日本最北限!礼文島の最北端に位置する「スコトン岬」観光


2016.06.14

LINEトラベルjp 旅行ガイド

日本最北の離島、北海道「礼文島」。その最北端に位置するのが最果ての雰囲気ただよう「スコトン岬」です。岬の先端に広がるのは原野と岩場、そして日本海の大海原の荒々しい風景。この場所に立つとここが最北の地であることを強く感じることでしょう。
景色を眺めるだけではなく数々の"日本最北限"観光もお楽しみ。そんな岬の観光ポイントを、"ここは最北端?最北限?!"の謎とともにご紹介します。
「スコトン岬」は日本最北端?最北限?!
礼文島の最北端「スコトン岬」は、目の前にトド島と日本海の大海原、お天気次第では遠くにサハリンをも望める日本最北限の景勝地。原野と岩場の荒涼とした風景が広がる展望は、まさに最北という言葉がぴったり当てはまります。
この地はかつて稚内の宗谷岬とともに日本最北端を名乗っていましたが、測量の結果宗谷岬より少しだけ南に位置することが判明。以後、最北限の地と名乗るようになりました。
現在の岬には最北限のスポットも多数点在しています。景色と一緒に楽しんでみましょう!
目の前には灯台のある無人島「トド島」の姿
スコトン岬の正面1kmほど沖合いに浮かぶ無人島「トド島」は、その名の通り海獣"トド"が訪れる島。11月~4月の冬季間には、島や周囲の岩礁で寛ぐ姿を見ることができます。
ここでは、20世紀初頭から1980年代にかけてトド漁が行われていました。現在は無人島ですが、漁期には人が住んでいた歴史もあります。また、西の高台に建つ灯台は現役(無人運転)で、周辺の海域を航行する船舶にとって重要な目印となっています。
後ろを振り返れば利尻富士の展望!
目の前に広がる最果ての風景に目をとらわれてしまいがちですが、後ろの風景にも注目です。お隣の利尻島のシンボル利尻富士(利尻山)に、最北端の集落・漁港。ここでしか見ることのできない貴重な風景が広がっています。
後ろを振り返れば利尻富士の展望!
「スコトン岬」に建つ、最北限の売店で名物をいただきましょう!
オススメは「昆布ソフトクリーム」。淡いグリーンの色合いも美しい、ほんのり昆布風味が楽しめるおいしいソフトクリームです。ミルクと昆布の意外な組み合わせを楽しんでみて!夏のうに漁シーズンは、新鮮な島内産うにを使った絶品うに料理もオススメです。
また、売店では日本最北限の地来訪記念の証明書を発行してもらえますので、旅の記念にいかがですか?
「最北限のトイレ」に立ち寄ることも忘れずに
スコトン岬観光で忘れてはいけないのが「最北限のトイレ」に立ち寄ること。ここではぜひとも用を足しましょう!トイレに用はなくても記念写真を撮るだけでもオススメ。ちょっぴり変わった旅の思い出ができますよ。
他にもバス停・民宿など"日本最北限"をうたったスポットがいくつもありますので、興味がある方は最北限探しを楽しんでみてくださいね。
「スコトン岬」はサンセットタイムもオススメ!
青い空に青い海が広がる昼間の風景が美しい「スコトン岬」ですが、サンセットタイムもオススメの時間帯。最北限の地で眺める、水平線に沈む太陽と変わりゆく空の色は、感動の思い出になることでしょう。 

read-more
スコトン岬
place
北海道礼文郡礼文町船泊字スコトン

この記事を含むまとめ記事はこちら