ビジネスラウンジも秀逸な「品川プリンスホテル Nタワー」に注目!


2016.12.30

LINEトラベルjp 旅行ガイド

品川は、羽田空港からのアクセスや新幹線の停車駅としても注目を集めています。東京を訪れる旅行者に人気のエリアでもありホテルも多彩。中でも「品川プリンスホテル」といえばエリアを代表するホテルの一つです。そんな品川プリンスホテルのメインタワーに隣接、品川駅から歩き進むとブラウンのエントランスが目に入る「品川プリンスホテル Nタワー」。快適なビジネスライフを実現するための様々な仕掛けがあります。
注目の進化を遂げるプリンスホテル
東京シティエリアのプリンスホテルが急激な進化を遂げています。ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町の開業は記憶に新しく、また、既存ホテルの秀逸なリニューアルも続々と進められています。プリンスホテルの伝統的なエリアとして名高いのが品川・高輪エリア。プリンスホテルといえば品川や高輪を想像する人も多いことでしょう。こちらでも各ホテル注目すべき変化を遂げています。
品川プリンスホテルといえば、品川駅前の立地にして約3500の客室数を誇るホテルとして知られています。ゆえに様々な旅行者層に利用されており、ビジネスユースの利便性や機能性を追求するゲストから更なる設備やサービスの拡充を求める声がありました。そのような要望に応えるかのように誕生したのが品川プリンスホテル Nタワーなのです。
Nタワーの持つ余裕と機能性
品川プリンスホテル Nタワーは品川駅徒歩約2分。アクティブワーカーにとって抜群の立地です。「会社・自宅に続く“3rdプレイス”」を謳い、出張時の打合せ、個人でのビジネス、休憩など多彩なニーズに対応した空間を提供することをコンセプトのひとつにしています。
スタッフサービスも高く、まるでビジネスコンシェルジュのようです。ビジネスユースホテルの機能性や利便性とは相容れないイメージの“ホスピタリティマインド”ですが、Nタワースタッフの接客クオリティにはただただ驚くばかり。客室以外でも仕事に集中することができるホテル+αの環境と言えそうです。
利用者目線の客室
全257室の客室は全室禁煙。ビジネス機能やセキュリティにも気遣い、「2ndオフィス」としての利用価値も高い空間です。階層ごとにカラーが異なるのも分かり易く好評。リピートしても新鮮な感覚を楽しめることでしょう。
快適なステイへの追求は、客室の無料ミネラルウォーターやシモンズ社製ベッド、加湿機能付空気清浄機の導入などは当然として、ワイドデスクの導入や6口もあるコンセントなどビジネスユースへの気遣いも光ります。客室入り口の全身ミラー脇に設けられたミニテーブルとドライヤーなどは女性にも嬉しいポイントで、利用者目線を徹底追求しなければ実現できないアイディアです。
また、24時間利用可な製氷機や電子レンジ、コインランドリーも備え、長期出張にも適した設備が充実しているのも特徴です。
凄いビジネスラウンジ
ホテルのラウンジといえば、高級感を前面に打ち出し、大振りなソファやローテーブルといった寛ぐ空間というイメージがあります。品川プリンスホテル Nタワーで大人気のラウンジは、「職場・家以外で仕事をする第3の場所“3rdプレイス”型のビジネスラウンジ」がコンセプトという他に類を見ないスペースです。Nタワーの宿泊ゲストは1回につき4時間無料で利用できます(滞在中は何回でも利用可能、宿泊ゲストの同伴者も5名まで有料で利用可能)。
ラウンジ内のエリア分けも秀逸です。くつろげる「ソファーエリア」をはじめ、作業に集中しやすい一人用の「集中ブース」、脚をのばしてゆったりできるリクライニングも可能な「リラクゼーションシート」、打合せや作業用のスペースに適した「センターテーブル」に、ミーティングや商談などに最適な「コミュニケーションエリア」と多彩。
インテリアも独創的、創造性もかきたてる最上階のビジネスラウンジならば、仕事もうまくいきそうです。
朝食もラウンジで
ラウンジでは、無料提供されるオリジナルの軽食サービス「N’s morning」も楽しめます。卵料理や、製法にこだわったベーグル、サプリメントドリンクなど全20品以上のメニューは軽食というイメージを超えています。
何より、機能的なラウンジで、忙しい朝にサッと食べられるクオリティ高いメニューは嬉しい限りです。 

品川プリンスホテル Nタワー
place
東京都港区高輪4-10-30
phone
0334401111

この記事を含むまとめ記事はこちら