人気エリア札幌・中島公園の隠れ家的ホテル「マイステイズ札幌中島公園」


2016.12.29

LINEトラベルjp 旅行ガイド

札幌市中心部にある市民のオアシス「中島公園」は、緑豊かな自然が嬉しいエリア。歓楽街として名高いすすきのにも近いということもあり人気です。かようなロケーションなのでホテルの立地としても人気の地区。多彩な施設が林立する中で、隠れ家的ホテルとして注目されるのが「ホテルマイステイズ札幌中島公園」です。リブランドと秀逸なリニューアルを経たスタイリッシュな館内、眺望が素晴らしい客室などを紹介しましょう。
札幌のホテルは主要3エリアに
札幌市街中心部のホテル立地は、札幌駅周辺、大通公園周辺、すすきの・中島公園周辺の3エリアに大別できます。JRでのアクセスや北海道大学などにも近いのが札幌駅周辺エリア。商業施設も多い大通公園周辺。歓楽街と溢れる自然が魅力のすすきの・中島公園エリアとそれぞれに魅力があります。旅の目的やアクセスに応じてエリアをセレクトするのも札幌のホテル選びでは重要です。
3つのスポットでも、中島公園地区は緑や川など豊かな自然に恵まれつつ、歓楽街すすきのに隣接するという人気のエリアです。ホテルは主にすすきの南側から地下鉄中島公園駅周辺にかけて多く立地しています。
人気の中島公園エリアにあるホテル
大都市の中心にある大きな公園は貴重です。住民のオアシスとして、災害時には避難場所としても重要でしょう。札幌市中心部の公園といえば、大通公園と並んで中島公園を思い浮かべます。日本の都市公園100選にも選ばれた中島公園は、豊かな緑にきらめく水面、鮮やかな紅葉、しっとりした雪景色と四季折々の表情を見せてくれます。
落ち着きのある閑静な公園の近くは、ホテルステイの場所としても魅力的ですが、中島公園に加え、豊平川も至近という立地のホテルマイステイズ札幌中島公園は、欲張りなロケーションのホテルと言えそうです。最寄り駅は札幌市営地下鉄中島公園駅よりも、幌平橋駅が至近という隠れ家的ゾーンに立地します。駅から徒歩3分ですが公園を愛でつつの散策気分でアッという間です。
秀逸なリニューアル
ホテルマイステイズ札幌中島公園は、従前の「KITA HOTEL(キタホテル)」から2016年4月にリブランドオープンした施設です。リブランドというと、小手先の改装で看板を掛け替えたといった拙速感のある施設も多く見られますが、ホテルマイステイズ札幌中島公園への全面改装は徹底しています。
KITA HOTELそのものもデザイン性の高いことで知られたホテルでしたが、スタイリッシュさを保ちつつ、利便性や快適性も追求した明るい空間へ生まれ変わりました。客室の調度品やテキスタイル、アメニティのひとつひとつに至るまで吟味されています。
ハイクオリティのホテルにして、すすきの中心部から少し外れる立地ということで、他のホテルと比較して利用しやすい料金設定。施設のレベルから考えるとコストパフォーマンスの高さが光るホテルでもあります。
窓の大きな広々した客室
客室タイプはファミリーユースからシングルユースにまで対応する多彩な構成です。何よりの魅力はファミリータイプの贅沢な客室面積。グランドデラックスファミリーは何と65平方mの客室面積を有します。スーペリアファミリーで50平方mと、客室面積だけ見るとスイートルームが標準?と思わず誤解してしまいそうです。
デラックスファミリーで42平方m、スーペリアツインでも35平方mとあらばため息が漏れてしまいそう。もちろん、ビジネスユースに使える客室も備えています。スタンダードダブルは14平方mですが、デザイン性の高い開放感あるインテリアなので広く感じます。
北海道を満喫できる朝食
札幌のホテルステイで楽しみなのが朝食です。デラックスホテルからビジネスホテルに至るまで、各ホテル道産メニューの取り入れに積極的。“北海道が味わえる朝食”は今や札幌のホテルで沸騰するキーワードなのです。
ホテルマイステイズ札幌中島公園の朝食も注目です。スタイリッシュなレストラン「La façon(ラ・ファソン)」で提供されるのは、「現代人のための健康朝食プラン-食するから摂る感覚で-」をテーマにするブッフェスタイルの朝食。道産食材も多用、サーモンやイカの刺身まであるクオリティ高き朝食です。 

ホテルマイステイズ札幌中島公園
place
北海道札幌市中央区南14条西1丁目
phone
0115310550
中島公園
rating

4.0

755件の口コミ
place
北海道札幌市中央区中島公園1
phone
0115113924
opening-hour
[問い合わせ]9:00-17:00

この記事を含むまとめ記事はこちら