絶品近江スイーツ「春日大納言ミルフィーユ」アンリ・シャルパンティエ&叶匠寿庵が夢のコラボ!(滋賀)


2016.06.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

スイーツファンの間でも絶大な人気を誇る「アンリ・シャルパンティエ」。2015年に滋賀県大津にオープンした国内4店舗目になるサロン・ド・テを併設した「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」の限定スイーツが、にわかに注目を集めています。老舗和菓子ブランド「叶匠寿庵」との夢のコラボから誕生した、和×洋のハーモニーが絶妙なここでしか味わえないおいしさを探しに行きましょう!
古都大津をお菓子で盛り上げる「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」
古都大津の1300年以上もの歴史を生かした町づくり"百町物語"から「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」は生まれました。店までは京阪石山坂本本線の浜大津駅から徒歩約5分、JR大津駅からは徒歩約15分ほどで、昔ながらの商店街にあり近くに広がる琵琶湖湖畔の散策も楽しめるスポット。京都からの立ち寄りにも便利です。
「アンリ・シャルパンティエ」でも数少ないサロン・ド・テ(カフェ)併設店は国内4店舗目で、こちらでは見通しの良いオープンキッチンで作られた出来立てのスイーツがいただけます。
浜大津店限定!アンリ・シャルパンティエ×叶匠寿庵
「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」のほど近くに、滋賀を代表する老舗和菓子ブランド「叶匠寿庵」は本店を構え、変わらぬ味を守り続けています。"お菓子で町を盛り上げたい"と願う両者の思いが実を結び、夢のコラボスイーツが誕生しました。
和と洋がこれ以上ないハーモニーを奏でるかのような「春日大納言ミルフィーユ」は、「叶匠寿庵」の代表商品「あも」に使用されている大納言小豆と、たっぷりのカスタードクリームをパイでサンドしたもの。大納言小豆の上品な甘さを生かすことを考え、パイ生地やカスタードクリームにもそれぞれ工夫を凝らした、互いの魅力がふんだんに詰まったおいしさです。決して派手さはありませんが、お菓子を頬張ったときの喜びが一口一口にじわじわとしみます。
滋賀だからこそ実現した「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」限定スイーツ、足を運ぶ価値有りです!
もう一つの限定スイーツは大人のクッキー!
「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」だけのもう一つの限定スイーツをご紹介します。
地元大津で1658年より続く老舗蔵元「平井商店」の酒粕を合わせた「酒粕のディアマン」で、砂糖が宝石のようにきらめくことから"ディアマン(フランス語でダイヤモンド)"と呼ばれるクッキーです。
清酒「浅芽生(あさぢを)」が日本酒ファンに人気の平井商店の酒粕と「みずかがみ」という清酒を生地に練り込み、店内でパティシエがていねいに焼き上げています。ふわっと広がるお酒の風味がクセになる大人のクッキー。カップ酒に見立てたガラス製容器で、お土産にも喜ばれています。
もう一つの限定スイーツは大人のクッキー!
「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」のサロン・ド・テに立ち寄るなら、とにもかくにもおススメしたいメニューが"クレープ・シュゼット"です。オレンジ果汁で軽く煮たクレープにリキュールを加えれば、青い炎のパフォーマンスがスタート。ワゴンサービスで目の前で作ってもらえるので、その臨場感に思わず笑顔がこぼれます。芳醇なオレンジの豊かさとクレープのとろけるおいしさが、口の中いっぱいに広がり大満足間違いなし!
実は"クレープ・シュゼット"は「アンリ・シャルパンティエ」の始まりと深い関わりがあります。創業者が修行時代に、こんなにも人を幸せにするデザートがあるのかと驚きと喜びに触れた一皿がこの"クレープ・シュゼット"でした。その気持ちを届けようと"クレープ・シュゼット"を考案した料理人の名前が店名に付けられたそう。まさに「アンリ・シャルパンティエ」の原点ともいえる幸せの味を確かめてくださいね。
わざわざ行きたい「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」
「アンリ・シャルパンティエ」と「叶匠寿庵」というスイーツファンなら見逃すことの出来ない夢のコラボスイーツは、和菓子と洋菓子が結婚して生まれたような愛しい味わいです。ここでしか味わえない特別なおいしさと時間を「アンリ・シャルパンティエ浜大津店」でお楽しみください!
 

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら