読谷村で見つけた絶景お家カフェ。眼下に広がる紺碧の海と美味しい食事に至福のひととき♪


2013.06.21

LINEトラベルjp 旅行ガイド

沖縄では海の見える絶景カフェが人気。ガイドブックやテレビなどで紹介されているお店もたくさんありますが、今回はまだあまりメディアでは紹介されていないとっておきの絶景カフェ「残波邸」をご紹介しましょう。営業しているのは、土曜日・日曜日・祝祭日の12時から17時だけと少しハードルが高いですが、行ってみる価値は十分。早速どんなお店なのか見ていきましょう。
急坂の先は断崖絶壁!
「残波邸」がある場所は、国道58号線から残波岬方面に向かう道にある残波入口交差点を少し過ぎたあたり。(カーナビでは住所で検索しましょう。)
青色の小さな看板を見つけたら右折します。細い道を進んでいくと突然目の前の道が消えます!お店の直前には下り坂があるんですが、これがかなりの急勾配で一瞬道が無くなったかのように見えるのです。まるでジェットコースターのような急坂を進むと綺麗な海とガードレールが目の前に現れます。
ガードレールの下を覗くと断崖絶壁。すごいロケーションに建っています。お店のサイトには「安全対策上、中学生未満のご入店をご遠慮頂いております。」と書かれていますが、その理由もわかりますね。車もスピードを緩めて注意しながら進んでくださいね。坂を登るときも前が見えないのでスピードを出すと危険ですよ。
「残波邸」という店名でもわかるように、建物は大きな邸宅のような感じ。カフェには見えません。それもそのはず、オーナーのご自宅を改装して週末だけ営業するカフェを作られたとのこと。オーナーご夫妻は神奈川から沖縄に移住してきたそうで、この素晴らしいロケーションを多くの方に楽しんでいただきたいとの思いからこのお店をオープンされたそうです。
思わず「うわぁ~」と声をあげてしまうほどの絶景が!
玄関で呼び鈴を押すとオーナーの奥様が迎え入れてくれます。お店ではなくお家にお邪魔してるような感じですね。このお店のコンセプトが「お家カフェ」というのも頷けます。この玄関も素敵なんですよー。白い壁にブルーの照明が照らされて、この先になにがあるんだろう?という期待感で胸も高鳴ります。
スリッパに履き替えて螺旋階段を降りていくと、その光景に思わず「うわぁ~、すごい~」と声を上げてしまいました。高い天井から床まで一面大きな窓ガラス。その向こうにはエメラルドグリーンの海が広がっています♪
恩納村から名護市あたりまでを一望でき、天気がいい日には遠く伊江島まで望めます。私が訪れた日は伊江島の中央にそびえるタッチュー(城山)もよく見えてました。
お店を開いていない時はおそらくここがダイニング&リビングなんでしょうけど、毎日こんな綺麗な海を眺めながら暮らせるなんてほんとうに羨ましいです。ちなみにこのお店の店長は可愛い猫ちゃんの「おみそ」。テーブルの下の椅子にちょこんと座ってました。お店を訪れた時は、是非この猫ちゃんも見ていってくださいね。
カウンター眼下に広がる紺碧の海にしばし呆然。
テーブルは、海側の6人がけカウンター席とソファー、キッチン前の4人がけテーブルにテラス席。部屋は広くゆったりしているので、沖縄に住む知り合いのお宅をお邪魔している気分でのんびり寛ぐのもいいかもしれませんよ。まさに「お家カフェ」ですね。
一番のおすすめはなんといってもカウンター席。
断崖絶壁に建っているのでカウンター席からは海以外のものはなんにも見えません。足下も窓ガラスなので、まるで断崖絶壁の上にカウンターがあるような感じです。沖縄本島の中でも東シナ海を望む読谷村の海は透明度も高く、天気がいい日はコバルトブルーからエメラルドグリーンのグラデーションがほんとうに美しくて吸い込まれそうになります。
カウンター眼下に広がる紺碧の海にしばし呆然。
「残波邸」のメニューは、4種類のパスタに週替わりのおみそ店長のおすすめランチ。そして限定5食の自家製チャーシュー丼。エビと水菜と生ハムサンド、ベーコンエッグマフィン、フレンチトーストなどもあります。デザートは週替りのケーキに抹茶プリン、アイスクリーム。(2013年6月現在)
本格的な料理というよりも、オーナーご夫妻が心を込めて手作りされた料理という感じがいかにも「お家カフェ」らしくていいですね。
「自家製チャーシュー丼」も気になったけど、今回は週替わりランチの「チキンと夏野菜のトマト煮」をチョイス!この日の天気にピッタリの夏らしいメニューです。
なによりこの絶景を眺めながらの食事は美味しい料理をより美味しくさせてくれます。絶景もおすすめメニューの一つと言えるかも♪
フードメニューのお塩は、お土産店でも人気の粟国の塩(お店の近くに会社があります)、コーヒー豆も東京にある有名店の豆を使用しているとのこと。こだわりが感じられますね。
外にはジャグジーやプールも!
「外にも出られますよ」と言われ、外に出てみるとこれまたビックリ!ジャグジーやプールがありました。お客さんが利用することはできませんが、ここからの景色も素晴らしいので、お食事の後には是非建物の外からの景観も楽しんでみてくださいね。ただし、柵の下は断崖絶壁なので十分ご注意を。
いかがでしたか?読谷村の絶景お家カフェ。
自宅を利用したカフェなのでいつでも開いているわけではありません。それがまたレア感があっていいのですが、旅行のスケジュールに組み込む際は、営業日や営業時間にお気をつけください。
また、駐車場に停められる台数も限られています。もし満車の場合は、お店の近くにある粟国の塩の会社のところに停めさせてもらうことも可能とのこと。その際、必ずお店の方に確認してから停めてくださいね。
お店から数分走ると残波岬や真栄田岬があります。
お店でお腹いっぱい絶景を楽しんだ後は、是非岬のほうにも足を延ばしてみましょう。
岬から見る西海岸の夕日も素晴らしいですよ♪
●残波邸
営業日:土曜日・日曜日・祝祭日
営業時間:12時~17時
沖縄県中頭郡読谷村瀬名波925-1
Tel: 098-982-9850 

この記事を含むまとめ記事はこちら