岐阜・長良川のほとりにホスピタリティ溢れる上質なデラックスホテル「岐阜都ホテル」


2016.05.20

LINEトラベルjp 旅行ガイド

全国的に有名な清流長良川の鵜飼い、岐阜城や金華山など、風情ある観光都市である岐阜市。大都市名古屋からも電車で20分程とアクセスも良好。賑やかな駅周辺にはビジネスホテルも多くありますが、旅館や観光ホテルなどが建ち並ぶ長良橋周辺のステイには注目です。中でも特別の存在感を醸し出すのが「岐阜都ホテル」。贅沢な眺望が楽しめる好ロケーションのホテルです。上質なホスピタリティと共に紹介しましょう。
長良川散策を楽しみながらホテルへ
JR、名鉄が乗り入れる岐阜駅から岐阜都ホテルまでのアクセスはバスの利用が便利です。バス停は「長良川国際会議場北口」または「長良川国際会議場前」が便利ですが、手前の「鵜飼屋」や「長良橋」で下車し、長良川や金華山の眺望を楽しみながら散歩がてらに堤防を歩いてのアクセスも楽しいでしょう。岐阜駅からホテルまでタクシーならば15分ほどです。
最寄りバス停名の通り、ホテルは「長良川国際会議場」に隣接、2階の専用通路で連絡しています。国際会議場をはじめ多目的ホールを有する施設で、国内外のイベントやコンベンションが催されています。また、長良川競技場や長良川球場も近く、球場を望める客室もあります。
開放的な吹き抜けロビーには“鵜”が!?
圧巻の広々した吹き抜けのロビーはさすがデラックスホテルの風格。各所に姿勢の良い笑顔のスタッフが配され、ゲストのチェックインからステイ、チェックアウトまで気の利いたサポートを提供してくれます。
また、ロビーから続く「ラウンジフローラ」は、金華山や岐阜城を望む大きな窓が印象的なラウンジ。光溢れる開放的なスペースで、ホテルご自慢のデザートや軽食などが楽しめます。
ところで、ロビーには噴水があるのですが、なんと“鵜の銅像”が。まさに羽ばたかんとするデザインは感動的。岐阜のエッセンス溢れる空間なのです。
余裕のある面積に贅沢な設えの客室
客室はシングルルーム、ダブルルーム、ツインから和室・スイートまで多彩なラインナップですが、いずれも余裕のある客室面積。シングルルームで24平方m、ダブルルームになると30平方m、ツインではスタンダードでも38平方mと、ゆったりとホテルステイが楽しめます。
客室の窓が大きく取られているので、眺望も客室選びで是非考慮したいポイントです。「シティービュー」からは岐阜の町並みや長良川競技場が、「リバービュー」からは清流長良川や金華山が望めます。
余裕のある面積に贅沢な設えの客室
特別階の9階はプレミアムフロア(Premium Floor)で利用者には「プレミアム8」が用意されています。プレミアム8は特別階限定の8つの特典です。
1 プレミアムラウンジの利用
2 VODシステム(ビデオ・オン・デマンド)滞在中利用無料
3 セキュリティ(同フロア宿泊者以外はフロアにアクセスできない)
4 セレブ愛飲の紅茶「ロンネフェルト」を用意
5 プレミアムフロア専用アメニティOMNISENS Parisを用意
6 オリジナルバスローブ
7 マイナスイオンドライヤー
8 フィットネスクラブ利用無料
中でもプレミアムフロア専用の「OMNISENS Paris」は、海洋深層水とコットンや亜麻から抽出した繊細な植物エキスと組み合わせ、保湿・うるおい・ハリ・ツヤを与える、心地よさをテーマにしたアメニティです。
何よりハイフロアからの眺望が別格のプレミアムフロアは、身も心も癒される快適フロアといえるでしょう。
充実施設のフィットネスクラブ
多彩な施設も岐阜都ホテルの魅力です。中でもホテル3階にある「フィットネスクラブ」は充実の設備が魅力。20m×3コースのプールをはじめ、トレーニングジム、サウナなどが備えられています。
利用条件が18歳以上で、会員と宿泊ゲストのみが利用できるという、落ち着いた大人のフィットネス空間です。宿泊ゲストの利用料金が1日2160円(プレミアムフロア利用者は無料)というのも、同クラスのホテルと比較してリーズナブルです。プールやジムでリフレッシュ、バスやサウナで旅の疲れを癒すなど、是非利用したいフィットネスクラブです。
おわりに
注目スポットの多い岐阜市の長良川周辺。中でも有名な長良川鵜飼の観覧船乗り場までも徒歩圏内という岐阜都ホテルは、岐阜観光に利用価値の高いホテルです。もちろんシティホテルという要素もありますが、アーバンリゾートホテルのリラクゼーションをも併せ持つ麗しのホテルといえるでしょう。 

都ホテル 岐阜長良川(旧:岐阜都ホテル)
place
岐阜県岐阜市長良福光2695-2
phone
0582953100

この記事を含むまとめ記事はこちら