子連れに嬉しい!「ホテル日航八重山」に泊まる石垣島快適ステイ


2016.05.30

LINEトラベルjp 旅行ガイド

多くの人が旅行先に選ぶ沖縄。一度訪れた人であれば必ずもう一度、訪れたくなる場所です。本島には行ったことがあるから次は離島にいってみたい!でも子連れで大丈夫かしら?と迷っている人にオススメしたいのが石垣島にあるこのホテル日航八重山です。
空港からは車でおよそ30分。他の離島へのアクセスが良いことからも人気の石垣島ですが、フェリーターミナルにも徒歩15分と便利な場所に位置しています。
安心の日航ブランド!
日本人であれば誰もが知っている日航ブランド。ネームバリューも子供を連れていく上での安心ポイントです。
大きな施設内には沢山の客室があり多くの利用者がいますが、それに見合うくらいのレストランや大浴場を備え付けています。特に大浴場は石垣島一の広さを誇り、お肌に優しい超軟水を利用しているので赤ちゃんにも安心。ピーク時は混み合うこともありますが、利用時間を延長したり比較的空いている時間の利用を促したりと顧客が快適に過ごせるようにといった配慮がなされています。
女性用の大浴場では「シャンプーバー」と称して各種人気のシャンプー&コンディショナーが貸し出されており、赤ちゃん用ソープなども備え付けられています。
客室も清潔感が溢れ現代的ですが、伝統工芸品のミンサー織の壁掛けが石垣らしさを演出してくれています。子供用の室内着を用意してくれているところも優しいサービスです。
沖縄ならではの美味しい食事!
滞在中の朝食は一階のレストランでビュッフェ形式となります。島野菜をはじめとした沖縄の食材をふんだんに、万人受けするメニューの数々が並べられています。
日替わりのちゃんぷるや自家製の島ジャムなどここでしか食べられないものも沢山あり、飽きることがありません。オムレツや沖縄版クレープのポーポーも焼きたてを提供してくれるのが嬉しいポイント。
レストランを出たところには鯉に餌やりの出来る大きな池やハンモック、ブランコなどゆったりと食休みができる場所が。ビュッフェには「サーターアンダーギー」を持ち帰るための小さな紙袋やテイクアウト用のコーヒーも用意されています。
他にも石垣牛が味わえる焼肉レストランや、最上階で石垣の夜景をのぞむ大人向けのバーなど、雨の日でもホテルの外に出ることなく食事やお酒が楽しめる便利な環境となっています。
夕食を終えた毎晩20時頃からは1階のロビーで島唄のライブが催されます。夜遅くに街中のライブ居酒屋などに行かなくても家族でライブが楽しめるなんて小さい子供連れにはもってこいですね。
日替わりの陽気な地元アーティスト達が観客を巻き込むスタイルで歌ったり踊ったりしながら石垣の夜を盛り上げてくれます。
子供が大喜び!スライダー付のプール
子供連れファミリーにとって、あると嬉しいのがホテル内のプール。ここにはウォータースライダーもあり子供たちはおおはしゃぎです。
パラソルや椅子が並び大人が休憩できるスペースが設けられている他、すぐ近くにシャワーと更衣室があるので寒い思いをしてお部屋に戻る必要がありません。
また有料でパワーパドラー(ボート)やチューブ型のフロートなど貸し出しを行っているので長時間でも飽きることがありません。タオルもこちらでレンタルできるので身軽に出向けるのが嬉しいポイント。夏季は赤ちゃん用のプールも用意されており、暑い中でのちょっとした水浴びに喜ばれています。
子供が大喜び!スライダー付のプール
事前予約が必要ですが、お部屋にはベビーカーやベビーベットを搬入することもでき、レストランにはもちろん子供用の椅子も用意されています。
また、驚くべきはキッズルームやキッズプログラムの充実。ジョイントマットが敷き詰められたキッズ専用のお部屋や子供用の映画が上映されているお部屋などもあります。期間限定で記念品がもらえるキッズイベントも行われていることがあるので要チェックです!
自然を大切にするホテルポリシー
美しい自然に囲まれた石垣島とだけあって環境への取り組みも熱心です。紙の無駄を省き、ハウスキーピング不要の意思表示をすると、施設内で使えるクーポンがもらえたりと、顧客を巻き込む形で環境保全に取り組んでいます。
また石垣島の地下水をくみ上げたお水を飲料水としてポットでお部屋にサービスしてくれるのもありがたいポイント。赤ちゃんのミルクにも安心して利用することができます。
大きな島ではないものの、緊急外来や小児科、赤ちゃんグッズ販売店、託児所なども付近にあるので困った時にはホテルスタッフに相談を。フレンドリーなスタッフが親身にアドバイスしてくれるはずです。
 

アートホテル石垣島
rating

4.0

974件の口コミ
place
沖縄県石垣市大川559
phone
0980833311

この記事を含むまとめ記事はこちら