「絵の具のような水色」に紅葉が映える!信州・葛温泉で高瀬渓谷の紅葉狩り


2015.09.23

LINEトラベルjp 旅行ガイド

葛温泉(長野県大町市)は、紅葉名所「高瀬渓谷」の中にある秘湯です。葛温泉の湯が流入した龍神湖は、温泉成分で特徴的な「絵の具のような水色」。秋には、その水色が紅葉に映えて、素晴らしい美しさです。
葛温泉は大町温泉郷の湯元で、湯量も豊富。日帰り入浴も可能で、露天風呂から紅葉狩りが出来ます。絶景ポイントが多く写真撮影にも最適な、葛温泉周辺の紅葉を紹介します!
紅葉名所「高瀬渓谷」の紅葉に包まれる!葛温泉「温宿かじか」
紅葉名所が多い信州でも、屈指の紅葉名所が高瀬渓谷です。その中にある葛温泉には、上流から高瀬館、「温宿(おんじゅく)かじか」、仙人閣の3軒の温泉宿があり、秋はいずれも絶景の紅葉に包まれます。
高瀬館と仙人閣は県道沿いですが、「温宿かじか」は県道から川を渡った対岸にあります。高瀬渓谷の紅葉の絶景に溶けこむような立地で、まさに「錦秋」と呼ぶに相応しい眺望です。
龍神湖に最も近い!葛温泉「仙人閣」も紅葉に包まれる
葛温泉で一番手前にある仙人閣は、さらに手前の紅葉名所「龍神湖」に一番近い宿です。付近に仙人岩という岩がある事から、仙人閣と呼ばれます。秋には、やはり高瀬渓谷の紅葉に包まれる秘湯です。
葛温泉「仙人閣」の露天風呂は、開放的で眺望も素晴らしい
葛温泉は湯量が非常に豊富で、大温泉地「大町温泉郷」や木崎湖温泉の湯元になっている程。3軒とも温泉自慢で、日帰り入浴も可能。秋には露天風呂から、紅葉狩りが出来ます。
中でも開放的な眺望を楽しめるのが、仙人閣の露天風呂。高瀬川に面しており、対岸に高瀬渓谷の山々を望む絶景です。他の2軒の露天風呂も、秋には美しい紅葉に囲まれます。
葛温泉「仙人閣」の露天風呂は、開放的で眺望も素晴らしい
葛温泉では、客室からも露天風呂からも紅葉狩り出来ますが、紅葉の絶景スポットもあるので、是非行きましょう。高瀬渓谷を代表する紅葉スポットが、龍神湖の西側にある北葛沢。県道の橋から眺めただけで、ご覧のような絶景です。詳細な場所は、写真をクリックすると地図が表示されますので、随時参照願います。
葛温泉が流入して「絵の具のような水色」に!高瀬渓谷「龍神湖」の紅葉
龍神湖も高瀬渓谷を代表する紅葉名所で、湖水が非現実的な「絵の具のような水色」をしていますが、これは上流にある葛温泉が流入した影響です。
水色に黄色や赤の紅葉が映えて一層美しく、この「絵の具のような水色」の写真を見ただけで、高瀬渓谷の紅葉だと分かる程です。直前に紹介した北葛沢も龍神湖に流れ込む沢で、手前に湖水が流入して水色になっています。
高瀬渓谷・葛温泉の紅葉見頃と、周辺の紅葉名所
広範囲に及ぶ高瀬渓谷は、奥と手前で標高差があり、紅葉前線が次第に降りて来ます。その為、見頃開始が10月上旬と表記される場合もありますが、それは最奥の徒歩でしか行けないエリアの見頃。車で行ける葛温泉と、龍神湖の紅葉見頃は例年10月下旬です。
葛温泉周辺の紅葉名所で、特におすすめなのが「大峰高原七色大カエデ」。一本のカエデの大木ですが、紅葉前の緑に加えて、黄、オレンジ、ピンク、赤、赤紫など多彩な色のグラデーションを展開しながら色付き、その美しさは奇跡的。まさに七色カエデで必見です!
葛温泉から、紅葉名所が多い妙高高原まで足を伸ばすのも、おすすめ。妙高高原の紅葉は、別記事「【たびねす】絵画のような紅葉の絶景!妙高高原・燕温泉『花文』で紅葉露天風呂巡り」(記事最後の「MEMO欄」にリンクあり)で、詳細に紹介しましたので、是非ご覧ください。 

read-more
葛温泉
place
長野県大町市平高瀬入
phone
0261234111
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら