蛍舞う美しき静寂の宿!日光「奥の院 ほてる とく川」の極上づくし!


2016.06.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

美しい自然に恵まれた世界遺産の地・日光。その世界遺産・日光東照宮の裏手に位置するのが、極上の宿「奥の院 ほてる とく川」。美しい庭園と清らかな水辺に囲まれたこのホテルは、夏には敷地内で幻想的な蛍の光飛び交う風景を楽しめます。また秋には、錦絵のような紅葉をすべての客室から堪能!館内・庭園・温泉・食事・おもてなし、すべてが極上のこのホテルは2016年ホテルアワード国内小規模ホテル5位受賞!お勧めです。
まるで絵のような日本庭園を育む、天然水「吟龍水」
「奥の院 ほてる とく川」は日光の美しい自然を活かしながら、日本の庭園文化をも楽しめる宿。庭園の広い池には色鮮やかな鯉が泳ぎ、また庭園の木々は、緑萌ゆる春・万緑の夏・雅な彩りの秋と、日本の四季の美しさを見せてくれます。この美しい池と庭園を育むのは、ホテル敷地地下を流れる日光連山が育んだミネラル豊富な水脈!
こちらでは、その水脈・ナチュラルミネラルウォーターを地下70メートルから汲み上げ、館内すべての水道に使用、また水を循環させる配管は夏の冷房にも利用されています。この冷房は、水を利用しているので冷え過ぎずエコで体に優しく、赤ちゃんやお年寄りにも安心!
また、この名水は池にも循環しており、清流にしか生息できない岩魚も育ち、夏には池の周囲で天然記念物モリアオガエルも見かけます。また夏の風物詩・蛍は6月半ばから7月半ばまで見られ、ホテル敷地内にはホタル鑑賞台も作られています。
「奥の院 ほてる とく川」の名に相応しい、雅な館内!
ホテルは、エントランスを入ると、華やかで雅な世界が広がります。ロビーに飾られた花車、赤い野点傘と赤い毛氈の床机。そして、ホテル内随所に飾られた日光彫・着物・陶器やガラス・生け花などが、美しく館内を彩ります。
またホテル内の所々の壁には栃木県産の美しい大谷石が組み込まれ、栃木の文化をも伝えます。ホテル内を歩くだけで、まるで美術館巡りをしているような気分です。
広い敷地に17室の贅を尽くした客室!庭園を眺め<ゆたり>な時を。
「奥の院 ほてる とく川」は、広い敷地に17の客室しかありません。そのため、一部屋の作りがとてもゆったりとしています。一階は『湯心の間・吟龍』の7部屋(特別室1・和室5・和洋室2)。全てベランダと風情豊かな露天風呂がついています。部屋付きの露天は温泉ではありませんが、日光連山から生まれ湧き出る名水「吟龍水」を使っており24時間入れる極上の湯。
2階は『季心の間・月代』の9部屋(和室4・和洋室2・バリアフリー和洋室1・洋室2)。こちらは洋室2部屋を除き広いベランダがついており、満天の星空や月明かりを堪能できます。また207号室「ふじ」はバリアフリーとなっており、車いすにも対応しています。洋室2部屋はベランダはありませんが窓から庭園を眺められ、低めの価格設定となっています。
食事は、個室ダイニングで取りますが、歩くのが大変な方やお部屋でゆっくりお食事をしたい方にはダイニングがついてる部屋もあります。泊まる人の体の状態や好みに合わせて様々な形態のお部屋をチョイスできますので、HPの客室の写真を見て部屋を指定するか、予約の際に相談してみて下さいね。
広い敷地に17室の贅を尽くした客室!庭園を眺め<ゆたり>な時を。
「奥の院 ほてる とく川」の温泉は単純アルカリ泉。大きな内湯と日本庭園を眺めながら入るゆったりとした露天風呂があります。そしてお酒好きに嬉しいのが、温泉で日光の地酒(純米酒)を楽しめる<せせらぎセット>。憧れの温泉に酒を浮かべて一杯!の夢が叶います。
でも、飲み過ぎにはご注意くださいね。
そして2016年6月から、和情緒たっぷりの美しい貸切露天風呂がオープンしました!静寂の中、竹林と水辺に映る緑を眺めながら楽しむ風情豊かな露天温泉は最高の贅沢!忘れえぬ旅のひと時となることでしょう。
日光と栃木県の逸品を食す!すべての食事は個室orお部屋のダイニングで!
栃木県は豊かな自然環境の下、新鮮な野菜や果物・良質の栃木和牛など、美味しい食材に恵まれた地。また日光には山岳信仰と共に発展してきた“日光湯波”をはじめ、美味しい特産品があります。「奥の院 ほてる とく川」の食事は、栃木県ならでは・日光ならではの美味しい食材を使った郷土料理。熱いものは熱いままに、冷たいものは冷たいままに食せるよう心配りされた雅で極上のお味です。
朝食と夕食は、風情ある「個室ダイニング・蔵」で提供されます。美しい庭園を眺めながら美しい個室で頂く食事は、まるで高級料亭のよう。また、ダイニングルームがついたお部屋ではお部屋での食事もOK。アレルギーや苦手な食材がある方は、親切に対応してくれますので予約の時にご相談してみてくださいね。
蛍鑑賞の時期は6月中旬から7月初旬、秋の紅葉は11月初旬がオススメ!
「奥の院 ほてる とく川」では、ゲンジボタルとヘイケボタルが楽しめます。ホタルが住む清らかな水辺と美しい環境づくりの努力の結果、夏になると蛍舞う光が楽しめるようになりました。蛍の時期は年により多少の違いがあるので、ホテルHPやブログで情報をお確かめ下さい。
また、秋の紅葉シーズンはホテルの庭園が一番美しく彩られる時。この時期は早めの予約をお勧めします。混み合う観光スポットの紅葉狩りを離れて、ホテルで露天や食事を楽しみながら、ゆっくりと愛でる紅葉は最高です!ぜひ「奥の院 ほてる とく川」の極上ステイをお楽しみください。
それでは、みなさん、すてきな旅を! 

read-more
奥の院 ほてる とく川
rating

4.5

234件の口コミ
place
栃木県日光市日光2204
phone
0288533200

この記事を含むまとめ記事はこちら