桜美しき都心のオアシス!札幌市中心部を流れる「鴨々川」


2016.04.08

LINEトラベルjp 旅行ガイド

札幌市中心部を流れる「鴨々川(かもかもがわ)」は、歴史の面影と四季の移ろいが美しい、街歩きついでにお花見を楽しめるスポット。川を泳ぐ錦鯉の優雅な姿にも癒されます。
そんな、ノスタルジックな風景の中に桜が舞う都心のオアシスをご紹介。北の歓楽街ススキノから徒歩圏内ですので、ディナーの前にでもぜひ花見散歩をしてみませんか?
ススキノを南へ!突如現れるノスタルジックな空間
JR札幌駅南口と中島公園を大通・ススキノ経由で結ぶ札幌駅前通沿いを散策していると、突如川のせせらぎとともにノスタルジックな空間が現れます。この場所は、札幌市の中心部を流れる「鴨々川(かもかもがわ)」。風情あるどこか懐かしさをも感じる風景が待っています。
春は桜も美しい!歴史を感じる市民憩いの場
その昔、北海道開拓使は市内を流れる豊平川から取水し、江戸時代に大友堀として造られた創成川を物資輸送に活用していました。「鴨々川」は、その2つをつなぐ2.5kmの川。もともとは自然河川でしたが創成川開削の際につなげられました。
いまも歴史を感じるこの場所は、桜咲き誇る都心のオアシス的存在。春は市内散策を兼ねて、お花見もオススメです。ベンチもあり休憩ポイントにもぴったり。あまり混雑することはないので静かに過ごすことができますよ。
「鴨々川」を優雅に泳ぐ錦鯉
「鴨々川」のススキノ側、約250mの区間には錦鯉が放流されており、優雅に泳ぐ姿を間近に見ることができます。それは、和を感じる心和む風景。鴨も多く飛来します。
また、鯉たちは冬もこの場所で過ごします。水温が低いときは動かず川底でじっとしていますので、寒い季節に訪れた時も水面をぜひ覗いてみてくださいね。
「鴨々川」を優雅に泳ぐ錦鯉
川の流れに沿って南へ進んでゆくと緑と水辺が美しい「中島公園」にたどり着きます。ここは札幌市を代表するお花見スポット。日本庭園の枝垂れ桜やソメイヨシノの桜並木など、園内のあちらこちらで桜咲き誇る風景を観賞することができます。
国の重要文化財「豊平館(ほうへいかん)」や音楽専用ホール「札幌コンサートホールKitara」など見どころも多く、観光スポットとしてもオススメ。ぜひ時間をとって散策を楽しんでみましょう。
「鴨々川」の流れは、園内を通り抜け札幌市営地下鉄南北線「幌平橋駅」方面まで続きます。写真は幌平橋駅近くで撮影したもの。この付近は子どもたちの水遊び場にもぴったりです。
春夏秋冬それぞれの美しさ
「鴨々川」が美しいのは春だけではありません。春夏秋冬それぞれの風景があり、いつ訪れても癒される場所。夏の緑・秋の紅葉…そして雪景色、どの季節も絵になります。
夜の「鴨々川」も美しい!
ライトアップも美しい「鴨々川」は、夜の散策もオススメ。ススキノでお食事やお酒を楽しんだ後、ぷらっと立ち寄ってみてはいかがでしょう。夜桜ムードも味わえます。
札幌街歩きの際は、ほんの少し足を伸ばしてノスタルジックな川沿いを散策してみませんか? 

read-more
幌平橋
place
北海道札幌市中央区中島公園
no image
中島公園
rating

4.0

755件の口コミ
place
北海道札幌市中央区中島公園1
phone
0115113924
opening-hour
9:00-17:00(要問い合わせ)
鴨々川
place
北海道札幌市中央区
phone
0118183414

この記事を含むまとめ記事はこちら