養老渓谷で滝ざんまい――千葉県市原市・大多喜町


2012.10.15

LINEトラベルjp 旅行ガイド

千葉県のほぼ中央、房総半島のど真ん中に位置するのが、緑豊かな温泉地、養老渓谷です。
滝めぐり遊歩道を目指していたら、幻の滝に出合いました。
房総一を誇る名瀑、粟又の滝へ
JR東京駅から電車を乗り継いで2時間ほどのところに、養老渓谷はあります。広い地域に、温泉やハイキングコースなど見どころが点在しているので、養老渓谷を存分に味わうためには、泊りがけをおすすめします。
今回は、滝めぐりコースをご紹介します。
養老川に沿った小沢又から粟又の滝まで2.5キロメートルの遊歩道が整備されています。周囲は森に囲まれ、ひんやりした空気の中、房総一を誇るといわれる粟又の滝を目指して歩きます。途中、昇龍の滝、万代の滝、千代の滝など大小さまざまな滝を楽しめます。緑も深く、新緑、紅葉の季節はとてもきれいなのでしょうね。
渓谷の深い森
高台から渓谷を見下ろすと、養老渓谷は見事に深い森でした。
穴場スポット! 幻の滝
水月寺を越え、小沢又の滝めぐり遊歩道に向かって歩いていたら、偶然「幻の滝」を見つけました。個人が所有している滝で、入場料を支払って見ることができます。中には5つの滝があり、階段、歩道なども整備されています(急ですが)。所有者の方は、この滝にほれ込み、東京から引っ越ししてきたそうです。
この滝が、存外素晴らしくて胸を打ちました。個人的には粟又の滝より心に残っています。
食事処も併設されており、滝を眺めながら食事や軽食を取ることができます。幻の滝は個人所有のためか、観光情報としてあまり登場しておらず、養老渓谷の穴場スポットといえるでしょう。
【幻の滝 ガーデン滝の郷】
住所:千葉県夷隅郡大多喜町小沢又1007-1
電話:0470-85-0608
定休日:原則無休
入場料:100円
穴場スポット! 幻の滝
幻の滝を出て、滝めぐり遊歩道に向かう途中の住宅にトトロがいました! なるほど、周囲の雰囲気は、トトロの森のようです(^^) 

養老渓谷
place
千葉県夷隅郡大多喜町
phone
0470801146

この記事を含むまとめ記事はこちら