暑い夏はかき氷で乗り越えよう。全国おすすめかき氷をピックアップ


2019.06.26

旅色プラス

暑い夏に食べたいものといえば、冷たくて甘いかき氷です!
ひんやりおいしくて、体を冷ましてくれるかき氷で暑い夏を乗り切りましょう!
今年注目のかき氷をご紹介します。 至極美味・高級食材といわれる丹波大納言小豆を使ったかき氷/中島大祥堂丹波本店 兵庫県丹波にある、築150年の古民家をモダンデザインで再建したカフェ「中島大祥堂丹波本店」。心もお腹も満たしてくれるスイーツやナポリピッツァ、オーブン料理などが味わえてるこちらのお店で、わざわざ食べに行きたくなるかき氷が今年も登場です。
イチオシは昔は幕府にも献納されていたという高級食材・丹波大納言小豆を使った「丹波大納言小豆と黒蜜」。大粒の丹波大納言小豆と自家製の丁寧に灰汁をとり除いた黒蜜を合わせた一品です。
去年新登場した「丹波大納言小豆と宇治抹茶」(記事トップの写真)は、そこへ京都府産宇治抹茶の濃厚なシロップをかけた格別のメニューです。他にもフルーツカクテルかき氷や自家製イチゴたっぷりのかき氷など魅力的なものばかり。
里山の豊かな自然を感じるお店で、味わい深いかき氷を堪能してみませんか。
◆中島大祥堂丹波本店
住所:兵庫県丹波市柏原町柏原448番地
電話番号:0795-73-0160
販売期間:6月10日(月)~9月中旬
営業時間: 販売/平日11:00~17:00 土・日・祝10:00~17:30
     カフェ/平日11:00~17:00 土・日・祝11:00~17:30
     ※かき氷は14:00~
定休日:水曜、年末年始 ※夏季休業有 夏のフルーツ×かき氷/第一ホテル 新橋駅地下歩道に直結している「第一ホテル 東京」。1階のロビーラウンジでは「夏のフルーツ×かき氷」をテーマにしたかき氷がいただけます。
夏季限定のスイーツとなる「夏のフルーツ×かき氷」は去年から発売されていますが、今年はメロンを半分使った贅沢なかき氷が登場です。
メロンの中にはさっぱりとしたプレーンヨーグルトのかき氷とマンゴーやメロンの果肉、ナタデココ、一番下にカスタードクリームが入っています。
さらに上にはハーゲンダッツのバニラがトッピングされ、メロン半玉、カスタードクリーム、ホイップクリームが一緒に味わえる豪勢な味わいです。
贅をつくしたかき氷で至福のひとときを過ごしましょう。
◆第一ホテル 東京1階「ロビーラウンジ」
住所:東京都港区新橋1丁目2番6号
電話番号:03-3596-5667
販売期間:6月1日(土)~8月31日(土)
営業時間:平日11:00~20:30(LO)/土・日・祝日11:00~19:30(LO)
料金:2,800円 <1日10食限定> 地域の魅力を表現したご当地かき氷/星野リゾート 界 星野リゾートの温泉旅館「界」では、味やシロップ、盛り付けでご当地の魅力を堪能できる「界のご当地かき氷2019」が開催されます。
長野ワイン発祥の地の桔梗ヶ原地域に隣接する「界 松本」では、フルーティーなワインシロップを使いブドウの陶器に入った「ワインかき氷」(記事トップの写真)を。「界 箱根」ではゼリーやシロップで「あじさい電車」という異名を持つ箱根登山電車をイメージした「あじさいかき氷」、「界 アルプス」では果肉とシロップで数種類のりんごを味わえる「りんご尽くしかき氷」(写真)がお目見え。
それぞれの地域の特徴が味でも見た目でも表されているかき氷、食べ比べたいですね。
◆界のご当地かき氷2019
期間:7月13日~8月31日
暑い夏を乗り越えるのに必須のスイーツ、かき氷で注目したいお店をご紹介しました。
甘くておいしいけれど、氷が主なのでカロリーを気にせずたくさん食べられるかき氷。ぜひ食べ比べを楽しんでみてください。 

read-more
第一ホテル東京
rating

5.0

4件の口コミ
place
東京都港区新橋1-2-6
phone
0335014411
中島大祥堂 丹波本店
rating

4.0

11件の口コミ
place
兵庫県丹波市柏原町柏原448
phone
0795730160
opening-hour
11:00-17:00[土日祝(販売)]10:…

この記事を含むまとめ記事はこちら