一口では絶対ムリ!伊勢道名物の「超特大ジャンボたこ焼き」


2015.09.15

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2016年に伊勢志摩サミットが開催されると言うことで、伊勢方面への関心が次第に高まってきていますね。もし、伊勢道を利用して伊勢観光に行くと言う場合は、ぜひ「嬉野パーキングエリア」に立ち寄ってみましょう。ここには日本一と噂される超特大な「たこ焼き」が販売され伊勢道の名物の一つとなっています。旅のネタとしては外せません。それでは、伊勢自動車道のサービスエリアおすすめ「嬉野PA」の紹介です♪
伊勢方面の行きは「嬉野パーキングエリア(下り)」に立ち寄ろう!
伊勢志摩サミットが2016年5月に伊勢志摩で開催されると言う事もあり、この機会に「伊勢参りでもしよう!」そんな方も多そうですね。もし車で行く場合、伊勢自動車道を利用すると思いますが、ぜひ行きには「嬉野パーキングエリア(下り)」に立ち寄ってみて下さい!
パーキングに車を止めると、一番目立つ場所にドーンと構える「伊勢道名物‟ドデカ”たこ焼き」と書かれた屋台風のお店。店の周囲には「超特大」「でかっ!」「じゃんぼ大たこ焼き」などの言葉が躍っています。そう、ここは日本一の大きさと噂される「たこ焼き」が販売されている有名なお店。他にもジャンボフランク、志摩伊勢唐揚げ、フライドポテト、天ぷら、ソフトクリームなども売っていますが、ここに来たら巨大たこ焼きを食べましょう。
日本一食べづらいたこ焼き?
店の前に置かれた看板には「日本一食べづらいたこ焼き」と書かれ「珍百景」の文字も…。そう、実はこの店、テレビ朝日の人気番組「ナニコレ珍百景」でも紹介され、とっても話題になったお店。大きさ的には間違いなく日本一のようですが、細かい調査したわけではないので、日本一食べづらいと表現を抑えているとか。
たこ焼きが1個で360円と常識では考えられない価格。しかし、直径8センチもある超特大サイズは、通常の7~8倍の大きさ。そう考えると決して高くはありません。これは見ているだけでなく、食べて写真に撮って、話のネタにしたくなりますね。一度は絶対に食べておきたい!
巨大たこ焼きは、焼き上がりに約30分!
この店に立ち寄ったら、ぜひ焼いている様子を見て下さい。私たちがよく知る丸い形になるまでは、お好み焼きを作っているようにしか見えません。そして、中の具を見てみると、たこ焼き1個の中にタコが5~6個も入っています。う~ん、スゴイ。
更に、この巨大たこ焼きは、しっかり火を通さないといけませんので、焼き上がりまでに約30分もかかるとか…。「30分も待てない」と、時間的なタイミングで食べられない方もあるようです。だから、パーキングエリアに到着したら、トイレなどの前に、焼き状況の確認を確認し、見つけ次第注文しておくのがおすすめ!
巨大たこ焼きは、焼き上がりに約30分!
1個360円もする巨大なたこ焼きですが、もし注文するなら1個と言わずぜひ2個注文してみて下さい。 パッケージのおさまり具合が実に痛快ですよ。普通のたこ焼きなら、10個以上入りそうな大きさに、たった2個でピッタリおさまる姿はインパクト抜群。
そしてソース、かつおぶしと加えて行く様子も迫力満点で、受け取った時のズシッとくる重さにも驚かされます。看板に「日本一食べづらいたこ焼き」とありますが、受け取る時に「日本一はサイズでしょ!」と突っ込みましょう。これは目の前で見て、そして体感したい♪
たこ焼2個で超満腹に…
「これだけ大きなたこ焼きって美味しいの?」って気になる人も多いと思いますが、外側がカリッと焼き上がっていて、テニスボール級の大きさの中にはタコが5~6個入り、玉子やキャベツなど具沢山、しっかりダシも効いているので食べごたえは抜群ですよ。
ただ、これから伊勢方面に行って美味しいものを沢山食べる予定なら注意が必要です。何故なら、このたこ焼きは1個で通常の約7個~8個分に相当しますので、2個食べると、超満腹になります。でも、ここに寄ったら後の事は考えず、とにかく食べてみましょう。話のネタに最高な絶対に食べておきたい伊勢道名物!本当におすすめです。でも、やはり誰かとシェアして食べるのが一番おすすめかな…。
「嬉野PAの超特大たこ焼き」に関する補足
この巨大たこ焼きは、パーキングエリア内のレストランに持ち込んで食べる事も可能です。その場合は、レストランの方に一声かけて座るようにしましょう。
また、「嬉野PA(上り)」でも超特大たこ焼きは販売されていますが、こちらは土日限定です。お気を付け下さい。
 

read-more
伊勢自動車道 嬉野PA 上り
place
三重県松阪市嬉野薬王寺町
no image
伊勢自動車道 嬉野PA 下り
place
三重県松阪市嬉野薬王寺町
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら