ロックガーデン、風吹き岩!六甲山登山のお手軽超人気コースの見どころ


2015.11.07

LINEトラベルjp 旅行ガイド

六甲山は兵庫県にある山で、電車でのアクセスも抜群の、関西でも人気の登山スポットです。
そんな六甲山登山でも特に人気なのが、ロックガーデンを通り、風吹き岩を目指すコース!ここは日本の近代登山発祥の地ともいわれています。
そんな登り90分で山を満喫できるロックガーデン、風吹き岩コースの魅力とルート情報をご案内いたします。
高座の滝!ここから始まるロックガーデン
ロックガーデンの登山道入口には、阪急芦屋川駅から歩いて20~30分ほどで着きます。道順は駅から看板が出ていて安心です。
登山道の入り口には「高座の滝」という滝があり、地元の人の散歩コースのゴール地点としても人気です。
高座の滝周辺には商店や飲食店があり、公衆トイレもあります。登山ルート中にトイレはなく、風吹き岩までは、ここが最後のトイレになるのでご注意ください。
高座の滝からは早速登山道が始まるので、ここで滝の音を楽しみながらしっかり準備をして、山登りを始めましょう。
岩がむき出しの登山道はまさにロックガーデン!
六甲山は、江戸時代には伐採や石材採取によって、ところどころに草木が生えるだけの、自然の乏しい山であった過去を持ちます。
今では地道な植林活動の結果として、緑豊かな山となり、1956年には瀬戸内海国立公園に指定されています。
ロックガーデンは花崗岩が風雨によって、浸食されて作りだされた地形です。岩場と周りの自然の緑が織りなす風景はまさに岩の庭です。
ここ一帯は六甲山山頂に向かう登山ルートとして人気なだけでなく、ロッククライミングの名所としても有名です。
ロックガーデンのルートはいくつかあり、地元の小学生低学年の遠足コースに使われるようなところから、本格的なロッククライミングを楽しむコースまであります。
ロックガーデンから瀬戸内海を展望!
ロックガーデンの岩場は視界を遮るような高い木が少ないため、かなり開けた眺望を楽しむことができます。
振り返ると目の前から六甲山の緑、阪神間の町並み、大阪湾と景色が広がり、山の中へと進んできたことを実感します。
少し急な登りが続いた後に広がるこの景色は、登るほどに変わっていき、ここまでの疲れを忘れさせてくれるぐらい爽快です。
注意として、地面が滑りやすいところもあるので、バランスの取りづらい斜面の途中では、むやみに景色を楽しもうとせず、安全のために、足場が広く安定したところで楽しみましょう。
ロックガーデンから瀬戸内海を展望!
風吹き岩は標高447m地点、ロックガーデンの中でも1番有名なポイントであり、ロックガーデンルートのゴールでもあります。
登山口を登り始めて60分~90分ほどで登山道の開けた場所にある、とても大きな花崗岩で、頂上付近の松が崖のように切り立つ岩肌から生える様からは、自然の力強さを感じさせます。
ここで昼食やブランチ、休憩をとる人が多く、休日やシーズンには多くの人で賑わいます。
風吹岩のてっぺんから見渡す六甲の山々!
風吹き岩は下から見るだけが楽しみの岩ではありません。実際にその上に登ることができるのです。
風吹き岩のてっぺんは狭く、2人分ぐらいのスペースしかない特等席です。
ここからは周りを360度見渡すことができ、南には大阪湾と阪神間の町、他3方向には六甲の山々が広がります。
特に北側は足元が崖となっていて、すぐ足元に緑が広がり、遠くに山並みを見渡す美しい景色が広がります(写真)。
下山ルートは下りの岩場の難しさや登りの人が多いことから、安全面を考えてロックガーデンルートを避けるのがオススメです。
風吹き岩からは蛙岩経由で、阪急芦屋川駅か阪急岡本駅を目指しましょう。
このルートだときつい斜面や岩場がなく、途中に会下山遺跡という弥生時代の遺跡も見ることができます。
おわりに
ロックガーデンは登山初心者でも気軽に楽しめ、道しるべなども整っているので、初めての人にも易しい関西でも屈指の人気登山コースです。
しかし、コースのところどころには足場が狭いところがあったり、またイノシシが出てくることもあります。
運動に適した格好で、事故や怪我のない登山をぜひ楽しんでください。 

六甲山
place
兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷

この記事を含むまとめ記事はこちら