天然の防衛網!神奈川・鎌倉アルプスの歴史探索ハイキング


2016.07.15

LINEトラベルjp 旅行ガイド

鎌倉時代に幕府が置かれた神奈川県鎌倉市。この街を象徴するスポット「鎌倉八幡宮」をぐるりと囲う山塊が連なる「鎌倉アルプス」は、天園ハイキングコースとしても人気です。100~200mの低山ながら変化にとんだルートは、歴史探訪とかつての防衛網の堅固さを感じさせます。さらにルート上には神社仏閣もおおく、一味違った鎌倉観光としても魅力があります。記事内では鎌倉アルプスの様子を動画でも紹介しています。
鎌倉五山第一位の「建長寺(けんちょうじ)」からスタート
鎌倉アルプスは、鎌倉八幡宮を囲う山塊を縦走するもので、JR北鎌倉駅を下車して始めます。駅から明月院わきを登るルートもいいですが、鎌倉新仏教・臨済宗鎌倉五山の第一位に格付けされた「建長寺」で、由緒正しきお寺を参拝してからスタートするのがいいでしょう。
立派な建長寺の山門をくぐった奥にある半僧坊道は、四季折々の草花が楽しめる上に、そこから富士見台まで階段を登れば鎌倉市内が一望できます。富士見台まで行って引き返すお手軽ハイキングもいいですが、ぜひともその先の鎌倉アルプスに足を進めましょう。
※ルートに入るには建長寺の拝観料が必要になります
鎌倉市最高地点の「大平山(おおひらやま)」を目指す
鎌倉市の最高地点は大平山の159.2mです。鎌倉アルプスも大平山を経由すればあとは下り基調になり一安心!大平山山頂は広く眺めも良いので、昼食や休憩にも最適です。さらに少し進めばトイレも用意されています。
鎌倉アルプスは正式名称を「天園ハイキングコース」といい、「天園峠の茶屋」があった休憩所が大平山山頂から少し行くと現れます。残念ながら天園峠の茶屋は閉店してしまいましたが、ここから先は急な下りになるのでここで一服がいいでしょう。鎌倉アルプスの様子を4K動画に収めてあります。ぜひご覧ください。
※スマホや環境の整っていないPCでは、1080,720などの画質でお楽しみください
変化のあるルート、見どころいっぱいの自然
鎌倉アルプスは石の山々をたどるもの。鎌倉時代に切通しを作れたのも、このやわらかい石(土)のおかげといえます。その分湿り気があると滑りやすく注意が必要ですが、変化のある山並みは低山ともいえない楽しさがあふれています。
視界が開けた場所では富士山や鎌倉の海なども見られるので、とっても爽快な気分になります。さらに随所にあるエスケープルートで下山できるので、体力に応じて踏破距離を調整することも可能です。
変化のあるルート、見どころいっぱいの自然
鎌倉は梅雨時期のあじさいが有名ですが、他の季節も草花がたくさん咲いています。寺院でなくても街並みにはそこかしこ草花が植えられていて、見るものを楽しませてくれます。
建長寺から大平山を経て瑞泉寺、さらに鎌倉宮までたどるのが、今回の鎌倉アルプスのルートです。このルートをたどると山々に囲まれた鎌倉時代の堅固な都の姿を実感できるでしょう。
足を延ばして「祇園山ハイキングコース」で八雲神社まで
いったん鎌倉の街並みに出て少し歩けば「祇園山ハイキングコース」も用意されています。北條高時が自害したとされる「腹切りやぐら」から八雲神社までの短いルートですが、こちらは鎌倉アルプスよりもさらに野趣あふれる風情が楽しめます。
まだまだ歩き足りない方は、ぜひともこのコースも網羅して鎌倉の都を1周してみるのはいかがでしょうか?詳細ルートは関連MEMOのヤマレコをご参照ください。鎌倉アルプス+祇園山ハイキングコースのGPXデータや地図もダウンロードできます。
寺院巡りと古都の地形をその目で確かめる楽しさ
鎌倉アルプス「天園ハイキングコース」は、ハイキングコースとしても古都めぐりとしても、たくさんの楽しみが詰まっています。そして大きな魅力は、野趣あふれる鎌倉時代の都の姿を確かめられるところ。超有名寺院だけではない鎌倉の素晴らしさを、この機会に味わってみてはいかがでしょうか? 

建長寺
rating

4.5

531件の口コミ
place
神奈川県鎌倉市山ノ内8
phone
0467220981
opening-hour
[拝観時間]8:30-16:30
鶴岡八幡宮
rating

3.5

15件の口コミ
place
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
phone
0467220315
opening-hour
6:00-20:30

この記事を含むまとめ記事はこちら