神様の贈り物!?東京から日帰り可能な山梨「神の湯温泉」へ


2016.02.29

LINEトラベルjp 旅行ガイド

神のお告げで発見したという、不思議な由来を持つ「神の湯温泉」。豊富な湯量に恵まれた山梨県にある富士山ビューの1軒宿で、11種類もの源泉かけ流し風呂が楽しめます。東京から日帰りはもちろん、会社帰りにそのまま直行することも可能な温泉宿で、ゆったりほっこり気分に浸りませんか?
神様がくれた?!良好な泉質と湯量が自慢
昭和47年のこと。とある権現職の方がある行事の準備を進めていると、「この地に日本にふたつとない特殊な温泉が湧く」とのお告げを何度も聞いたのだとか……。「この地に温泉が湧くわけがない」と反対する人々を押し切り、あきらめずに採掘を続けていると、なんと轟音とともに大量の温が湧出!!
以来、神がくれた“神の湯温泉”として、地元の人々はもちろん、日本各地の温泉愛好家にその名を知られるようになりました。湯量豊富な源泉かけ流しで、泉質はアルカリ性ナトリウム塩化物泉。やや褐色を帯びた透明無臭の温泉で、神経痛や筋肉痛、関節痛、疲労回復、美肌効果などに効果があると期待されています。
なんといっても自家源泉であることがポイントで、上質なため飲泉も可能。こちらは慢性消化器病、慢性便秘症などによいとされています。
なんと!!11種類もの源泉かけ流しが!
大浴場には湯船が7種類もあり、36~43℃まで湯温が少しずつ異なる点が特徴。順番に少しずつ入っていくことで、温浴効果も上がるのだとか……。開放的な露天風呂をはじめ、心地よく体を刺激する泡風呂や寝ながら入れる寝風呂、古式なスイッチをオンにするとドバっと勢いよくお湯が流れ落ちる「うたせ湯」などもあり、そのときの気分に合わせてゆったり楽しむことができます。
ほかにも4つの貸切り風呂があり、うちひとつは“天空の湯”とも称される露天風呂! 日中は湯船に浸かりながら富士山の雄大な姿を、そして暮れてからは星が輝く夜空を満喫することができます。
しかもこちらは、宿泊者であれば誰でも無料で利用が可能。廊下の脇にある、一見「あれ?これは何?」といった隠れ戸のような入口を抜けると、目の前に180℃の大パノラマが!! 入口に「入浴中」の小さな木札が下がっていなければ、24時間いつでも利用が可能です。
雄大な富士山ビューが人気!
客室は、スタンダードから富士山ビューの和室まで計5タイプ。和室はいずれも12畳~という広々としたサイズで、お財布にやさしいお値打ちプランから部屋食や豪華創作料理、マッサージなどを組み合わせたさまざまなプランが選べます。
ひたすら温泉を楽しみたい!!という人に人気の洋室は、素泊まりで一泊4860円~というお手頃料金。温泉は24時間入り放題なので、ふらりと温泉に入りたくなったときやビジネス帰り、1人旅にも最適です。
雄大な富士山ビューが人気!
気になる料理は、地産地消にこだわった甲州(山梨県)ならではの創作懐石料理。ワインを搾った際にできるブドウ粕を飼料として育てたワインビーフ、柔らかくてジューシーな食感が自慢の富士桜ポークなど地元の食材が盛りだくさんで、ブドウや桃、梨など季節に合わせた旬のフルーツも楽しめます。
朝食は、和膳スタイルのヘルシーな内容(※上記写真)。地魚に山菜を使った料理、熱々の卵豆腐など……、元気いっぱいの一日をスタートできそうです。
食事処のほか、部屋食や個室での食事もアレンジしてくれるので、一人やカップルでゆったり食事がしたいときや家族でわいわい楽しみたいときにも最適。宿泊2日前までに連絡しておけば、各種アレルギーにも対応してくれます。
最後に
温泉があるのは、中央道双葉サービスエリアから徒歩5分の場所。東京・新宿発の中央高速バスを利用すれば約1時間50分で到着。高速バスは早朝から夜22時まで1時間に1~2本の割合で運行されているので、日帰りはもちろん、平日であっても会社帰りにそのままバスに乗って山梨県へ行き、1泊して翌朝通常に出勤する、なんてこともできてしまうのです!
日帰りであれば、昼食&休憩個室付きで5400円~。素泊まりであれば、高速バスの往復料金を含めても8000円ちょっとで1泊温泉旅行が楽しめてしまう神の湯温泉。「最近、疲れているな……。でも、仕事は休めないし」。そんなときに、気軽にリフレッシュできる場所があったらいいと思いませんか? 
■アクセス
新宿西口の新宿高速バスターミナルから中央高速バス・新宿~諏訪・岡谷・茅野線で中央道双葉東降車。所要時間約1時間50分。そこから徒歩で約5分。 

神の湯温泉
place
広島県廿日市市宮島町
phone
0829442121
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら