沖縄県・瀬底島「ペンション美ら島」で透き通る海を堪能する


2015.09.25

LINEトラベルjp 旅行ガイド

瀬底(せそこ)島は、沖縄本島の本部町から全長726mの瀬底大橋で結ばれた島です。島は周囲約8kmで、面積2.99平方km、別世界級の透明感のある海は離島ならでは。熱帯魚が多く生息するスノーケルスポットとしても知られ、車で気軽に行けます。今回ご紹介するのは、本島屈指の透明度を誇る瀬底ビーチへも徒歩約7分の宿。素朴でリーズナブルな「ペンション美ら島」で、瀬底島の自然と美ら海をたっぷり堪能しませんか?
沖縄本島屈指の透明度を誇る瀬底ビーチ
瀬底大橋で離島・瀬底島へ。この瀬底大橋を渡ってすぐ右手にも素敵なビーチ(アンチ浜ビーチ)が広がっていますが、瀬底ビーチ(写真)はさらに車で約2kmの距離。更衣室、トイレ、シャワー、食事処もあり、駐車場は1日1000円。
このビーチで楽しめるマリンスポーツは、スノーケリング、パラウォークなど。スノーケリングは遊泳区域内なら個人でもOK。ちなみに遊泳期間は4月下旬から10月下旬で9時から17時まで(7~9月は17時半)。駐車場代は1000円ですが、施設利用料は無料です。
この度ご紹介する「ペンション美ら島」からだと徒歩約7分ですので、瀬底ビーチを楽しむなら宿泊がおススメです。
この本島屈指の透明度を誇るビーチは、夕陽も美しい・・。刻一刻と変化する海の色・・瀬底島をじっくり楽しむなら暮れなずむ海も見ましょう。
瀬底島で快適ペンションライフ!清潔で静かな大人の宿
白亜の鉄筋コンクリートの建物。2階と3階が宿泊スペース。まるでウィークリーマンションのような造りになっていて、玄関は別々。
プライバシーが守れて、まるで自宅にいるような安心感があります。
清潔で広いシャワールームがありますので(浴槽付きのお部屋も1室だけあり)、気持ちよく過ごせます。全室インターネットLAN接続完備、Wi-Fiも利用可。パソコンの貸し出しも行っています。屋上には洗濯機もあります(洗剤は各自ご用意を)。海水浴やマリンレジャーを楽しまれる方の長逗留に必要な設備は整っています。
周辺にはサトウキビ畑が広がっていて、のどかな雰囲気です。ペンションの隣には「Fuu Cafe」というおしゃれなカフェもありますよ。
清潔で明るく、まるでマンションのような部屋
写真のお部屋は、3階の洋室。「ペンション美ら島」には全部で4部屋あり、和室は2部屋、洋室2部屋というこじんまりとしたペンション。
全室エアコン、冷蔵庫、テレビ、シャワー、トイレ完備。バスタオル、フェイスタオル、ドライヤー、歯ブラシセットはありますが、パジャマはありませんので、ご自分でご用意くださいね。シャワー室も広くて清掃が行き届いており清潔です。
ベッドメイキングもきちんとされていて、清潔感あふれるお部屋は快適です。何より、それぞれ玄関があるので安心して宿泊できます。
どのお部屋からも海が見え、広いベランダも魅力。一番広いお部屋は和室13.5畳で3方向の眺望が楽しめるベランダもあり、6名まで宿泊可能。ご家族向きですよね。13.5畳の和室のみ浴槽もありますので、ゆっくりできますよ。
清潔で明るく、まるでマンションのような部屋
写真のお部屋は、1方向のみベランダがあるツインルームのお部屋ですが、十分な眺望。写真手前の椅子に腰かけて、のんびりと海を眺めて過ごすのも素敵ですよね。
広いベランダには、洗濯物を干せるスペースもあります。美しい夕陽と朝陽をこのベランダから眺め、しばし時間を忘れてみませんか・・。遠くに見える島は、透明度抜群の海に囲まれた水納(みんな)島です。
朝食は家庭的な雰囲気で頂く♪
夕食、朝食はこのお部屋で頂きます。ここからも美しい海を眺められます。
このお部屋からベランダに出ることもできるので、お天気の良い日は、朝食後に出されるコーヒーを頂くことも。綺麗で、素敵な食堂というよりダイニングで家庭的な朝食を食べて、瀬底島散策に出かけましょう。瀬底島の美しい海と夕陽を眺めていると、もっとこの島にいたいなってきっと思うはず・・「ペンション美ら島」にはぜひ連泊して、思う存分瀬底島を楽しみましょう♪
瀬底島のビーチやカフェ、神秘的な「瀬底土帝君一郭」も散策
瀬底島のビーチは圧倒的な透明感が有名!そのビーチでたっぷり海遊びをするのも素敵な過ごし方ですが、島にはおしゃれなカフェや「瀬底土帝君一郭」の史跡もあります。
島でゆっくりできそうなら、島をドライブして瀬底島の魅力をもっと堪能して下さいね。また、瀬底大橋の側には、「瀬底島アンチ浜ビーチ」もありますので、そちらも是非お出かけください。 

read-more
瀬底島
place
沖縄県国頭郡本部町瀬底
すべて表示arrow
瀬底大橋
place
沖縄県国頭郡本部町字瀬底
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら