本物そっくりの富士山クレープも!伊豆で食べたい「ジオ菓子」


2017.09.02

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2012年、日本ジオパークに認定された伊豆半島。更なる飛躍を遂げようと大地の地質を紹介する「ジオリア」や「ビジターセンター」など伊豆の各地に展示施設が設けられるなど、2018年の世界ジオパーク認定に向けて動き出している最中です。そんな中、伊豆の大地、伊豆からの景観を再現したユニークなお菓子が続々登場! そこで、伊豆を訪れたら食べておきたい注目のジオ菓子をご紹介します。
美しき富士山がモチーフ!日本最大級のかき氷&リアル富士山クレープ
最初にご紹介するのは、伊豆半島の玄関口に位置する道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」内にある「スポークカフェ」から。ここでは、「富士山クレープ」を販売。ミルクやブルーハワイゼリーで、見事に富士山を再現し、駿河湾をイメージしたうっすらエメラルド色のクレープ。中には、生クリーム・コーフレーク・イチゴジャムが入っており、ジャムは地中のマグマを再現しています。
伊豆は、富士山が美しく見えるところ。道の駅の展望テラスでは、晴れの日は富士山が見られるので、景色と併せて食べたいクレープです。「富士山クレープ」は、カフェオリジナル。数量限定なので、食べたい方はお早めにどうぞ。
「スポークカフェ」
静岡県田方郡函南町塚本887-1
西伊豆町にある「ごがねすと」。お店は、富士箱根伊豆国立公園内の黄金崎公園の駐車場にあり、ここでご紹介したいスイーツは、こちらのかき氷「FUJISAN」です。黄金崎は、夕日に照らされると岩肌が黄金色に輝く景勝地で、富士山を一緒に見られる絶景ポイント。
そんな場所にあるため発案されたかき氷で、大きさは、左側にある通常サイズのパフェと比べても一目瞭然のドデカいサイズ! かき氷が器からはみ出す位てんこ盛りにされ、その高さは20cm以上!「FUJISAN」かき氷は、これが通常サイズで、一人ではとても食べきれないので、数人で食べるのがお勧め。
かき氷の中に、小御岳火山に見立てたソフトクリームや、古富士火山に見立てたフルーツソースが入っていて、かつての火山活動によって出来た富士山が再現されています。雪を表現した練乳がたっぷりかけられていて、中の滑らかなソフトとかき氷のシャリシャリ感がたまりません! 見た目も涼しげで、上手に食べないと崩れてしまうので、ちょっぴりスリルも味わえますよ。 
因みに左側のパフェは、黄金崎の黄金色の岩肌に見立てた「夕陽パフェ」で、マンゴー味のソフトクリームです。この他、伊豆半島ジオパークの見所「ジオサイト」をイメージした「西伊豆ジオプレート」などのメニューがあるので、ジオスイーツおまかせのお店。「FUJISAN」かき氷は、一年を通して販売しているので、いつでも食べられますよ。
『こがねすと』
静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須3566-7
本当に食べられる?!半信半疑のリアルでユニークなジオ菓子
こちらは、伊豆半島のジオサイトの地質をお菓子で表現した「ジオ菓子」。見て楽しく・食べておいしく・行ってみたくなると言うコンセプトで、地質の写真やジオサイトの説明付きのマップなどが付いています。
これは、伊豆市下白岩のジオサイト「有孔虫化石」をイメージしたもので、左上にあるのがお菓子。粒々とした地層に含まれている有孔虫を玄米やレンズ豆などで表現し、実に精巧に出来ているので、食べるのに少し勇気がいる程。グロテスクですが、食べてみると見た目とは違って想像以上の美味しさ。ヌガーで作られていて、ココナッツなどのトロピカルな味を楽しめます。
ジオ菓子は、全部で13種類あって、溶岩をクッキー、水底土石流をパウンドケーキで表わしたものなど、バラエティーに富んだ味が楽しめます。バラ売りにされているので、お気に入りのものを見つけてお土産にしてもOK。本物の地層と見比べるのに、ジオサイトに出掛けたくなるような行きたくなるようなお菓子です。このジオ菓子は、道の駅「下賀茂温泉湯の花」で売っていますが、伊豆半島各地にあるジオパークビジターセンターなどでも販売しています。
『道の駅 下賀茂温泉湯の花』
静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂157-1
ソフトクリームに塩をかけて食べる?!ジオソフトクリーム
変わってこちらは「南伊豆町ジオパークビジターセンター」で売っている「ジオソフトクリーム」です。バニラ味のソフトクリームに塩をかけて食べるのですが、かける塩がみそ! 南伊豆の塩分を含んだ下賀茂温泉を煮て作った塩で、いわば大地からの恵み。
ギリシャ語で「大地」を表す「ジオ」にぴったりで、センターの方のお勧めの食べ方は、最初に塩をかけてパクリっと一口食べ、甘じょっぱさを楽しむ方法。食べていくうちに、だんだんとしょっぱさがなくなると同時に甘みが増すような不思議な味わいが楽しめます。
ビジターセンターでは、目を引くような伊豆の美しい景色が写し出された絵葉書、ジオサイトの本や関連グッズ、お菓子などのお土産も販売していますよ。ビジターセンターの前に広がる景色は、伊豆半島の大地を語る上では外せない!伊豆半島ジオパークのバイブル的な本『伊豆の大地の物語』(小山真人著書)の表紙になっている素晴らしいところ。眺めもご馳走なので、景色を見ながらソフトを食べれば、より一層美味しく感じることでしょう。
『南伊豆町ジオパークビジターセンター』
静岡県賀茂郡南伊豆町入間1839-1
伊豆半島を丸かじりっ!
最後は、伊豆半島の形をパンにした「伊豆ジオパン」です。地図で見かける伊豆半島そのもので、デコボコとした海岸線や半島と本州の境にあるくびれ、下田市の須崎半島と思われる小さな半島など、細かいところまで表現されています。
このパンは、伊豆半島ジオパーク推進協議会に認定されていて、伊豆半島が出来るまでのオリジナルの説明付き。バターの風味がたまらないクロワッサンのような食感で、伊豆の大地を丸ごと食る不思議なパンです。伊豆の国市にあるパン店「べケライ・ダンケ」で販売されていて、日本で初めてパンを製造したことにちなんで、毎年行われるイベント「パン祖のパン祭」で審査委員長を務めるパン職人がいる美味しいお店。
ジオサイトになった「城山」を毎朝見て元気をもらうという職人が作るパンには、きっとジオパワーが込められていて、更に美味しいはず。ジオパンの他に、地元の井田地区で海水を煮つめて作った井田塩を使ったオリジナルのパンなど、いろいろな種類があるので、お店を覗くだけでも楽しく、店内にカフェスペースもあるので、焼き立てのパンを味わうこともできますよ。
『べケライ・ダンケ』
静岡県伊豆の国市三福637 

Backerei DANKE(ベケライダンケ)
rating

4.5

4件の口コミ
place
静岡県伊豆の国市三福637
phone
0558768777
opening-hour
[平日]10:00-18:30[土日祝]10:…
道の駅 下賀茂温泉 湯の花
place
静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂157-1
phone
0558620141
opening-hour
施設により異なる
道の駅 伊豆ゲートウェイ函南
place
静岡県田方郡函南町塚本887-1
phone
0559791112
opening-hour
[物産販売所・観光案内所]9:00…

この記事を含むまとめ記事はこちら