10万本の絶景!千曲市・森「あんずの里」は杏生産量日本一


2015.03.18

LINEトラベルjp 旅行ガイド

長野県千曲市・森地区の「あんずの里」は、古くから有名な杏の名所で、杏生産量も日本一です。
「一目10万本」と呼ばれる、杏の花で埋め尽くされる絶景が人気で、映画「博士の愛した数式」の、ロケ地でもあります。
桜梅桃李と言うように、梅や桃、桜とは一味違う独自の美しさがあり、一度その絶景を見れば、毎年行きたくなるに違いありません。
日本一の「あんずの里」、千曲市・森の絶景を紹介します!
上平展望台は「あんずの里」を代表する絶景
千曲市・森「あんずの里」を代表する景観が、上平展望台からの眺めです。「あんずの里」の大部分を一望する眺めは、「一目10万本」と呼ばれる絶景。
遠くには冠雪した飯綱山を望み、左側には僅かですが北アルプスを望みます。
杏の花は桜とは異なり、梅のように木の枝に直接咲きますが、色が桃色です。しかし、桃のように巨大な花ではなく、花自体は梅や桜に似ています。
普段あまり目にしない杏の花を、興味津々で眺めていると、独自の魅力にどんどん引き込まれます。
特に枝が見えなくなる位「びっしり」と花が付くのが特徴なので、慣れてくると一瞬で他の花と見分けが付くようになります。
あんずの里スケッチパークも絶景
あんずの里を一番奥まで行くと、あんずの里スケッチパークがあり、隣接する「あんず園」を散策出来ます。
正面に冠雪した飯綱山を望み、杏の中には大木もあって、立体的に杏が咲き乱れる様子は壮観。中には、樹齢数百年の杏の大木もあり、この地区の歴史を物語ります。
なお、写真をクリックすると、撮影場所の地図が表示されます。更埴インターチェンジが最寄りICなので、更埴市と記憶している方も多いと思いますが、現在では合併して千曲市になっています。
あんずの里スケッチパーク「あんず園」の散策路
あんずの里スケッチパークの「あんず園」には散策路があり、杏の林の中を散策して絶景を楽しめます。
純粋な観賞用の桜と異なり、桃や杏は果実を生産する果樹園なので、観光客が花を楽しめる雰囲気では無い場合が多いもの。観光客に配慮して散策路が整備されているのは、本当に有難い事です。
三方を山に囲まれた盆地のような地形ですが、早朝から日光が山に遮られる事なく届きます。
枝が見えなくなる位「びっしり」と付いた杏の花が照らし出されて、光輝き猛烈な美しさ。まさに息を飲む、神々しい絶景です!
杏の花が満開になると、「あんず園」のライトアップが三日間行われます。
あんずの里スケッチパーク「あんず園」の散策路
千曲市・森「あんずの里」の見頃時期は?
千曲市・森「あんずの里」の見頃時期は、例年4月上旬から中旬です。2015年の開花は4月5日と予想されており、約1週間で満開になります。
ただし、今後の気象条件により前後しますので、千曲市観光協会のサイト(記事最後の「MEMO欄」にリンクあり)で、最新状況を確認して下さい。
同サイトは、春は「あんずの里」の情報一色になります。 

read-more
あんずの里スケッチパーク
place
長野県千曲市森1735-1
phone
0262731111
opening-hour
9:00-17:00
あんずの里
place
長野県千曲市大字森
phone
0262751326

この記事を含むまとめ記事はこちら