神秘の池にサクラマスの滝越えまで!裏摩周湖エリアのドライブスポット


2013.09.05

LINEトラベルjp 旅行ガイド

北海道の東部に位置する摩周湖。このエリアを代表する観光スポットなだけに四季を問わず多くの人が訪れます。もちろん摩周湖の景色も素晴らしいのですが、実はその付近には観光客が少ない隠れた名所があるのです。
そこで今回、摩周湖観光の際に少し足を伸ばして欲しいおススメスポットを紹介します。
必見!!摩周湖の地下水を湛えるコバルトブルーの池
清里町より北海道道1115号線摩周湖斜里線を中標津方面へ行くと、「神の子池」という看板があります。そこを右折し砂利道を進むこと約2キロ。そこに美しいコバルトブルー色の池、神の子池が現れるのです。
神の子池は水温が年間を通して8℃と低いため、倒木が腐らずに沈んでいます。
その姿がなんとも神秘的! この池の水は、摩周湖から流れてきた地下水が湧き出しているもの。神の子池のような湧水が湧き出ているため、摩周湖の水位は川がなくても変わらないのです。
神の子池:駐車場あり。
生命力に感動!!サクラマスの滝越えが見られるさくらの滝
斜里川上流にあるさくらの滝。
高さ3.7mと滝としてはそれほど高くないですが、実はこの滝では6月~8月にかけてサクラマスの滝越えを見ることができるのです!
日本の各地でもサケ科の滝越えは見られるようですが、世界的にもこれだけ高い滝をジャンプする場所は珍しいよう。
この難易度の高い滝超えに成功するマスはほんのわずかですが、何度も何度も壁にぶち当たっては、また滝越えに挑戦するマスの姿にとても感動。
魚体は6月は銀色、8月は桜色と産卵に近づくにつれて色が変わり、9月には産卵を終えて命を全うします。
そして、その後の秋には紅葉が美しく見られるようです。
*マスは通年禁漁です。
*熊が出没することもあるので、注意してください。
さくらの滝:駐車場あり。
霧のない摩周湖がみられる?!裏摩周展望台
「霧の摩周湖」と謳われる摩周湖。未婚者が霧のない晴れた摩周湖を見ると婚期が遅れる(?)…など霧に関する都市伝説もあるほど。
しかし、せっかく行ったのに湖面を見れずに帰るのは惜しい!!そんな悔しい思いをしたくない方におススメなのが裏摩周展望台です。
第一・第三展望台とは反対の場所にあり、観光客も少ないので摩周湖独特の静けさを堪能できます。他の展望台と比べて霧の発生が少ないので、湖面を見られるチャンス大!
裏摩周展望台:駐車場あり。
霧のない摩周湖がみられる?!裏摩周展望台
おわりに。
ご紹介した場所はどれも交通の便が悪い場所ですが、その分行く価値あり!!
車でゆったり、裏の摩周湖エリアを巡ってみてはいかがですか? 

read-more
摩周湖
place
北海道川上郡弟子屈町

この記事を含むまとめ記事はこちら