アジサイの隠れスポット、こっそり教えます!奈良市の長弓寺


2015.06.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

奈良を代表するアジサイの名所といえば、「あじさい寺」の異名を持つ大和郡山市の矢田寺(矢田山金剛山寺)を思い浮かべる人が多いはず。しかし、矢田寺以外にもアジサイが咲き乱れるお寺はほかにも存在します。奈良市の長弓寺です。矢田寺ほど広く知られていないため、大勢の観光客に悩まされずにゆっくりアジサイを愛でることができるのが最大の魅力。今回はアジサイの隠れスポット・長弓寺をご紹介しましょう。
奈良時代の創建!千三百年の歴史を誇る古寺で愛でるアジサイ
長弓寺の創建は奈良時代。当地をおさめていた小野真弓長弓(おののまゆみたけゆみ)とその子息・長麿(ながまろ)が聖武天皇の従者として当地で狩りをおこなっていたときのこと。茂みから飛び出した怪鳥をとらえようとして、長麿が放った弓矢が長弓に突き刺さり、長弓は他界。長弓の死をいたんだ聖武天皇は行基に命じて仏堂を建てさせました。それが長弓寺のはじまりであるといわれています。以後、伽藍の整備が進められ、最盛期には塔頭(子院)の数が20院にものぼったといわれていますが、その後、荒廃。現在は新興住宅地の一角で千三百年の歴史をひっそり刻み続けています。
新興住宅地にとりかこまれているといえば、季節の草花なんて生えていないんじゃない?そう誤解してしまう方も多いでしょう。しかし、実際に長弓寺を訪れると、境内にはたくさんの草木が生い茂っていることにお気づきになるはず。なかでも、梅雨の季節にはたくさんのアジサイが可憐な花を咲かせ、参拝者の心を癒してくれています。写真は長弓寺の表玄関というべき山門付近で見られるアジサイ。ご覧のように、色あざやかなアジサイがたくさん咲き乱れています。
※…写真は2014年の様子です。
運転にご注意!延々と続く参道脇のアジサイ
こちらは参道脇のアジサイ。長弓寺に参詣するときは富雄川沿いの車道を折れ込み、参道を奥へと進むルートが一般的ですが、アジサイはその折れ込んだあたりから参道沿いに延々続いています。境内の一角には駐車場も設置されているので、車でのアクセスも快適。アジサイの名所としてはあまり知られていないため、駐車場にもスムースに車をとめられることでしょう。ただし、道沿いに咲き乱れるアジサイに目を奪われてハンドル操作を誤らないよう、運転にはくれぐれもご注意ください。
薬師院とアジサイ
長弓寺には、現在、薬師院・法華院・円生院・宝光院の4つの塔頭が点在しています。遠くに見えるのは薬師院の建物。薬師院の南側の空き地にもアジサイが咲いていますが、歴史的建造物とアジサイの組み合わせ、マッチしますね。
薬師院とアジサイ
境内にはほかにも各所でアジサイが見られます。写真は散策路で見かけたアジサイ。もちろん、隠れたアジサイのスポットだけに、観光客でゴッタ返し、ゆっくりアジサイを見物できないといったこともありません。それぞれのペースにあわせて境内をゆっくり散策しながら、各所のアジサイをじっくり堪能しましょう。
あわせてお参りしよう!国宝の本堂
もちろん、せっかくお寺に参詣したのですから、本堂にもお参りしましょう。現在の本堂は鎌倉時代中期の弘安2年(1279)に再建されたもので、現在、国宝に指定されています。内陣に安置された厨子には本尊の十一面観音菩薩立像(国の重要文化財)がおさめられていますが、塔頭に事前に連絡を入れておくと堂内まで案内していただけるので、ぜひ、事前の連絡をお勧めします。アジサイを愛でながら、国宝の本堂や重要文化財の御本尊まで拝めるなんて、魅力的ですね。
おわりに
奈良市の隠れたアジサイスポット・長弓寺の魅力をご理解いただけたでしょうか。人ごみを気にせず、自分のペースでアジサイを見物できるのが、長弓寺のアジサイの魅力。アジサイを愛でながら、ゆったりとした時間を満喫してください。
※…長弓寺のアジサイの開花時期は6月中旬から7月上旬にかけてです。 

read-more
長弓寺 薬師院
place
奈良県生駒市上町4446
phone
0743782468
opening-hour
11:30-17:00(L.O.15:00)
矢田寺
place
奈良県大和郡山市矢田町3506
phone
0743531445
opening-hour
8:30-17:00

この記事を含むまとめ記事はこちら