岩手・小岩井ウィンターイルミネーション「銀河農場の夜」でロマンチックな夜のひとときを


2016.10.25

LINEトラベルjp 旅行ガイド

年々規模を拡大し今や東北最大級の光の祭典となった小岩井ウィンターイルミネーション「銀河農場の夜」は、2016-2017シーズンも11/19~1/13の間開催されることが決定しました!。雪深い「小岩井農場」で繰り広げられる光と星の祭典はロマンチックそのもの、宮沢賢治のふるさと岩手にぴったりの銀河の世界へ誘ってくれます。カップルはもちろん、家族連れにも大人気の「銀河農場の夜」をご紹介します。
宮沢賢治が愛した「小岩井農場」は冬は一面雪の世界
JR盛岡駅から車で約30分、雫石町にある「小岩井農場」は日本最大の民間総合農場。その中心の観光エリア「まきば園」では春から秋にかけては、NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」で一躍有名になった"一本桜"や、トラクターバスで行くガイド付きツアー、プールでの様々なアトラクションなどで楽しめますが、冬は一面深い雪に覆われます。
その雪の中で行われるのが小岩井ウィンターイルミネーション「銀河農場の夜」。小岩井農場は宮沢賢治が愛し数多くの作品を残した場所。しんしんと降る雪の中で賢治があこがれた幻想的な銀河の世界と、思わず微笑んでしまう小岩井のかわいい動物たちが出迎えてくれます。
銀河の世界への入り口「宇宙トンネル」
チケットを購入して園内に入り、右手に進んでいくと見えてくるのが「宇宙のトンネル」。ここが銀河農場の入り口です。天の川や流星、そして賢治の代表作である「銀河鉄道の夜」に登場する北十字星と南十字星をイメージさせるイルミネーションはとても幻想的。
銀河鉄道の夜の主人公ジョバンニとその友人カンパネルラは、銀河ステーションから列車に乗って宇宙を旅しますが、その時見た宇宙はきっとこんなに素晴らしい星の世界だったのでしょう。
今にも走りだしそうな「銀河鉄道SL」
蒸気機関車の代名詞「デゴイチ」に三色のイルミネーションを施した「銀河鉄道SL」。ヘッドランプを点灯し迫力のある汽笛を響かせて今にも走り出しそうなこの機関車は、本当に後ろの客車にジョバンニとカンパネルラが乗っているのではないかと思えてしまいます。
また、ここは撮り鉄さんでなくても何枚も写真を撮影してしまうスポット。どのアングルが一番「今にも走り出しそう」か?、前後左右色々な角度で撮影してみて下さいね。
今にも走りだしそうな「銀河鉄道SL」
銀河鉄道SLのすぐそばにある「恋人たちのツリー」は、カップルには最高の撮影スポット。列の前に並んだ人たちの撮影をしてあげ、自分たちは後ろに並んだ人に撮影してもらいましょう。こんな素敵なツリーの下で撮影した写真は、最高の思い出の一枚になること間違いありません。
なお、撮影はカップルに限らず、家族連れでも友人同士でも全然問題ありませんので、是非一緒に記念の一枚を撮影して下さいね。
2015-2016シーズンから登場の「銀河のまきば」
銀河農場の夜は年々進化し続けていて、牛、馬、羊、ひよこなどこの農場に暮らす動物たちが、まるで牧場でのんびりくつろいでいるかの様な光景が広がるこの「銀河のまきば」は2015年に初登場。
かわいい動物たちと背景の幻想的な景色に、思わず寒さを忘れてうっとり見とれてしまいます。
小岩井ウィンターイルミネーション「銀河農場の夜」で素敵な夜のひとときを
いかがでしたか?
2016-2017シーズンの「銀河農場の夜」は11/19(土)から1/3(火)まで開催され、イルミネーションは毎日15時に点灯されます。また、毎週土曜日と最終日には17:30から花火が打ち上げられます。
冬の小岩井はとても寒いですが、美しいイルミネーションでロマンティックなひとときを過ごしにいらしてみて下さい。きっと素敵な思い出ができますよ。
なお、期間中でも雪が無いことがありますが防寒対策は万全に、また道路は大変混みあいスリップの危険もあるので、できるだけバスなど公共交通機関をご利用されることをお勧めします。交通機関のご案内につきましては関連メモに記載の公式ホームページをご覧下さい。
また、スキーや温泉と組み合わせて岩手の冬を満喫されるのも良いと思います。小岩井農場周辺には「雫石スキー場」「岩手高原スノーパーク」「つなぎ温泉」「鴬宿温泉」などお勧めの温泉とスキー場がありますので、是非関連メモに記載した公式ホームページをご覧頂き、ご検討されてみてはいかがでしょうか。 

小岩井農場 まきば園
rating

4.0

300件の口コミ
place
岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
phone
0196924321
opening-hour
9:00-17:30(入場券販売終了16:…

この記事を含むまとめ記事はこちら