ドラえもんに岡本太郎も!川崎・生田でオススメのミュージアム3選


2016.10.26

LINEトラベルjp 旅行ガイド

川崎市の生田には美術館やミュージアムがいっぱい!アートを楽しみたい時にはおすすめの街です。さらに生田といえば緑が多いことでも知られ、特に「生田緑地」は都内からのアクセスが良いにもかかわらず、マイナスイオン満載のスポット。
その園内に美術館もあるので、都会の喧騒から離れた空間でゆっくりとアートに浸ることができるのです。今回はそんな生田のオススメの美術館をご紹介します。
ドラえもんに会いに行こう!藤子・F・不二雄ミュージアム
最寄りの向ヶ丘遊園駅を出て街を歩いていると、街のいたるところに見覚えのあるシルエットが!それを辿った先にあるのが名作アニメ「ドラえもん」の美術館「藤子・F・不二雄ミュージアム」です。
「ドラえもん」の生みの親である漫画家の藤子・F・不二雄は、当時この生田で実際に執筆をされていたのでこの地に建てられたそうです。
このミュージアムには彼が描いた原画を中心に、子供が遊べる施設やここでしか見れないオリジナル作品のシアターなどがあり、子供から大人まで楽しむことができます。
館内屋上では等身大のドラえもんやおなじみの公園の土管、さらにどこでもドアなど、アニメの世界を疑似体験できます。絶好のフォトスポットなので是非記念に写真を撮りましょう!
館内を遊び尽くした後は3Fにあるカフェでゆったり。こちらもアニメにちなんだメニューが用意されていて、見た目がとてもキュート。特にお子様には喜ばれること間違い無しです。
そんなミュージアムですが注意点が一つあります。
それは館内は完全予約制となっており、前もってチケットを購入しておかなければなりません。チケットは毎月30日にローソンでのみ販売しています。詳しくは公式サイトを参考にご購入下さい。時期によっては入手が困難になってしまうと思うので、行かれる際はなるべくお早めの予約をオススメします。
自然の中でアートを楽しめる!岡本美術館
生田緑地内を少し歩いていくと「岡本美術館」があります。この美術館は芸術家・岡本太郎の生誕の地として、この川崎市に建てられました。彼の代表的な作品である大阪万博公園の「太陽の塔」は有名ですね。
そんな彼の個性的なアートが館内にはぎっしり詰まっています。絵画、オブジェ、イスやモニュメントまで様々。どんな思いでこの作品を作ったのか。そういうことをじっくり考えながら作品を見ていくとより楽しめるはず。生涯を通してアートを楽しんできた彼の作品を心行くまで味わいましょう。
さらにショップには個性的なグッズがたくさん。太陽の塔のミニチュアもあったりして面白いです。他にも様々な芸術家によるトークイベントや展覧会も行われていますので時期を狙って行くのもグット。また、注意事項として館内は一部を除きほとんど撮影禁止です。マナーを守って館内を周るようにしましょう。
デートにもよし。1人でじっくり楽しむのもよし。少し大人なアートを楽しみたいときにはここ「岡本美術館」がオススメです。
デートにもオススメ!かわさき宙(そら)と緑の博物館
生田緑地には川崎の自然に関する資料や展示物が観覧できる「かわさき宙と緑の博物館」という博物館もあります。
ここには川崎市に生息する主な動物や昆虫が展示されており、そのほとんどが標本や剥製!まるで今にも動き出しそうな迫力を感じることができます。資料の説明も動画などがあって子供でもわかりやすいように工夫されているところが嬉しいポイント。
また、展示物の観覧以外にもかわさき自然調査団の皆さんによる生田緑地内の観察会や実際に体験して学べる不思議な実験教室など、お子様が楽しめるイベントもたくさん行っています。
さらに、館内にはプラネタリウムや天体観測のできるアストロテラスなどもあって、大人でも十分楽しむことができます。中でもプラネタリウムはデートにもぴったり!ただし、プラネタリウムは時間指定がありますので前もって確認してから行きましょう。
家族連れの方にはお子様が遊んで学べる空間として、デートでは自然の中でロマンチックな雰囲気を味わえる場所として大変オススメですのでぜひお立ち寄りください。
デートにもオススメ!かわさき宙(そら)と緑の博物館
生田緑地でもう一つ見ておきたいのがこれ!「川崎市立日本民家園」です。ここではまるで昔の日本にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わうことができ、日本の伝統行事も体験できます。
こちらは25軒もの日本の古民家が揃う屋外博物館で、東日本の代表的な古民家をはじめ、水車小屋や高倉、歌舞伎舞台など様々な建物を見ることができます。ここにある建物は、そのほとんどが国の重要文化財に指定されている大変貴重なもの。ここでしか見ることのできないものもありますので、歴史好きな方には特にオススメのスポットです。
さらに、西門近くにある伝統工芸館では藍染め体験を楽しむことができます。藍染めとは無地のハンカチを専用の液に浸し、キレイな模様を付ける日本の伝統行事です。初めての方でも簡単にできますし、もちろん出来上がったものはそのままお持ち帰りできます。ただし、注意点として完成までに1時間ほどかかりますので、お急ぎの場合はご注意を。
また、正門の本館展示室ではこれらの古民家に関する基礎知識を学ぶことができます。その他イベントも多数行っていて、ベーゴマ大会などの昔ながらの遊びや歴史を学ぶことのできる行事など、大人から子供まで楽しめる行事がたくさん。詳しくはホームページに掲載されていますので、行かれる際はチェックしてみて下さい。
まとめ
いかがでしたでしょうか?
美術館や博物館などのアートを十分に堪能でき、さらに自然も楽しめちゃう生田。アートも自然も楽しみたい!そんなときには生田は絶対押さえておきたいスポット。イベントも多数行っていますので、家族連れの方やデートなどの際はぜひ行ってみてください。 

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
place
神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
phone
0570055245
opening-hour
10:00-18:00日時指定の完全予…
川崎市岡本太郎美術館
place
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5 生田緑地内
phone
0449009898
opening-hour
9:30-17:00(最終入館16:30)
生田緑地
place
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-4 生田緑地東口ビジターセンター
phone
0449332300
opening-hour
24時間(施設により異なる)
川崎市立日本民家園
place
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1
phone
0449222181
opening-hour
[3-10月]9:30-17:00(最終入園1…

この記事を含むまとめ記事はこちら