“ヒンメリ”って?阪急うめだ本店のクリスマスイルミネーションが幻想的


2017.11.01

LINEトラベルjp 旅行ガイド

クリスマスシーズンは街が最も華やぐ季節。大阪・梅田周辺にはクリスマスイルミネーションスポットがいっぱい!その中でも是非見ていただきたいのが阪急うめだ本店の“光のヒンメリ”。9階・祝祭広場に幻想的な空間が広がります。屋内で寒くないのでデートにもおすすめ。無料で見られるスペシャルイルミネーションショーの時間に合わせて是非足を運んでみてください。
“ヒンメリ”って?
ここ数年で耳にするようになった“ヒンメリ”。ヒンメリとはフィンランドの伝統装飾で、藁に糸を通したものを繋ぎ合わせて多面体を作って吊るす装飾のこと。日本でもクリスマスシーズンに欠かせない装飾となってきています。
大阪の阪急うめだ本店でクリスマスシーズンにあわせて開催されている“北欧クリスマスマーケット”でもこのヒンメリが取り扱われており、過去には自分で作ってみることのできるワークショップも開催されました。他にも可愛らしいクリスマス装飾のお店が沢山あり、普段目にしないような北欧のクリスマス文化に触れることのできる楽しいイベントです。ホールの天井も高いので屋外のような雰囲気で、まるで海外のマーケットに来ているかのような錯覚に陥ります。
クリスマスシーズンだけの美しい祝祭広場
ヒンメリは、もともとは質素で素朴なものなのですが、阪急うめだ本店ではミラーボールを使った幻想的な“光のヒンメリ”を見ることができます。
2016年は“ネーベルスロイド”という北欧のオブジェも加わり、いっそう華やかな印象に。ネーベルスロイドは白樺樹皮を使ったハンドクラフトの総称で、ヒンメリとは対照的に曲線で表現される柔らかなフォルムが特徴。今年はいったいどのような美しい空間が楽しめるのでしょうか。
光のヒンメリがある会場は阪急うめだ本店9階の祝祭広場。祝祭広場の大階段から見下ろすと、まるで北欧の小さな町のような景色が広がります。その頭上にはキラキラと光を放つミラーボールヒンメリ。忙しくてなかなか海外旅行に行けない人も、この大階段に座り、時間を忘れてボーッと過ごすと、ちょっとした北欧旅行の気分が味わえます。
この写真は2015年の光のヒンメリ。一つ上のものが2016年のものです。毎年違ったデザインで私たちの目を楽しませてくれます。
無料のスペシャルイルミネーションショー
ミラーボールヒンメリは静かに揺らいでいるだけではなく、毎正時(00分)から約4分間のスペシャルイルミネーションショーが始まります。
美しく色を変え、オーロラのような光を放ちながら、光が壁面を流れるように動く様子は幻想的。特に光のヒンメリの上の天井の美しさにはうっとり。いつまでも見飽きない芸術性の高いショーです。
2017年は11月22日(水)午前10時50分が点灯式です。
ファミリーに人気の撮影スポットも
毎年用意される撮影スポットも楽しみのひとつ。2015年はサンタとトナカイがソリを引いていました。
2016年にはスノーマンが。ここはファミリーにも大人気の撮影スポットで、いつもスマホを手にしたお母さんたちで賑わっています。
帰りは「0号線のプラットフォーム」も楽しんで
光のヒンメリを楽しんだあとの帰路は必ず1階から出ましょう。梅田阪急ビル1階(阪急うめだ本店前) 南北コンコースで「0号線のプラットフォーム」という、10万球のLEDを使った美しいイルミネーションも楽しめます。
詳しくは下記のMEMO欄【阪急梅田のイルミネーション「0号線のプラットフォーム」が美しい】で。 

阪急メンズ大阪
place
大阪府大阪市北区角田町7-10
phone
0663611381
opening-hour
月・火曜11-20時、水-金曜11-2…
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら