沈みゆく運命!? 名勝、群馬県吾妻峡の秋の彩


2013.09.18

LINEトラベルjp 旅行ガイド

群馬県吾妻郡に広がる吾妻峡(あがつまきょう)は国指定の名勝地です。奇岩に挟まれた吾妻川沿いに広がる紅葉はすばらしく、深まる秋の彩を堪能してみるのもいいかもしれません。ただ実は、吾妻峡はある事情によって将来的に無くなるかも‥。そんな不安を抱えている紅葉の名所。ぜひ今のうちに行って、この目に絶景を焼き付けてみては、いかがでしょうか?
八ッ場(やんば)ダムが完成すれば
吾妻峡はこれから先に無くなる運命を辿っているのをご存知でしょうか? それは民主党が一度撤回を決めた八ッ場(やんば)ダムの建設が再び始まってしまったからです。
八ッ場ダムの建築進捗は平成25年3月現在で約83%。完成すればこの景観の4分の1を失うことになり、今後この美しさを堪能できなくなるのです。
吾妻峡は関東の耶馬渓(やばけい)とも異名をとるほど奇岩や渓谷美を携えている名勝。国家的公共事業とはいえ、この美しき自然景観が埋没してしまうのは非常に残念です。
※耶馬渓 大分県中津川市にある景勝地。日本三大奇勝や新日本三景の一つに選抜される場所。
3.5kmの渡る渓谷美
秋の吾妻峡の美しさは格別です。渓谷の奇岩と紅葉のマッチングが素晴らしく、吾妻川に架かる雁ヶ沢橋から八ッ場大橋までの3.5kmに見事な景観を魅せつけてくれます。
そして吾妻川沿いにある探勝遊歩道では、徒歩で片道40分程の自然散策を楽しむこともできます。特に川幅が約4mで深さが50mある「八丁暗がり(はっちょうくらがり)」は吾妻峡の最大のビューポイント! ほれぼれする自然の作り上げた造詣(ぞうけい)に心を打たれることしばしです。
探勝散策はどこを歩いても素晴らしい
探勝遊歩道散策も勿論ですが、国道145号線からの景色もまた素晴らしく、道端の広い場所でお弁当を広げて、紅葉を楽しむ姿もそこかしこに見うけられます。
探勝遊歩道を片道で終わらせて、国道に上って折り返すのもいいかもしれません。この時期の吾妻峡はどこを歩いても紅葉で美しく彩られ、訪れる方の目を楽しませています。
探勝散策はどこを歩いても素晴らしい
荒々しい岩肌と紅葉が織りなすコントラストは、まさに自然が作り上げたパレットのよう! 吾妻峡の秋を極彩色に描き出し、いつまでも眺めていたくなります。でも夢中になって、帰りの電車を逃すのは注意したいですね。電車の本数は思っているほどありませんから・・。
渓谷へと向かう車窓の景色はまるで絵葉書のよう。次々に現れる秋の訴えが瞳に焼き付くのは間違いありません。上野駅からの特急列車もありますが、吾妻線の穏やかな揺れに身を任せる上州の秋を、各駅列車で堪能してみてはいかがでしょうか。
※JR吾妻線 河原湯温泉駅下車
今年で見納めなのか?!
山肌から流れ込む風は、来たる冬に備えてちょっと肌寒い!わびしさを漂わせる吾妻峡の紅葉は、今年で見納めかもしれません。季節の移り変わりを肌で感じ、大自然をリスペクトする!そんな憂愁の美を、是非とも今年は目にしたいものですね。観光協会で紅葉の進度を確かめて出かければ、生涯忘れ得ぬ感動を手にできることでしょう。この景観を観るために、残された時間はわずかしかないのです。 

read-more
吾妻峡
place
群馬県吾妻郡長野原町

この記事を含むまとめ記事はこちら