透明度抜群の沖縄の海「青の洞窟」でダイビング!日常生活から離れた不思議な体験をしてみよう!


2014.04.02

LINEトラベルjp 旅行ガイド

一度はやってみたいと思う人も多いであろう、ダイビング。
でも、キッカケがないと気軽に潜ることは難しいのかも知れません。だったらキッカケを自分で作りましょう!!ということで、初ダイビングなら是非潜って欲しい沖縄の海!
今回は沖縄本島で潜ることができる有名なダイビングスポット「青の洞窟」をご紹介します。
ダイビングのメッカ沖縄!
沖縄の海って…めっちゃきれいですよね!
沖縄の海があんなに透明で青く見えるのにはいろいろ理由があるそうです。
■海の砂が島の周りを囲む珊瑚礁のかけらで出来ているため白く、
かつ海が遠浅のため、光を反射して青くなる。
■珊瑚礁があることにより、海が濁って見えるプランクトンの発生が抑えられている。
■海の周りに工業施設がなく、汚染された水が流れて来ない
など、いろんな環境が整ってあれだけきれいに見えるんですね。
そんな沖縄にはダイビング目当てにやってくる人が沢山!
沖縄にはダイビングスポットが数多くありますが、恩納村の真栄田岬にある「青の洞窟」も、有名なポイントのひとつ。沖縄本島にあるので旅行でも気軽に行くことができます。
青の洞窟がある沖縄県恩納村は、沖縄の空の玄関口、那覇空港から車で一時間弱のところにあります。国道58号線を進むルートか沖縄県自動車道を使うかのどちらかのルートになりますが、どちらも所要時間はほぼ同じです。
いざ!沖縄の海にダイブ!
この「青の洞窟」は、自然にできた洞窟に太陽の光が入ってきて、その太陽の光が石灰岩の白い海底に反射することで、海の中が青色に見えることからそう呼ばれるようになったそうです!
青の洞窟へ行くには、洞窟の上から歩いていくか、ボートに乗っていくかになります。青の洞窟近くのダイビングスポットに向かっている時点ですでに青いきれいな海が目の前に!
ボートの上からだとバク転のような感じで後ろに倒れながら、いざ海へ!
海の中は見たことがない世界!
ざばーーーんと海に潜ると…
慣れないうちは、呼吸ってどうするんやったっけ?と不思議な感覚に襲われますが、呼吸を整えて、ゆっくり周りを見てみると、テレビなどで良く見る海の中の映像が、目の前に…!
下を見れば浅いところだと海底が見えたり、深いところだと海底は闇の中…
周りには悠々と泳ぐ魚たち!
不思議な感覚に襲われます。
海の中は見たことがない世界!
耳抜きをしながら深く潜っていき、青の洞窟に向かいます。
青の洞窟という名前ですが、海底の方まで行くと光があまり届かなくなり、少し暗くて冒険気分に。
海底の岩をつかみながら、海底沿いに進んでいくと、そこはもう青の洞窟の中!
後ろを振り返ると洞窟の入口が見えました。(写真で後ろに映っているのが洞窟の入り口です)
潜っていても、さっきいたところに比べて周りの色が違うのがわかるんです!
光が洞窟の入口から入ってきてるーー!神秘的!
ニモにも会えるかも?
沖縄の海には様々な魚がいます。
そのなかでも見れたらうれしい!のが「カクレクマノミ」。
有名なディズニー映画「ファインディング・ニモ」の主人公ニモ…のモチーフは実はカクレクマノミに良く似たクラウンアネモネフィッシュという魚なんですが、日本では一般的にカクレクマノミを見たら「ニモ!」ってなりますよね、なっちゃいますよね。
もうちょっと本格的にダイビングをする人ならマンタや海ガメなどにも遭遇できるそうですよ!私もいつか…!
一度は体験してみてほしい沖縄でのダイビング
沖縄本島で楽しめる透明度抜群のダイビング!
潜ったことない人でも沖縄には多くのダイビングショップがあり、ダイビングを楽しむことができますよ。是非、一度潜ってみてください!
VoicePlus(ボイスプラス)
沖縄県中頭郡読谷村長浜59
098-958-4423 

この記事を含むまとめ記事はこちら