お酒好きは行かなきゃ損!お得リゾート・宮城「ゆと森倶楽部」


2015.11.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

宮城県蔵王町にあるお宿「ゆと森倶楽部」は、蔵王山麓の広大な森の敷地にたたずむ、大人のためのリゾート施設。遠刈田温泉郷に位置し、美肌の湯とも言われる温泉や、森でのアクティビティも充実しており、滞在時間を余さず満喫させてくれるお宿です。
日本ではめずらしい“オールインクルーシブ”スタイルなので、お財布を気にせず、リラックスして滞在を楽しめるのも魅力。特にお酒が好きな方なら、満足すること間違いなしです!
冷えたグラス&ビールサーバーがお出迎え!財布にやさしいオールインクルーシブ
“オールインクルーシブ”という言葉、まだ耳慣れない方が多いかもしれません。言葉の通り、ホテルの宿泊費に施設内での飲食費やリラクゼーション施設の利用料金などがあらかじめすべて含まれているという意味で、追加費用を気にせずに過ごせる、宿泊者にとってありがたいシステムです。
ゆと森倶楽部では、立地を活かした森のさんぽや朝ヨガといった参加費無料のアクティビティのほか、ラウンジスペースでは到着時からアルコールやソフトドリンクが飲み放題、ジェラートやお菓子も食べ放題。まずは温泉で身体をほぐしてから、ラウンジの大きな窓から森を眺めつつ冷えたグラスで生ビールを一杯飲めば、宿泊を楽しむ準備はすっかり万端です!
食事は野菜中心のビュッフェスタイル、お酒も豊富な品揃え
夕食をいただくホテル内の「けやき食堂」は、3年連続で野菜ソムリエアワードを受賞した野菜料理が自慢のレストラン。1日に使う野菜はなんと60種類以上で、生は手作りドレッシングのサラダで、蒸して特製のソースをかけて、グリルはシンプルにおいしい調味料で、というように、さまざまなバリエーションで野菜ソムリエであるシェフが野菜をおいしく食べさせてくれます。
夕食時は、食事のバリエーションの多さにあわせてお酒も豊富に取り揃えており、もちろんどれも飲み放題。地元・宮城の蔵元の日本酒や、樽から直接注いで飲めるワイン、ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所の限定ウイスキーなど、料理にあわせて多種多様なお酒を心ゆくまで楽しめます。
夕食後はムードたっぷりのラウンジで、生ライブに酔いしれつつ食後酒を堪能
夕食後はラウンジで、無料の生ライブが開催されます。ラウンジの中心にある暖炉に火が入れられ、ろうそくの灯りのみで行われる暖炉ライブは雰囲気満点。この時間のラウンジでは、ウイスキーやブランデーといった食後にぴったりのお酒が提供され、充実した一日の余韻に浸るにはぴったりのムードです。
夕食後はムードたっぷりのラウンジで、生ライブに酔いしれつつ食後酒を堪能
ゆと森倶楽部では、毎朝7時から30分間、敷地内に建てられた「YOGAテラス」でヨガが開催されています。朝から森のなかでのヨガでさわやかに目覚めた後は、ホテル内の大浴場併設の露天風呂や、敷地内の渓流沿いに建てられた露天風呂「川の湯」の利用がおすすめ。朝の光が射すなかでの露天風呂の入浴は、とても気持ちが良いものです。前日たっぷりお酒を楽しんだ方は特に、朝ヨガ&朝風呂でお帰りに向けてしっかりリフレッシュしてくださいね!
その後のお楽しみの朝食は、夕食と同じくけやき食堂でのビュッフェスタイル。またまたたくさんの野菜料理のほか、しぼりたてのフレッシュスムージーやオリジナルの超濃厚ヨーグルトなど、朝にうれしいメニューがバリエーション豊富に取り揃えられています。朝一の運動&入浴のおかげで、一層おいしく感じられるはず!
インテリアにもこだわりあり、くつろぎの空間
ゆと森倶楽部のこだわりは、オールインクルーシブスタイルや料理だけではありません。部屋の家具や調度品、ラウンジスペースに置かれたソファーやチェアなど、インテリアも木のぬくもりを感じる温かみのあるものばかり。また、そこかしこに休憩用のスペースが設けられ、どこまでもゆったり過ごせるようにと工夫がほどこされており、心身ともにくつろがせてくれる贅沢な環境になっています。
早めのチェックインで、たっぷり滞在を楽しんで
蔵王の山麓にあるゆと森倶楽部は、車でのアクセスが便利。山道や冬場の雪道運転を避けたい方は、仙台駅から運行しているシャトルバスの利用も便利です。バスの場合は前日までに予約が必要なので、お忘れなく。
施設内ではほかにも、岩盤浴やエステにカラオケ&卓球、森の散策にぴったりなゆと森さんぽ道など、1日の滞在では体験しきれないほど施設が充実しています。利用の際はぜひ早めにチェックインして、十二分に堪能してきてくださいね。 

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部
place
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉上ノ原128
phone
0570052311

この記事を含むまとめ記事はこちら