【東京・浅草】日本を代表する食・モノ・サービスが集う商業施設「まるごとにっぽん」でお茶漬け専門店と鯖の塩焼き専門店が初のシェアキッチン


2020.09.12

旅色プラス

浅草の「まるごとにっぽん」に、「創作お茶漬け専門店 だよね。」と「鯖の塩焼き専門店 鯖なのに。」によるシェアキッチンがオープンしました!2020年11月末までの期間限定の和食専門のシェアキッチンとなるので、ぜひお早めに足を運んでみてください。 期間限定のショップ 「創作お茶漬け専門店 だよね。」と「鯖の塩焼き専門店 鯖なのに。」によるシェアキッチンがオープンするのは、浅草にある「まるごとにっぽん」4階・ふるさと食堂街の「GOTOUCHI & kitchen」です。「和食専門のシェアキッチン」というコンセプトで、日本ならではの食を通して浅草を盛り上げます。
観光で浅草を訪れた人はもちろん、地元の人が立ち寄っても楽しめるお店となっています。営業期間は、2020年11月末までなので、気になった方は早めにチェックを!
◆GOTOUCHI & kitchen
住所:東京都台東区浅草2-6-7
まるごとにっぽん4F
営業時間:11:00~23:00(LO22:00)
定休日:月~木 まるごとにっぽん 「まるごとにっぽん」は、日本を代表するモノやコト、サービスなどが集まった商業施設。浅草だけでなく、全国各地の価値あるものを一堂に集めたスポットで、地方色豊かな特産品や工芸品、名品などが手に入るだけでなく、グルメや実演体験も楽しめます。
“地方のものを見て、グルメを味わって、お土産を持ち帰って旅気分を楽しむ”というサービスを提供することで、地方の情報を発信するポータルサイトとなることをコンセプトとしている同施設。お土産だけでなく、各地のフリーペーパーや移住や定住、ふるさと納税などについての情報も充実しているので、日本各地の魅力に触れてみては。
◆まるごとにっぽん
住所:東京都台東区浅草2−6−7
電話番号:03-3845-0510
営業時間:フロアによる
創作お茶漬け専門店 だよね。 「創作お茶漬け専門店 だよね。」は、日本人なら誰もが知っているお茶漬けを、厳選された豪華で新鮮な食材と一流シェフ考案のレシピによって、家では味わうことのできない独創的な料理にアレンジ。アゴ、うるめ、カツオ節、昆布に塩を合わせて仕上げた自家製ダシと創作レシピで作り出されたお茶漬けは、伝統あるお茶漬けを全く新しいものにしています。
行列の絶えないお店としてメディアにも注目され、2号店も登場。昼から夜までやっているので、飲み会の〆に使う人も多いお店です。 鯖の塩焼き専門店 鯖なのに。 「鯖の塩焼き専門店 鯖なのに。」は、こだわりのサバを食べられるお店。ランチは「鯖の塩焼き定食」、夜は一品料理のサバがメインという究極のサバ専門店です。主役となるサバは、茨城県の波崎にある昭和22年創業の干物店「越田商店」のもの。添加物を使わず、特製つけ汁で味付けされたサバは、調味料を使わずにそのまま食べられるほどのおいしさです。
サバだけでなく、おばんざいなども化学調味料を使っていない手作りなので、小さい子からお年寄りまで誰でも安心して食べられます。 「創作お茶漬け専門店 だよね。」と「鯖の塩焼き専門店 鯖なのに。」によるシェアキッチンは、究極の和食が楽しめるお店となっています。こだわりが詰まった、この2つの店で日本ならではの味を楽しみましょう! 

まるごとにっぽん
rating

3.5

223件の口コミ
place
東京都台東区浅草2-6-7
phone
0338450510
opening-hour
[1・2F]10:00-20:00[3F]10:00-…

この記事を含むまとめ記事はこちら