こんなホテル見たことない!渋谷「シブヤ ホテル エン」は異空間が楽しめる


2016.04.18

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2016年2月5日、東京のBunkamura(ぶんかむら)や道玄坂からも近い渋谷区円山町に「SHIBUYA HOTEL EN(シブヤ ホテル エン)」がオープンしました。
ホテルの中は、アトリエさながらのクリエイティブな仕掛けがいくつも施され、驚きの連続!かなりエッジの効いたデザインホテルなので、これでもか!というほど五感が刺激されます。東京らしい刺激的なホテルをお探しの方は、ぜひ利用してみては?
レッドカーペットの上を歩く?ホテルに入ってすぐ異空間
渋谷駅ハチ公口から徒歩7分、“松濤郵便局前”交差点からすぐの場所に、新たな渋谷のホテル「シブヤ ホテル エン」が誕生しました。渋谷の繁華街にありながら、1本中に入った場所にあるため、まさに隠れ家にぴったりなホテルです。
「シブヤ ホテル エン」は、もともとビジネスホテルだった建物をリノベーションして、見事おしゃれなホテルに大変身!様々な情報や文化が集まる渋谷のホテルだからこそできる、『何かが起こるかもしれない!?』をキーワードにした、インパクト大の仕掛けが話題になっています。
ホテルの大きな扉を開けると、まるでレッドカーペットのような床と、風になびくシースルーのカーテンがお目見え。ここはホテルのフロントですが、すでに非日常感たっぷりでワクワクです!
9パターン楽しめる廊下のデザイン
「シブヤ ホテル エン」の廊下は、ワクワクと驚きの連続!
客室がある2Fから9Fまでの各廊下は、すべて違うデザインが楽しめるようになっています。
2F廊下は、イラストレーター門口ナオさんが手掛けた美少女アニメのエリア。バイクにまたがった美少女が渋谷の街を激走し、「シブヤ ホテル エン」に帰ってくるというストーリーになっています。
よく見ると、お部屋のナンバープレートも漫画の吹き出し風に。さらに床のセンターには車道中央線が描かれ、廊下を歩いているだけでアニメの世界に入り込んだよう。2次元の世界にスルッと入り込んでしまうという、不思議な体験ができます。
ホテルなのに、なんと絵馬まで!
神社で願い事をしたいときに書く絵馬。
まさか、ホテルにあるわけないよね…。と思いきや、「シブヤ ホテル エン」では絵馬を書くことができます。
千本鳥居をモチーフにした7F廊下の突き当りには、願い事を書ける絵馬のスペースが。この絵馬は、渋谷の氏神様と言われる金王八幡宮で正式にご祈祷されたもの。ホテルに来たついでに絵馬に願い事を書いてみれば、あなたの願いを叶えてくれるかもしれません。
願い事は何でもOK。「シブヤ ホテル エン」へ来たら、7Fフロアにも足を運んでみましょう。
ホテルなのに、なんと絵馬まで!
「シブヤ ホテル エン」で、わくわく&ドキドキをたっぷり感じられるのが、8Fの森羅万象フロア。
ここは自然のものはすべて神が宿っている、という日本の神道における八百万の神への思い(森羅万象)を再現しています。生い茂る木々が天井までびっしり描かれ、まさに森の中を歩いているよう…。
一番奥でこちらを見ているのは、可愛らしい子鹿。森の守り神の役割も担っているそうですが、まるで“ゲストの旅の無事”もお守りしてくれてるようです。
英国王室御用達のベッド付き!寛ぎを追求したゲストルーム
さきほどの廊下やフロントなど共用部とは一転、ゲストルームはしっかり体を休められるようになっています。
ベッドは英国御用達の称号をうけたスランバーランド社の中でも、さらに最高峰のグランドスイートを使用。少し硬めで分厚いマットレスは、最高の寝心地を約束してくれますよ!
また、ゲストルームの内装には、本物の素材(木や石など)にこだわった素材がセンスよく使われています。この他にも、冷蔵庫に入っているミネラルウォーターは無料、お茶のティーバッグは京都祇園の老舗メーカーの玉露を使うなど、ゲストルームの中でも充実した時間を過ごせるようになっています。
話題のスポットにも激近!観光に便利な「シブヤ ホテル エン」
「シブヤ ホテル エン」は、SHIBUYA109、渋谷センター街、Bunkamuraなど、渋谷の人気スポットがすべて徒歩圏内、しかも話題性も高いホテルだけに、満室になっているケースも多いようです。しかし早めに予約して、ここを基点に東京観光すれば、旅の楽しさは数倍になるに違いありません。
共用部ではたっぷりゲストを驚かせて、逆にお部屋は寛げる空間に。「シブヤ ホテル エン」は、これだけ個性的なホテルなのに、旅の疲れを十分癒してくれるのが大きな魅力です。
 

read-more
SHIBUYA HOTEL EN(渋谷ホテル エン)
place
東京都渋谷区円山町1-1
phone
0354891010

この記事を含むまとめ記事はこちら