【品川】街中ダンスや殺陣も!無料で参加できる「第12回品川アーティスト展2020」開催


2020.09.03

旅色プラス

第12回「品川アーティスト展2020」が、2020年9月12日(土)・13日(日)の2日間で開催されます! 今年も「きゅりあん」7階にて開催されますが、この状況ならではのスペシャルエディションとしてライブ配信もされる予定です。 品川アーティスト展とは 「品川アーティスト展」とは、品川区ゆかりのアーティストが品川区「きゅりあん」に集結する年に1度のアーティスト展です。
作品展示だけでなく、街中ダンスやアート体験、パフォーマンス、ワークショップ、飲食のテイクアウトなどさまざまな催しが予定されています。入場無料でアートに触れられるほか、今年は「ニューノーマル」を意識したライブ配信も行われるので品川に行けない人もぜひネットでチェックして、お家にいながらにしてアーティスト展気分を味わってください。
街とダンスが一体に! 注目イベントのひとつが、品川区出身のダンサーにして振付家の遠田誠氏が演出する「トーキョー“街(ガイ)”ダンス」です。これは今年で3年目となる、地域を巻き込んで街とダンスがない交ぜになっていく様子を街中の人が生で目撃するという、街とアートが一体となるイベントです。
ですが、今年は去年までと違い、3密を避けるために街中で集まることができません。なので、時間によって区内の4ヵ所、大井町駅周辺、きゅりあんイベントホールからのリモート中継となります。コロナ禍を逆手に取った、今年しか目撃できない新しい様式のパフォーマンスに注目です! ステージパフォーマンス 「品川アーティスト展2020」では、会期中、会場となる「きゅりあん」7階イベントホールの特設ステージで入場無料のステージパフォーマンスが開催されます。
普段は完成されたものを見ることが多い「生け花」をステージ上で魅せながら生ける「華道ライブパフォーマンス」や、俳優の東武志によるソーシャルディスタンスを保った新しい「殺陣パフォーマンス」、ストリートで活躍するミュージシャン阿部浩二による「ギター弾き語りライブ」のほか、普段聞くことのできない参加アーティストの素顔を紹介する「アーティストピッチ」が予定されています。 空想地図を作るワークショップ 「品川アーティスト展2020」では、参加無料のワークショップも開催されます。7歳のころから実在しない都市の地図である空想地図を描き続け、今では空想地図作家として活躍している地理人氏をナビゲーターに迎えたワークショップで、品川区の古地図をもとにして自分の空想地図を作ります。
完成した地図を考察するステージトークもあり、子どもだけでなく大人も十分楽しめるものとなっています。事前予約制なので、ぜひチェックしてみてください。
◆品川アーティスト展2020
場所:品川区東大井5-18-1 きゅりあん イベントホール・リハーサル室(7階)他
会期:2020年9月12日(土)・13日(日)
時間:11:00~17:30
料金:無料 「品川アーティスト展2020」は、参加無料でいろいろなアートに触れることができるイベントです。今年はネット配信もする予定なので、直接いけない人もぜひチェックしてみてください。
 

きゅりあん(品川区立総合区民会館)
place
東京都品川区東大井5丁目18-1
phone
0354794100
opening-hour
9:00-21:30
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら