午前中に発表され、表彰式が行われます。最優秀賞・札幌市長賞、優秀賞・札幌観光協会長賞、優秀賞・すすきの観光協会長賞、準優秀賞・すすきのアイスワールド実行委員長賞(2名)と、素晴らしい作品が勢ぞろいですよ。
受賞者は表彰式の後、ススキノ氷の女王との記念撮影もあります。
写真の氷彫刻は、2016年氷彫刻コンクール最優秀賞受賞作品「幻翼」です。幻の動物の翼が、細やかに繊細に表現されている圧巻の作品です。
氷彫刻コンクール優秀賞「ススキノに舞う」透明な翼を持つ大きなお魚がススキノに舞っている、動きのある氷彫刻です。お魚の鱗の部分など、細かな細工が素晴らしいですね。
氷彫刻コンクール優秀賞「カムイチカブ(神の島)~シマフクロウ」です。フクロウの羽と毛並みが力強く表現されていて、これが氷で作られたなんて...と思いますよ。
さっぽろならではの氷像も鑑賞しよう!
アイスワールドでは、ウイスキーやビール、日本酒や焼酎の会社がスポンサーの氷像が多いのですが、その中でも目立つのが、美味しそうな「北海道限定のサッポロ クラシックビール」の氷像です。ビールの色や泡の部分まで、本物そっくりに作られています。
2016年は、NHK朝ドラ「マッサン」でニッカウヰスキーが話題になりました。宝船に、ニッカひげのおじさんのウヰスキーが乗っています。
「沖縄の竜宮城」は海の魚を入れた氷を作り、その氷を積み上げて制作した竜宮城です。なぜか子供の頃からイメージしていた竜宮城が、浮かんできますね。懐かしい、夢のある氷像です。
氷に触れて、体験してみましょう!
「アイスバー」で温かい飲み物がいただけます。ホットコーヒーやホットミルク等のソフトドリンクの他にも、コーンスープやトマトスープ、オニオンスープ等のスープ類、唐揚げやライスバーガー等のフードメニューも揃っています。もちろん、お酒もあります。どれもワンコイン前後のリーズナブル価格です。
「カーリング体験コーナー」では、冬のオリンピック競技のカーリングを、すすきのアイスワールドで体験する事ができます。氷の上で、実際にストーンを投げてみましょう。
氷の滑り台を滑ってみましょう!
氷の滑り台を滑るのは、子供だけではなく、大人だって滑って楽しめます。滑り台には、係員が常時滑り降りる間隔や、起き上がり介助をしてくれるので安心です。滑り台の横には氷の車等があり、実際に乗ってみることもできます。
イルミネーション前で記念撮影をしよう!
光輝く「KIRINイルミネーションロード」は撮影スポットになっています。周囲のネオンに負けないほど、キラキラ美しくきらめく「光の芸術」を楽しみましょう。
イルミネーションロードを抜けると、かぼちゃの馬車のイルミネーションがあります。
こちらでは撮影した写真をその場で、オリジナルフォトカードにしてくれるプレゼントや有料で写真のプリントサービス等があります。 

すすきの
place
北海道札幌市中央区南四条西4丁目
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら