房州みかんが食べ放題!千葉・千倉オレンジセンターでみかん狩り


2015.12.05

LINEトラベルjp 旅行ガイド

千葉県の南房総は、温州みかんの栽培が盛んな場所。この地で育つみかんは房州みかんとも呼ばれ、秋から冬にかけてみかん狩りを楽しむ観光客で賑わいます。
今回ご紹介するのは南房総最大規模を誇るみかん園「千倉オレンジセンター」。広い園内の斜面には2,500本ものみかんの木が栽培され、時間無制限でみかんの食べ放題を楽しめます。ぜひ、ジューシーなみかんを好きなだけ味わってみてはいかがでしょうか。
海を一望!景色のいいみかん園
千倉オレンジセンターは、海を一望する山の上にあります。その眺望と広い敷地を生かし、農園だけではなくキャンプ場も併設。海からの距離も車で10分と近いため、この場所を拠点に海水浴やサーフィン、海釣りといった遊びも楽しめます。
みかん狩りの収穫体験をする人は、受付で料金を支払いハサミとビニール袋を借りてみかん園に向かいましょう。
みかん食べ放題は大人400円
みかん狩りを楽しめる時期は、10月から1月にかけて。みかん食べ放題の料金は、大人400円、子供300円で時間は無制限。また、採ったみかんは1キロ300円でお持ち帰りすることも出来ます(みかん10個が1キロの目安)。
房州みかんは、甘さの中にもきりりとした酸味があるのが特徴です。市場にあまり出回らないので、この機会に存分に味わい、お土産も持ち帰りましょう。
南房総最大規模のみかん園
千倉オレンジセンターの魅力は、みかんの木が2,500本もあり、南房総一番の規模を誇ること。広大な山の斜面に、所狭しとみかんの木が立ち並ぶ景色はまさに圧巻。どの木のみかんを食べようかとっても迷いますよ。
みかん狩りを行う場所は、山の斜面にあるため坂が多いです。動きやすい服装で行くことをオススメします。
南房総最大規模のみかん園
みかんは低い位置にも実っているので、小さい子供でもみかん狩りを楽しめます。売られているみかんしか知らない子供にとっては、食育にも繋がるはず。
〈美味しいみかんの見分け方〉
1.みかんの色が濃い
2.大きいものより小さい
3.細い枝になっている
4.日当たりのいい場所にあるもの
5.ハリのあるもの
以上の5点を意識しながら、美味しいみかんを探しましょう!
柑橘系が豊富。時期により収穫体験も様々
2月1日から4月30日までは甘夏、ハッサク、清見などが食べられます。その他にもレモン、ユズ、スダチ、きんかん、カボス、ブンタン、ばんぺいゆなどの柑橘系や栗、サツマイモ、しいたけ、竹の子、ピーマントマト、ナスなどの農作物も栽培。季節によって楽しめる収穫体験が違いますので、MEMO覧のホームページを確認しましょう。
おわりに
採りたてのみかんは味も香りもフレッシュで美味しさ抜群です。しかも、いちごやぶどうといった果物に比べ、みかんは食べ放題が一人400円と安いのも魅力的。ぜひ、冬の味覚を味わいに南房総に行ってみてください。 

read-more
千倉オレンジセンター
place
千葉県南房総市千倉町久保1494
phone
0470440780
opening-hour
9:00-17:00

この記事を含むまとめ記事はこちら